更年期になると顔や首筋に大量の汗をかく、これは更年期障害を象徴する症状の一つ「ホットフラッシュ」を起こしていることが原因と考えられます。
更年期障害とは40代半ば頃から始まる数々の体調不良の総称で、女性の場合は全体の60%の人が発症すると言われています。
中でもこのホットフラッシュは更年期障害患者全体の約80%を占める症状で、これが起きたら更年期障害が始まったと気づく人も多いようです。
また近年女性だけでなく男性も更年期障害を発症することが話題となっています。
医学的に見ると更年期とは女性の閉経を中心とした前後5年のあわせて10年間と定義されていますが男性にも同様に更年期障害が起こるとは一体どういうことなのでしょう?
今回は男女の更年期障害と首にかく汗の関連性について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期と首汗にはどんな関係性があるのでしょう?

汗をかく女性

40歳を過ぎてから急に首に大量の汗をかく、これは更年期障害を代表する症状の一つ「ホットフラッシュ」を起こしている可能性があります。
「ホットフラッシュ」は更年期障害を発症する人の80%近くがかかる症状で、この発作をもって自分が更年期障害にかかったことを知るきっかけになることも多いと言われています。
では、はじめに「どうして更年期障害が起こるのか?」についてお話ししましょう。更年期とは女性が閉経に至るまでの5年間と閉経してから再びホルモンバランスが落ち着くまでの5年間の合計10年間を意味しています。
日本人女性の場合、平均的な閉経年齢は50歳〜51歳ですので「更年期」は45歳〜55歳とするのが一般的な考えです。
しかし、個人差を含めると大体40歳を境に更年期に突入すると考え、早めに更年期障害対策を講じておくのが症状を悪化させないためには重要だと言えます。
次に「更年期障害」についてですが、これは“更年期に発生する多種多様な健康被害”のことです。
今回のテーマである「首汗」をもたらすホットフラッシュも更年期障害の症状の一つであり、最も特徴的な自覚症状であるとされています。
先にも述べた通り更年期になるとおよそ5年で閉経を迎えるので、その間に女性器官である卵巣や子宮などの生殖器官は緩やかに機能が衰えていきます。
中でも更年期障害と密接な関連性がある女性器官が卵巣です。
卵巣では卵子や女性ホルモンが作られているのですが、「エストロゲン」という女性ホルモンは妊娠や生理(月経)以外の生殖活動以外にも非常に重要な働きを持つ性ホルモンです。
(エストロゲンの働き)

・妊娠、出産を関与する
・生理周期をコントロールする
・肌の潤いを保つ
・内臓脂肪を抑制する
・血液中のコレステロール値を調整する
・免疫力を高める
・精神を落ち着かせる
・副交感神経(自律神経の一種)を活性化させる
・髪の毛を豊かにする
・女性らしい体つきにする
・血管を拡張させて血圧を調整する
・体温を下げる

など、その働きは10種類以上にものぼるとされています。
いずれも重要な働きですが、更年期障害ともっとも密接なつながりを持つのが「副交感神経を活性化させる」という働きです。
副交感神経とは二つある自律神経の中の一つで、寝ている間やリラックス中に優位となり、ストレスを解消したり、日中の活動中に負った心身の傷を癒すなど主に鎮静作用とメンテナンスを担っています。
眠る女性
エストロゲンが不足すると副交感神経が優位に立ちにくくなり、その結果として休息しても十分な回復が得られずに体のいたるところで不調をきたしてしまうのが女性の更年期障害の正体です。
それでは、次にホットフラッシュですが、これはどのような症状なのかといえば具体的には以下のような症状が「時と場所を選ばずに発作的」に起こるようになります。
  • 上半身ののぼせ(特に顔や首筋に熱を持ちます)
  • 首筋や額から大量の汗が出る
  • 顔面紅潮
  • 集中力が低下する
  • 耳鳴り
  • 下半身は冷える
などです。
更年期障害を経験する人のおよそ80%に見られる症状ですが、細かい原因はわかっていません。
ただ、自律神経の乱れからくる一時的な体温調整機能の狂いで、更年期障害を発症した直後に起こるケースが多いということは判明しています。
このことからホットフラッシュ発作が更年期障害発見のきっかけになる人も多いということになります。一回の発作は20分〜2時間程度ですが、重症な場合は1日に何度も発作を起こします
寝ている間や冬の屋外でも発作は起こるので急激な体温変化や脱水などによって全身状態が悪化することもあります。そのため十分な警戒と対策が必要とされる症例であるといえるでしょう。
困り顔の医師
そして首筋に大量の汗をかくのには主に2つの理由があります。一つ目は「首筋には汗腺が多い」ということ、そしてもう一つは「頸動脈という太い動脈が通っていること」です。
ホットフラッシュ発作時には急に上半身への血流が増し、その分首筋に熱がこもりやすくなるのです。
そして発作時には自分も周囲も驚くほどの大量の汗が出るのでストレスから外出するのが怖くなり、うつになったり、寝ている時に大量の汗をかいて不快感から何度も目がさめて不眠になるなどの精神症状を起こす場合もあります。
泣いてる女性
また男性の更年期障害ですがこちらも年齢によって男性ホルモン(主にテストステロン)の分泌量が減ることで起こります。女性の更年期と区別するためにこちらはLOH症候群と呼ばれています。
LOH症候群では男性特有の悩みでもある「ED(勃起不全)」や「前立腺肥大」などが起こりますが、これはテストステロンが「興奮」や「覚醒」を司どる交感神経の活性化に関与しているからです。
女性とは逆に「興奮しにくい」ことから「うつ状態」などの精神症状を起こしやすいことがわかっています。
また交感神経が不活性化することで更年期障害同様に自律神経が乱れ、多汗を起こし喫煙や飲酒量の多い人、脂っこい食事が好きな人などが「加齢臭」を起こしやすくなります。

