更年期とは閉経を中心とした前後5年ずつのことです。日本では平均的な閉経年齢が50歳前後なので一般的に更年期とは45歳〜55歳頃の年代を意味しています。

この年代になるとホルモンバランスの乱れから様々な自覚症状を起こすことがあり、その総称を「更年期障害」と呼んでいます。
ホルモンバランスの乱れは免疫系にも悪影響を及ぼし、ちょっとしたことで口内炎を繰り返すケースがあります。
更年期以外にもストレスを感じていたり、風邪などの感染症にかかった時、あるいは胃もたれなど胃腸の調子が悪い時に頻発するのが口内炎ですが、一体「口内炎」とは何が原因でどのようにして発症するのでしょう?
また更年期にはどんな対策を講じれば口内炎の再発を避けることができるのでしょう?
今回は更年期と口内炎の関係性、そして口内炎とはどのような病気なのか?について解説していきます。

スポンサーリンク


更年期障害と口内炎にはどんな関連性があるの?

口内炎

更年期障害とは更年期(40代から50代にかけて)に起こる数々の健康被害の総称です。
近年では男性も加齢からくるホルモンバランスの乱れでいろいろな自覚症状を起こすことが判明していて男性にも更年期という概念が適用され、男性版更年期障害ともいえる「LOH症候群」が話題となっています。
今回のテーマは「更年期障害と口内炎」の関係ということですが、どちらの疾患も原因が多岐にわたるためまずは更年期障害発症のメカニズム、そして口内炎の概要と発症のメカニズムについて分けて説明していきたいと思います。

更年期障害発症のメカニズム

更年期になると女性の場合は閉経に向けて女性器官の機能が低下し

  • ホルモンバランスの乱れによって卵巣機能が低下し、女性ホルモン全体の分泌量が低下していく
  • 生理周期も乱れがちになりやがて長期(12ヶ月以上)にわたり生理が停止するとやがて閉経を迎える
  • 生理周期が乱れることとエストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減少することで自律神経も乱れ始める
  • また人生においてもさまざまなライフイベントが重なりストレスがたまる
などが原因でホットフラッシュや不定愁訴などの心身の不調を感じるようになります。これが更年期障害です。
ただし、更年期障害の場合は更年期が過ぎて副腎皮質からも分泌されている性ホルモン(こちらからは自律神経の切り替えに必要な男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されています)によってホルモンバランスが再び安定すると更年期障害も落ち着きを見せるようになります。
男性には閉経という身体変化はありませんが、年齢からくる代謝の落ち込みとストレスが原因で精巣の機能が低下し、男性ホルモンの分泌量が減り同様に自律神経失調状態となりLOH症候群を発症します。
したがって現在では男性にも「更年期」という概念が適用されています。

口内炎とは?

口の中に炎症が起こり飲食時に痛みを感じるのが「口内炎」です。
一口に「口内炎」といっても

  • カタル性口内炎
  • アフタ性口内炎
  • ヘルペス性口内炎
  • カンジダ性口内炎
の4種類があり、原因がそれぞれ異なります。
特に更年期障害に合併しやすいのが「カタル性口内炎」と「アフタ性口内炎」ですのでこの二つの口内炎を中心にして説明をしていきましょう。
指差す
残りのヘルペス性口内炎とカンジダ性口内炎はウィルスや真菌(カビの一種)感染によるもので「ヘルペス性口内炎」はヘルペスウィルス(単純ヘルペス)、「カンジダ性口内炎」はカンジダ菌によるものです。
ヘルペスウィルスは50代以上の約80%がすでに感染済みですが、性器ヘルペス(STD=性病)などを発症している人とのオーラルセックスなどの接触感染でも拡大していきます。
またカンジダ症はカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌に感染すると起こりますがこちらもSTD(性病)の一種である膣カンジダ症からの接触感染で拡大していきます。
セックスの回数が激減する傾向がある更年期にはこうしたSTDのリスクは低下すると考えられます。

カタル性口内炎とは

赤い斑点状の炎症が口の中に起こるのが「カタル性口内炎」です。悪化すると膿がたまって白くただれたりひび割れが起こり出血を伴うケースもあります。

このタイプの口内炎は“物理的なことが原因”で起こります。例えば口の中を噛んでしまったり、熱いものを食べてやけどをした場合、あるいは歯間ブラシや歯の矯正具による刺激などが原因ととなります。
口の中の衛生環境や免疫力が弱まっていると症状が悪化します。

アフタ性口内炎とは

「アフタ」とは小さな潰瘍という意味です。口の中に灰色や黄白色に変色した膿がたまり5mm程度の潰瘍ができると「アフタ性口内炎」と呼びます。

口腔粘膜は外気と接触しているためいろいろな病原菌に常に触れていると考えてよい部分です。したがって疲れや寝不足、精神的なストレス、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、その他の病気、栄養不足などによって免疫力が低下すると口腔内の病原菌に対処しきれなくなってアフタ性口内炎ができます。
またカタル性口内炎ができた場所から細菌が侵入してアフタ性口内炎になる場合もあります。ほとんどのケースでは免疫力が回復すると自然消滅し跡も残りませんが、前述した理由で再発を繰り返す口内炎です。
頬に手を当て悩む女性

