体臭や加齢臭という言葉に使われている「臭」という漢字には「悪臭」というニュアンスが含まれています。
おなじ“におい”でも「匂い」になると芳香=良い香りという意味合いになりますので、日本語は奥が深いですね。
ところでこの「体臭」や「加齢臭」ですが、男女共40歳半ばを過ぎると次第に本人だけでなく周囲の反応が気になりだしてきます。
いや、むしろ体臭は自分では気づきにくいものなので周囲の反応から自分にも体臭があるのではないか?と気に病む人の数が増えるといったほうが正解でしょう。
そしてこの年齢からくる体臭は更年期障害のサインなのかもしれないのです。
今回は体臭と更年期障害の関連性についてわかりやすく説明していきますので今後の対策に役立ててください。

スポンサーリンク


更年期障害と多汗そして体臭をもたらす症状とは?

鼻をつまむ女性

体臭や加齢臭の原因は主に汗をかいた後に繁殖する細菌(常在菌を含む)が分泌する臭気によるものです。
細菌類は増殖するときにアンモニアや硫化ガスなどの臭いの元となる物質を分泌します。汗の中のミネラルや皮脂とこうした臭気ガスが混ざり合って酸化するとあの独特の体臭や加齢臭になります。
ではどうしてこのような臭いが更年期と呼ばれる年代に集中するのかといえば、それは更年期障害を象徴する症状の一つである「ホットフラッシュ」がもたらすのではないかと考えられているからです。
更年期障害といえば女性特有の病気と思われがちですが、実は男性にも男性版更年期障害というべきLOH症候群というのがあります。
更年期障害もLOH症候群も、直接的な原因は性ホルモンの分泌不足からくる自律神経の乱れであり、厳密には幾つかの症状で違いがあるものの、重複する症状も数多くあります。
ホットフラッシュはその中の一つであり、かなり高頻度で現れる症状で自律神経が乱れることから起こる体温調整機能異常のことを意味しています。

汗と体臭について

汗をかく女性

もともと体臭がきつい人は更年期のホットフラッシュによってさらに体臭がきつくなる傾向があります。
しかし、体臭とはどのような仕組みで発生するのでしょうか?
人がかく汗には2種類あり、一つは全身に分泌しているエクリン腺という汗腺から出る汗で、こちらはほとんどが水分であり、体温調整を目的としてかく汗でサラサラしています。
もう一方の汗はアポクリン腺という汗腺からでる脂肪分の多い粘り気のある汗で、こちらはエクリン腺汗と比べるともともと臭いが強くベタついているという特徴があります。
アポクリン腺は脇の下、乳輪、肛門の側など少し特殊な場所にしか存在しない汗腺で、もともとはフェロモンを分泌していたという説が有力視されています。
つまりワキガは異性を惹きつけるためのフェロモンの名残と考えられているのです。このため「臭い」の元となる物質(皮脂やミネラルなど)が多く含まれていて、粘り気があり長く皮膚にとどまっているという性質を有していると考えられています。
このため脇の下や股間など汗がたまって蒸れるところでは細菌が繁殖しやすく臭いが強くなりやすいのです。事実腋臭症(ワキガ)はアポクリン腺を取り除く手術をすると臭いが弱まります。
ただしエクリン腺汗にも細菌の餌となる皮脂やたんぱく質が含まれているため、100%完治するというわけではありません
またエクリン腺は全身に分布しているとはいえ特に額、首筋、足の裏、膝の裏などに多く分布していて更年期障害の初期の頃は上半身への血流が急激に上昇し、額や首筋から大量の汗がでる「ホットフラッシュ」が起こりやすくなり、この症状は更年期障害を経験する人のおよそ8割が発症するため、体臭が強くなる傾向が高まるのです。
さらに男性の場合は喫煙や飲酒などによって汗にニコチン臭やアルコール臭、アンモニア臭などが多めに含まれているため、更年期になって多汗になると首筋に溜まった汗から独特の臭気を発するようになります。これが「加齢臭」の正体です。

更年期の体臭対策

運動して汗腺を鍛える

筋トレをする女性

運動をすると汗をかくので、体臭が気になる人はなるべく汗をかかないように努力します。
しかし、運動不足は汗腺の未発達を招き、それが体温調整機能の狂いを生じさせやすくなり、更年期になるとホットフラッシュを起こしやすくなります。
また更年期障害全体を考えても、運動習慣のある人はない人に比べると症状が起こりにくいということが統計上でも証明されているので適度に運動して汗腺を鍛えることは多汗の予防、改善につながります。
更年期障害を軽減する運動は筋トレが一番効果的とされていますが、運動習慣のない人や運動が苦手な人がいきなり筋トレをすると怪我の元になりますので最初は1時間程度の散歩や周囲の景色を楽しめる程度の軽いジョギング、ラジオ体操などの軽い有酸素運動から始めましょう。
毎日継続できる程度の負荷でも効果はあります。

