更年期障害を代表する症状には「うつ状態」、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」、「ヒステリー」などがあります。

いずれも情緒が不安定になり気分障害を起こすという共通点があります。急に凶暴性が増すというケースも多いのですが、それと同じぐらい“ちょっとしたことでくよくよしてしまい、そこからなかなか立ち直れない”ということで悩んでしまう人も数多くいます。
こうした事態を少しでも防いで、回復させるにはまず「更年期」と「更年期障害」のことを理解し、治療も含めた適切な対策を講じることが重要です。
今回は更年期になると起こりやすい「くよくよしてしまう」精神の不安定さの原因はなにか?そしてどう対処すればいいのか?について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になるとくよくよしてしまうのはなぜ?そしてその対策は?

男女共40代半ば頃から「更年期」が始まり、およそ10年ほどの間に心身に大きな変化をもたらします。

本来「更年期」という言葉は女性の閉経をはさんだ前後5年ずつのことであり、この間に起こる自覚症状の数々を「更年期障害」と呼んでいましたが、男性もこの年代になると男性ホルモンの分泌量が落ち、女性の更年期障害と似た様な自覚症状を伴うことから男性にも「更年期」という言葉が用いられる様になりました。
汗をかいて体調悪そうにしている女性
ただし、「更年期障害」は病名であり男性側とは原因が異なるため男性版更年期障害はLOH症候群と呼んで区別しています。
女性の場合は更年期障害になると婦人科でホルモン補充療法などの治療を健康保険で受けることができますが、今の所LOH症候群はそれ自体保険適用外の病名なので現れてきた症状ごとに診療科を分けて治療を受けることになります。
この時一部の治療は健康保険の適用外となりますので治療を受ける際には注意してください。
では、まず女性側の更年期障害がどのようにして起こるのかを理解し、次に男性のLOH症候群発症の仕組みから更年期障害との共通性を知るという流れで説明していきたいと思います。

更年期と更年期障害

更年期とは医学的に「閉経の前後5年間」と定義されています。日本人の場合平均的な閉経の年齢は50.5歳と言われているため、更年期はその前後5年ずつということになり一般的には45歳〜55歳頃までを指しています。

また、更年期の基準となる「閉経」とは12ヶ月以上連続して生理(月経)が完全停止する状態です。したがって閉経前の5年間は卵巣や子宮などの女性器官の機能が低下し始め生理不順や不正出血が頻繁に起こるようになります。
そして閉経後は女性器官はごく一部の機能を除いて停止に近い状態になり、妊娠・出産ができない体つきになります。この10年の間に起こる健康被害のことをまとめて「更年期障害」と呼んでいます。
では、どうして女性器官が機能低下を起こすと更年期障害を起こすのでしょう?
実は更年期障害は「自律神経失調症」の一種です。
自律神経とは人が生きていく上でもっとも重要かつ基本的な生理活動を制御している中枢神経で、主な働きには
  • 内臓や筋肉を動かす
  • 体温を一定に保つ
  • 血圧や血糖値を制御する
  • 自発呼吸を促す
  • ストレスに対抗する
  • 代謝と排泄を制御する
  • 血流を制御する
  • 性欲を制御する
  • 知覚神経や運動神経を制御している
などです。
いずれも重要な働きということがわかります。
さらに自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に区別され、「交感神経」はテストステロンという男性ホルモン、「副交感神経」はエストロゲンという女性ホルモンの刺激によって活性化します。
性ホルモンは男女共生殖器(男性の場合は精巣、女性の場合は卵巣)で作られている物質です。
つまり、更年期になって生殖器官の機能が低下していくとホルモンバランスが乱れ、それによって自律神経が正常に機能しなくなり、更年期障害を起こすというのが大まかな流れになります。
指差す医師
それ以外にも40代というのは親の介護や子供の独立などのライフイベントが相次いで起こり、ストレスが溜まりやすい年齢です。
ホルモンバランスや自律神経はストレスの影響を強く受けやすいため、性ホルモンの分泌量低下+ストレス過多によってさらに更年期障害が起こりやすくなるのです。
そしてさらに女性の場合は閉経によってほぼ全員が経験する「生理不順」も更年期障害を引き起こす原因となります。
というのも、女性の生理周期は自律神経を構成する脳幹(のうかん)と呼ばれる部分に収納されている「視床下部」と「脳下垂体」によって制御されているからです。

