更年期になると全体のおよそ60%以上の女性が「更年期障害」を発症するといわれています。
この病気はホルモンバランスが崩れることで自律神経にも異常をきたし、様々な辛い自覚症状を伴う病気のことで、代表的な症状の一つに「首が腫れる」というのがあります。
最近首が太くなったと感じる、あるいはそんなことを家族や知人に言われたことがある、首筋のこりがひどく触ってみると“しこり”のようなものに触る、またはものがうまく飲み込めなくなった気がするという人はもしかしたらその原因は「更年期障害」にあるのかもしれません。
首が太くなるということは女性にとって見た目の変化だけでも大きなストレスになることでしょう。
今回は更年期障害と首の腫れについて説明していきたいと思いますので、首の違和感や腫れが気になる人は参考にしてください。

スポンサーリンク


更年期で首が腫れるのは甲状腺の異常かも?

首の付け根に触れていたそうにする女性

更年期とは完全閉経を迎える前の5年間と迎えた後の5年間であると定義されています。完全閉経とは12ヶ月以上連続して生理(月経)が来ない状態のことで、これで女性は妊娠、出産ができない体つきになると判断されます。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後といわれていますので、一般的には45歳〜50歳を前期更年期、50歳〜55歳を後期更年期と呼んでいます。
先にも述べた通り「閉経」に向かう前期更年期では生理の周期が不安定となり、関連する女性器官の卵巣や子宮、乳腺、卵管、膣などの機能が低下していきます。
特に卵巣からは女性ホルモンが作られ、放出されているので、この臓器が機能低下を起こすと女性の体調に様々な悪影響が出始めます。これらの体調不良の総称が「更年期障害」です。
それではなぜ、女性ホルモンの産生量が低下するといろいろな健康被害が出始めるのかについて簡単に説明していきましょう。
女性ホルモンは生殖以外にも様々な働きがあり、特に「エストロゲン」と呼ばれている卵胞ホルモンには10種類以上の重要な働きがあることがわかっています。
その中の一つが「自律神経の中の副交感神経に作用して活性化させる」というものがあります。副交感神経は主に入眠中に優位となり心身の傷を癒し、身体中をメンテナンスしてくれる重要な「癒しの神経」です。
これがエストロゲンの不足によって十分に動作しなくなるとメンテナンス不良から体のいたるところで不具合を起こすようになり「更年期障害」が発症するというメカニズムになっています。
このように更年期障害には様々な症状が起こり得るのですが、代表的なものといえば以下に挙げるものになります。
・ホットフラッシュ:更年期障害起こす女性の80%以上が経験するといわれています。主訴は多汗、顔や上半身の火照り、顔面紅潮、下半身の冷えになります。
・不定愁訴:ちょっとしたことでイライラしたり、怒りっぽくなったり、強い不安感を覚えるなどの情緒不安になることです。
・首筋や肩のコリ
・頭痛
・腰痛
・生理不順:特に前期更年期では必ず起こる症状ですが、重症度には個人差があります。
・不正出血:生理でもないのに出血が起こることです。更年期障害では多くの人が経験しますが、更年期障害以外の病的な原因(子宮筋腫や子宮内膜症など)もありますので出血の状態には注意が必要です。
・首の腫れ:今回のメインテーマです。
・うつ状態
・不眠
・むくみ
などになります。
のぼせる女性
不定愁訴やうつ、不眠など気になる“精神症状”も挙げられていますが、これらは更年期以外でもストレスなどからくる自律神経失調症の一つに数えられていますので同様に自律神経が乱れる更年期障害でも起こりやすくなります。
前置きが長くなりましたが、今回のメインテーマである「首の腫れと更年期障害」の関係性について説明していきましょう。
更年期になって首が太くなるという原因については病的なものと自律神経の乱れからくるものとが考えられます。主な病的原因としては「甲状腺関連疾患」が考えられます。
甲状腺とは首の左右にある免疫系の臓器で、口や鼻から侵入してくる病原菌などの異物をいち早く察知するセンサーの役割と、発熱することでそれを撃退する役目を持っています。
甲状腺が活発に活動すると腫脹して首が太くなったかのように見えるのです。
甲状腺関連疾患」とは異常がない平時の時でもちょっとした刺激で甲状腺機能が亢進して甲状腺が腫れてしまう病気で
  • バセドウ氏病
  • 橋本病
  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺ホルモン不応症(指定難病)
  • 甲状腺ガン
などが挙げられます。
バセドウ氏病や橋本病は自己免疫性疾患の一種で、免疫系が暴走して健康な細胞まで攻撃してしまうという原因不明の病気です。
このように甲状腺は非常に敏感な免疫器官であり、自律神経は免疫系をコントロールしているので、更年期になり自律神経が不安定になると甲状腺機能亢進を起こしやすくなるのです。
喉を抑える女性
また甲状腺が腫れると食道や気道が圧迫されて食事が飲み込みづらくなったり、呼吸が粗くなるなどの自覚症状が出てきます。これは更年期障害でも甲状腺関連疾患などでも共通して見られる症状です。
そこで更年期になってから首(甲状腺)が腫れている場合は原因を「更年期障害によるものなのか、その他の病的な原因によるのか」を識別する必要性があります。
それではここで、上記に掲げた病気と更年期障害との関連性を見てみましょう。