ホットフラッシュ対策

・汗対策:とにかく大量の汗をかくので汗をこまめに拭き取るようにハンカチやタオルを多めに持ち歩くようにしましょう。できれば下着も着替えられるようにしておいたほうが気持ちの面でも落ち着きやすくなります。

・体温上昇対策:首筋の太い血管への急激な血流増加が汗の原因ですので、発作が起こったら首筋を濡れタオルや冷えたペットボトルなどで冷やすと効果的です。また動き回ると血流がさらに増すので出来るだけ安静にするようにしてください。
水のペッドボトル
・生活習慣の見直し:自律神経は生きていくために必要な生理活動を制御している中枢神経なので、生活習慣の乱れが自律神経失調を招きやすくなります。つまり、生活習慣を規則正しいものにすればそれだけ少ない性ホルモンで「交感神経」と「副交感神経」を切り替えることができるようになりますので、生活習慣を見直すようにしましょう。特に副交感神経は入眠後に優位になるので、寝る時間を一定にすると良いとされています。
・食生活の改善:人が生きていくために必要な「基礎代謝」を秩序良く行うためには体内では合成できないミネラルや必須アミノ酸、ビタミン類などが必要です。
これらの栄養素は食事で補う以外に方法がないので、栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べることも自律神経を正常に保つためには重要なことです。
また食事の回数を一定にすることも生活リズムを正常化することにつながります。
・運動習慣を心がける:若い頃から運動習慣を持つ人は更年期障害を発症しにくいということが判明しています。また発症したとしても重症化しにくいので、適度な運動習慣を持つようにしましょう。
一見すると汗をかきたくないのにわざわざ運動して汗をかくのは抵抗があるという人もいますが、運動することで汗腺が発達して体温調整のメカニズムが正常に働くようになりますし、ストレス解消にもなるので日頃から「運動で気持ちよく汗をかく」ということを心がけることは有効な汗対策になるのです。
ホットフラッシュを含めて更年期障害を予防、改善するための運動の目安は1日に30分〜60分ほどのウォーキングやヨガ、全身をくまなくストレッチするなどの軽めの運動で十分です。毎日継続することが重要ですので習慣づけるようにしましょう。
ヨガをする女性
・体を締め付けないファッション:ホットフラッシュの発作時では上半身はほてっているのに下半身は冷えるという矛盾した状態になるケースが非常に多く見受けられます。
これは上半身と下半身の血流状態がアンバランスになっているからで、下半身への血流を妨げないように体を締め付けないファッションを心がけるようにしましょう。
・ストレスをためないこと:自律神経やホルモンバランスにとって精神的なストレスは大敵です。日頃からストレス過多な人はそれだけホットフラッシュも重症化しやすいので、趣味を持ったり旅行に行くなどしてできるだけストレスを発散する機会を持ちましょう。
1日の終わりにぬるめのお風呂にゆったりと浸かることもストレス緩和には効果があります。

まとめ

いかがでしょうか?これで女性だけでなく男性にも更年期障害(LOH症候群)が存在することがご理解いただけたと思います。

自律神経の乱れは免疫力を不安定にします。また年齢からくる新陳代謝の落ち込みによって金属の刺激から皮膚トラブルを起こすことも考えられます。
女性の更年期障害、男性のLOH症候群ともに非常に多様な症状が起こりますし、何れにしても、首汗と更年期とは非常に深い関連性があるので、男女共更年期には十分注意して日頃から適切に汗をケアをすることが重要となります。
具体的なケアの方法は本文を参考にしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います