制汗剤は正しく選ぶ

制汗剤

手軽な汗対策として人気があるのが制汗剤ですが、制汗剤の中には消臭成分として重金属を使っているタイプがあります。
これは使いすぎるとかえって皮膚の抵抗力を落とし、臭いの原因である細菌繁殖の原因となるので注意が必要です。
また多くの制汗剤は臭いを止めるのではなくさらに強い臭いで目立たなくする「マスキング」という方法を採用しています。
これでは体臭や加齢臭の根本的な解決にはならないので、頼りすぎないようにしましょう。
基本的には汗をかきやすい部分を毎日洗って清潔にし、保湿をしっかりして肌の健康状態を正常に保つことが有効な対策となります。

ストレスを軽減する

カラオケする女性

更年期障害やLOH症候群の原因であるホルモンバランスや自律神経はストレスによって多大な悪影響を受けます。
したがって日頃からストレス過多にならないよう、休日や仕事終わりには趣味を楽しむ、カラオケで声を出すなどのストレス解消法を身につけておくと良いでしょう。
ただし、暴飲暴食や目が疲れる長時間のSNS、ビデオゲームなど生活のリズムを崩すような行為はNGです。

体臭が強くなる食事に気をつける

にんにく

臭いが強いアポクリン腺汗には脂肪分が多く含まれていますので脂肪分の取りすぎはNGです。また、その他にも体臭を強くする飲食物がありますので、紹介しておきましょう。
◆動物性脂肪や飽和脂肪酸の多い食品…チーズ、バター、揚げ物、スナック菓子など
◆辛いもの…辛いものや刺激の強い食べ物は汗をかきやすくなります。
◆アリシンを含む食品…アリシンとはニンニクやニラに含まれている臭いの元になる成分です。大量に摂取すると汗と共に放出され体臭が強くなります。
◆飲酒癖:アルコールは分解される途中でアセトアルデヒドという毒素を生じます。血液中のアセトアルデヒドが多いといわゆる「酒臭い」という状態になります。
体臭を予防する栄養素とそれを多く含む食材
体臭を防ぐのに効果的な成分としては代謝を上げて細胞を劣化させない以下の栄養素が良いとされています。
◆ビタミンB群…体の細胞を活性化し、代謝を向上させます。また脂肪を分解する作用もあります。
◆ビタミンC、E、ポリフェノール(カロテン、リコピンなど)…抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれます。
◆イソフラボン…特に女性の更年期では不足しがちなエストロゲンという女性ホルモンとよく似た働きをしてくれる成分です。大豆イソフラボンが有名です。
◆亜鉛:男性の更年期障害であるLOH症候群では男性ホルモン(テストステロン)が不足しがちになります。亜鉛は男性ホルモンの分泌を促す作用があり、日本人には不足しがちなミネラルと言われています。
◆食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌…腸内環境をよくして免疫力を向上させます。これで皮膚の表面で常在菌が異常繁殖することを防ぐことが可能となります。
◆サポニン…大豆や高麗人参、山芋などに含まれている成分です。血流を上げて代謝を促します。
など。
このように食事に関してはできるだけ好き嫌いせずに一日に30品目以上バランスよく食べることが重要とされています。
そのため1日に3度の食事は健康を維持するための最低限必要な回数であるということを心がけましょう。また栄養バランスを考え、高タンパク低脂肪食を心がけることで体臭や加齢臭は和らぎます。

洗濯はこまめにすること、また素足に靴は避ける

パジャマ

汗に含まれている細菌は着用している洋服や靴にも移ります。
洗濯はこまめにすること、そして素足に靴は避けてできるだけ臭いの原因菌を拡散させないようにしましょう。

まとめ

更年期になり、体臭がきつくなる原因には“自律神経の乱れ(更年期障害)によって体温調整機能に異常をきたし、汗をたくさんかくこと”にあります。

汗に含まれている皮脂やミネラルを餌に常在菌などの細菌が皮膚で異常繁殖を起こしその際に臭気ガスを発するからです。
40代以降の体臭といえば男性の加齢臭が思い起こされますが女性も同様に多汗によって体臭が強くなる傾向がありますので、本文にある更年期障害と汗への対策を早めに講じて、体臭が長期化しないようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います