甲状腺機能亢進症と更年期障害

甲状腺が一時的または慢性的に過活動状態になる病態を「甲状腺機能亢進症」と言います。
慢性的なものの場合には

  • 橋本病
  • バセドウ氏病
  • 甲状腺ホルモン不応症
  • 甲状腺ガン
  • アレルギー性疾患
などが考えられます。
一方で一時的なものとしては
  • 更年期障害(腫れたり戻ったりを繰り返す場合に疑われます)
  • 妊娠(または妊娠中毒症)
  • PMS(月経前症候群)
  • 風邪やインフルエンザなどの気道感染症
などが疑われることになります。
いずれの場合も原因疾患を治療すれば甲状腺機能亢進も落ち着きを見せるようになります。

バセドウ氏病と更年期障害

顎に手を当てる医師

バセドウ氏病は20代〜30代の女性に多い慢性的な甲状腺機能亢進症のことです。
首の腫れ以外にも
  • 動悸、息切れ
  • 多汗
  • 手の震え
  • 体重減少
  • 眼球突出
  • 目がらんらんとする
  • 不定愁訴
  • 易疲労感
  • 落ち着きがなくなる
など更年期障害とよく似た症状が起こります。
ただし、更年期障害が「性ホルモンの減少からくる自律神経失調」なのに対し、こちらは「甲状腺ホルモンの過剰分泌からくる自律神経失調」であり、原因と治療法が更年期障害とは異なります。(同じホルモン療法でもバセドウ氏病は甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑制する薬が処方されます)
バセドウ氏病はいわゆる「難病」ではありますが、指定難病とは異なります。

橋本病と更年期障害

バセドウ氏病と非常によく似た症状を起こす自己免疫性疾患が「橋本病」です。こちらも難病ですが指定難病とは異なります。

橋本病は正式な医学名を「慢性甲状腺炎」といいます。つまり、何らかの原因で甲状腺自体が慢性的に炎症を起こしているという点が甲状腺ホルモンの過剰分泌によって機能亢進を起こしているバセドウ氏病とは異なります。
ところが自覚症状はこの両者はとても似ているため、厳密な識別診断が必要となります。橋本病は20代後半から40代の女性に多く、ちょうどプレ更年期と呼ばれる年代と重なるため、更年期障害との因果関係も原因として考えられていますが、細かい関連性は未だ不明です。
治療にはステロイドの内服薬が用いられます。

甲状腺ホルモン不応症と更年期障害

バセドウ氏病や橋本病とよく似た症状を起こす病気は他にもあります。

この「甲状腺ホルモン不応症」は原因不明で治療法が確立されていない「国の指定難病」になります。またバセドウ氏病、橋本病との因果関係も深いと考えられていて、識別診断は困難とされています。
つまり、症状的には
  • バセドウ氏病
  • 橋本病
  • 更年期障害
とよく似た症状があるものの、積極的な治療が必要な症例ではバセドウ氏病の甲状腺ホルモン抑制療法、橋本病のステロイド療法、更年期障害のホルモン補充療法を行っても改善の傾向が見られない場合に疑われるケースとなります。
また、先天的な要因も考えられるため、若くして発症するケースもあります。
治療法は確立されていませんが、確定診断後は心房細動や動悸など心臓に負担がかかる症状に対する治療薬が対症療法的に処方されます。しかし、それ以外は日常生活に支障がない程度であれば治療せずに様子を見るケースが多くなります。
ただし、ストレスやホルモンバランスが乱れるなどのちょっとした刺激で甲状腺機能に異常が出てくるため生活習慣の改善などを含めた十分な経過観察が必要となる症例です。