更年期の口内炎対策として

更年期になると男女共およそ60%が更年期障害あるいはLOH症候群を発症するといわれているため、免疫力が低下したり栄養バランスが乱れることで起こりやすい「アフタ性口内炎」には特に要注意です。

基本的にはアフタ性口内炎もカタル性口内炎も更年期障害に合併すると考えられているので、基礎疾患となる更年期障害対策をしっかりと立てること、そして口内炎対策としては
  • 口の中の衛生状態を保つ(うがい薬などを適宜使用する)
  • 熱いものや冷たい物、硬いもの、辛いものなど刺激の強いものは食べない
  • ストレスを溜めない(更年期障害対策の所で詳しく説明します)
  • 口腔内を傷つけない:歯磨きや歯の矯正具には特に注意が必要です。
  • 虫歯、歯周病、ドライマウスの治療をしっかりと受ける
などが有効対策なります。
消毒用のうがい薬は刺激の強すぎるもだと逆に粘膜への刺激が強すぎたり唾液腺を萎縮させてしまうためNGです。

更年期障害対策

更年期に口内炎の再発を繰り返さないようにするには更年期障害やLOH症候群対策をしっかりと立てておきましょう。

睡眠や休養はしっかりと取る

自律神経の切り替え時に必要な性ホルモンというのはもともと副腎皮質からも分泌されています。
ところが更年期前までは性ホルモンの供給元を生殖器(男性は精巣、女性は卵巣)に依存しているため、更年期になって性ホルモンの分泌バランスが乱れると自律神経が混乱してしまい更年期障害やLOH症候群を発症することになります。
自律神経は適宜交感神経(男性ホルモンによって活性化する自律神経)と副交感神経(女性ホルモンによって活性化する自律神経)を切り替えていますが、最も副交感神経が優位に立つのは入眠してからなので睡眠時間を一定にして質の良い睡眠と休養をしっかり、そしてたっぷり取ることが重要で、それによって入眠時に消費される女性ホルモンの量が最小限で済むようになり、更年期障害の悪化や長期化を防ぐことができます。

栄養バランスの取れた食生活を心がける

栄養不足になるとどうしても免疫力が低下してしまい、アフタ性口内炎の罹患リスクが上昇します。また更年期障害も栄養不足による代謝不良が続いて悪化しやすいので、低脂肪高タンパクで栄養バランスの取れた食事を3食しっかりと食べましょう。
食事だけでは補いきれない栄養素あるいは更年期になると積極的に摂りたい成分(イソフラボンやアルギニン、サポニンなど)は年齢対策サプリメントを活用すると良いでしょう。
豆腐

運動習慣を持つ

運動すると筋肉量が増え代謝が上がり更年期障害や感染症への耐性が向上します。高齢者でも運動が持つ健康効果を得ることが可能ということは近年の健康科学によって証明されていますので運動習慣を持つように心がけましょう。
ただし、いきなりのハードトレーニングは思わぬ怪我を招く危険性があるので運動に不慣れな人もしくは初心者の人は1時間程度の散歩やヨガ、ストレッチなどの軽めの運動から始めることをお勧めします。

ストレスケアを心がける

ストレスには免疫力を低下させたり、血管を収縮させて血流障害を起こすリスクなどが確認されています。
ストレスが万病の元と言われるのはこのためです。更年期にはホルモンバランスの乱れ以外にも子供が独立して寂しくなったり、親の介護や相続の問題などでストレスが溜まりがちになり更年期障害やLOH症候群を起こしやすくなります。
そこで趣味を持ったり、旅行に行く、映画やおしゃべりを楽しむなどして適宜ストレスを解消することを心がけましょう。スポーツで汗をながすこともいいストレス解消法なので運動習慣を持つことは健康効果とストレス解消の一石二鳥の効果を得ることになります。
キャリーバッグを引っ張る女性

まとめ

いつの間にか出来てしまう「口内炎」も実は更年期になるとさらに再発を繰り返しやすくなります。

というのも口内炎は免疫力の影響を受けやすく、ホルモンバランスや自律神経が乱れたり、またストレスフルなライフイベントが重なる更年期は免疫系が不安定になりアフタ性口内炎やカタル性口内炎を繰り返しやすくなるからです。
もし、口内炎の再発が気になるようなら本文にある口内炎と更年期障害への対策をしっかりと行いましょう。それでも改善しない場合は口腔外科や婦人科での治療を受けるようにします。
更年期障害は10年以上症状が継続する場合があるので無理は禁物です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います