生理周期の仕組み

女性には生理周期という生体リズムがあります。およそ28日周期で繰り返されることから月の満ち欠けになぞらえ月経と呼ばれる場合もあります。
28日周期のなかには卵胞期(低温期)と黄体期(高温期)、休止期に分けられ、卵胞期にはエストロゲン(卵胞ホルモン)、黄体期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)がピークを迎えるように分泌されていきます。
この2種類の女性ホルモンの分泌量を決めるのが「視床下部」です。
では生理周期をフローにしてみましょう。
・視床下部から生理周期に合わせてプロゲステロン(性腺刺激ホルモン)が脳下垂体に向かって放出される→
脳下垂体ではプロゲステロンの指示にしたがってFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)を合成し血液中に放出する→
卵巣では受け取ったFSHとLHの指示にしたがって女性ホルモンを作成し、視床下部へとその結果をフィードバックする
という仕組みになっています。
すなわち卵巣機能の低下によって女性ホルモンの分泌量が減ると視床下部へのフィードバックが滞りがちになり、指揮命令系統が混乱することになります。
こうして自律神経失調状態が発生してそれが長期化すると更年期障害へと発展するのです。

更年期障害の諸症状

上記の通りエストロゲンは副交感神経を刺激して活性化させるという働きがあります。
副交感神経は主に病気や怪我からの回復、心身のリラクゼーションなどを受けもつ「癒しの中枢神経」です。平たく言えば副交感神経の不活性化によってメンテナンス不良状態となり心身の不具合が発生するのが更年期障害です。
座り込む女性
またエストロゲンが最大限分泌される卵胞期(低温期)には基礎体温が下がることからも、体温調整機能や血圧に不安定が生じることになります。
その結果として
・ホットフラッシュ:更年期障害を起こす人のうちおよそ80%が経験するという代表的な症状です。上半身(特に顔)を中心として原因不明の高温状態となり、大量の汗をかきます。1回の発作は数十分から2時間程度ですが、重症化すると1日に何度も発作をおこし季節や場所、時間などを問わずにおこります。
特に閉経前の初期に起こりやすい症状です。
・ヒステリー:ちょっとしたことでイライラして怒りっぽくなります。
・肩や首筋の強い凝り、または腰痛:エストロゲンの持つ血管を広げるという作用が不十分となり血流障害から肩こりや腰痛が起こりやすくなります。
・頭痛:こちらも血流障害からくる緊張型頭痛が頻発するようになります。ただし、片頭痛を持っている人は緊張型頭痛が合併して混合型頭痛へと発展することもあります。
・下半身の冷え、むくみ:ホットフラッシュに合併しやすい症状です。これもまた血流障害からくる代謝不良と体温調整機能の異常で発生すると考えられています。
・不定愁訴:上記のヒステリーも不定愁訴の一種ですが、他にも急に強い不安感に苛(さいな)まされたり、すぐにくよくよして立ち直れなくなります。
・うつ状態:不定愁訴やストレスを我慢していると起こりやすくなると考えられます。そして更年期障害の精神症状を代表するものの一つになります。やる気が起こらず慢性的な疲労感や倦怠感を感じますが、心の中では自責の念や自己否定感、また強い葛藤などを抱えており、脳内の鎮静物質(セロトニン)と興奮物質(アドレナリンとノルアドレナリン)のアンバランスで起こるとされています。
身体的な症状(肩こり、腰痛、頭痛、吐き気、嘔吐、胸焼け、ヒステリー球など)を合併します。
頭をかかえる女性
・不眠:これも更年期障害を代表する精神症状です。文字どおり眠りが浅くなったり寝つきが悪くなります。
・その他:生理でもないのに出血が起こる不正出血や性欲の減退(不感症)、体重増加、生活習慣病へのリスクの上昇、低血圧、貧血、ふらつき、耳鳴り、甲状腺機障害、下痢、便秘、頻脈、不整脈など多種多様な症状を起こす可能性があります。

男性の更年期とLOH症候群

男性の場合は女性と違って閉経という生理現象はありません。

しかし40歳を過ぎた頃から代謝が落ち始めるようになり、精巣や前立腺などの男性器官の機能が低下し始めます。この結果テストステロンという男性ホルモンの分泌量が減り、交感神経の不活性化を招き男性版更年期障害とも言える「LOH症候群」を発症しやすくなります。
LOH症候群では男性特有の症状として
・ED(勃起障害)
・前立腺肥大症
:前立腺の機能が低下し、肥厚化して尿道を圧迫し排尿障害をおこします。また前立腺肥大症により前立腺がんのリスクが上昇するといわれています。
などがありますが、それ以外の症状は更年期障害と同じ自律神経失調状態なので多くの症状が重複しています

ただし、交感神経は日中の活動時間帯に活性化して集中力ややる気を高める神経ですので、女性よりも精神症状(うつ状態や不定愁訴)を起こしやすいといわれています。

共通する精神症状とは?