甲状腺ガンと更年期障害

疑問を感じる女性

甲状腺ガンも首の腫れが顕著に見られる病気の1つです。
「がん」全体の1%を占めるといわれていて比較的症例数の多いタイプですが、日本人には「乳頭ガン」と言われる小さい腫瘍が多く、1cm以下の場合は命に危険がある状態ではありませんし、自然寛解することも多いとされています。
血液検査やエコー(超音波)検査と合わせて細い針を刺して一部甲状腺の組織細胞を調べる「細胞診」によって診断可能です。発症例は25歳から65歳の女性に多いため、更年期障害との識別診断が必要となります。
原因としては幼い頃に小児がんの治療などで放射線治療を受けた経験があるか、または*被爆経験があるなどが考えられます。
したがって積極的な治療が必要なステージになるとヨード剤(放射性物質を代謝するための薬)の投与、ガンを発症している側の甲状腺摘出術、放射線治療などが行われます。
また遺伝子異常によって起こることもあり、小児甲状腺ガンはこのタイプが多いとされています。
*=福島第一原発事故によって避難指定地域の住民全てに対して甲状腺ガンの検査が行われたため、通常よりも多くの甲状腺ガンが発見されましたが、元々甲状腺ガンは自然寛解するケースが多く積極的な治療が必要なケースはわずかです。
がん細胞が発見された患者さんには「予防的」にヨード剤を投与されていたケースもありますが、いわゆる治療が必要なステージであるということとではなく、放射性物質と甲状腺ガンの直接的かつ医学的な関係は証明されていないので被災した方達への風評の流布などを起こさないように注意が必要です。

アレルギー性疾患からくる首の腫れと更年期障害

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、喘息、花粉症などのアレルギー性疾患でも甲状腺が度々腫脹することがあります。

これは呼吸器系のアレルギーで起こることが多いことからも分かる通りアレルゲンが喉を通過するときに甲状腺が過敏に反応してしまうからです。
更年期障害とアレルギーとは少なからず関連性がありますが、まずアレルギー体質の人は耳鼻咽喉科や呼吸器科などでアレルゲン検査を受けてアレルギーを起こす原因(アレルゲン)を特定して適切な治療を受けることが重要です。

難病と指定難病の違い

難病とは読んで字のごとく「治りにくい病気」の総称です。

一部の難病では国の指定を受けることで治療費が助成される「指定難病制度」がありますが、これらは「原因不明で治療方法が確立されていない病気」の中でも種類が限定されているもので、単に治りにくい病気は指定難病にはなりません。
バセドウ氏病も橋本病も「治りづらい病気=難病」ではありますが治療法が確立されているために「指定難病」にはならないので誤解しないようにしましょう。

まとめ

更年期になって首が腫れる。そんな時は「更年期障害」と「甲状腺関連疾患」を疑う必要性があります。

特に20代後半から40代にかけての女性には
・バセドウ氏病(20代〜30代の女性に多い甲状腺疾患)
・橋本病(20代後半〜40代の女性に多い甲状腺疾患)
・甲状腺ガン(20代後半〜65歳までの女性に多い甲状腺疾患)
など「甲状腺が腫れる病気」が多く、これら以外にも「甲状腺機能亢進症」という一時的な甲状腺の過活動によって首が腫れる場合もあるからです。
甲状腺関連疾患には
  • 動悸、息切れがする
  • 熱が出やすい
  • いらいらする
  • 疲れやすい
など更年期障害と共通する項目が多いので、きちんと病院で検査を受けた上で適切な治療を受けるようにしましょう。
現出する症状はよく似ていますが、それぞれの疾患によって治療法が異なります

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います