ここまでの説明の通り、更年期になるとくよくよする、集中力を欠いてミスが増える、やる気が起こらないなどの精神的な症状は性ホルモンの分泌不足からくる自律神経失調状態です。

改めてまとめてみると男女共
  • 不定愁訴
  • うつ状態
  • 不眠症
  • ヒステリー
などが起こりやすくなります。
こうした精神症状はこじらせると自力で対処することができなくなりますので次のパートであげるような対策をとるようにしてください。

更年期のくよくよ対策

更年期のくよくよを始めとする精神症状対策は以下のとおりです。

・早めに精神科や心療内科の治療を受ける:更年期障害やLOH症候群で精神症状が出ている場合には精神科や診療内科を合わせて受診し、投薬治療や心理カウンセリングを受けるようになります。
早めに適切な治療を受けておけば強い向精神薬や睡眠薬に頼らなくて済みますので、自覚できる精神症状がある場合には早めに精神科医に相談するようにしましょう。
カウンセリングを受ける女性
・ストレスを溜めない:うつや不定愁訴は真面目で責任感が強く、我慢強い人ほどかかりやすいといわれています。時には愚痴をこぼし、家事を手伝ってもらう、旅行に行く、趣味を楽しむなど気持ちをリフレッシュしてストレスを溜めないようにしましょう。
・規則正しい生活を送る:更年期になって性ホルモンの分泌量が減っても、実は自律神経を切り替えるのに十分な量の性ホルモンが副腎皮質という部位から分泌されています。
ただし、若い頃は女性は卵巣、男性は精巣に性ホルモンの供給を依存しているため、加齢によって分泌量が減ると限定的に混乱してしまうのです。
前述したように自律神経は生きることそのものを制御している中枢神経で生活習慣のリズムが崩れると切り替え時により多くの性ホルモンを必要としてしまうため、生活習慣を正して無駄な性ホルモンの消費を抑えることが症状の改善にとって重要となります。
・適度な運動習慣を持つ:運動習慣を持っていると更年期障害やLOH症候群にかかりにくいという科学的なデーターがあります。これは筋肉を鍛えることで代謝に必要な熱量が生まれ、基礎代謝や新陳代謝が上がって細胞や臓器が劣化しにくくなるからです。
ただし、更年期障害を予防、改善するためには軽めの有酸素運動(ヨガ、ウォーキング、軽めのジョギング、ストレッチなど)でも十分なので、まずは1日30分〜1時間程度歩くという習慣を身につけることから始めてみましょう。
・栄養バランスの取れた食事を心がける:更年期になって生殖器の機能が低下するということは最低でもその分の代謝が低下するということになります。これは避けることができません。
しかし、代謝が下がると消費するエネルギーが減りさらに代謝が下がるという悪循環を招きます。したがって更年期になったら意識して「高タンパク低カロリー」の健康的な食事を3食きちんと食べるように習慣づけましょう。
またある程度コレステロールやカロリーなど「悪玉」と考えられている成分も歳をとるほどに必要になるので、質の良いタンパク質(白身魚や赤身肉、鶏肉、ささみなど)を積極的をとるようにして、食事だけでは補いきれない栄養素をサプリメントなどで補給します。

まとめ

更年期と呼ばれる年齢になると男女共ちょっとしたことでくよくよししたり、イライラするなどの「不定愁訴」や「気分障害」という精神症状を起こしやすくなります。

これらはこじらせると本格的な治療が必要な「うつ」や「統合失調症」、「不眠症」などに移行しやすく一人で対処するのが困難になるので、本文にあるような対策を講じるようにしてください。
また女性の更年期障害ではホルモン補充療法やプラセンタ療法を受けることで軽めの精神症状は改善することもあります。
まずは更年期に対する正しい知識と早めの対策が症状を悪化させないようにするためにはとても重要となります。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います