最近良く耳にするマヌカハニー、健康や美容に効果が高いとしてテレビや雑誌でも取り上げられ、芸能人の方にも愛用者が多いとして話題になっています。
このマヌカハニーに、更年期障害で起こる不快な症状を和らげる効果があるのではないかと中高年層の女性達から期待されています。
そこで今回は注目のマヌカハニーにスポットを当て、マヌカハニーの知識や効果、効能、より効果的な食べ方などについてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の他にも幅広い効果を持つマヌカハニー

はちみつ

マヌカハニーのマヌカとは、ニュージーランドにあるマヌカの木から採取された蜂蜜です。ニュージーランドの原住民であるマヌカ族は、古くからマヌカの葉や樹液を薬用として取り入れ愛用してきました。
普通のはちみつより味に癖が感じられ、濃厚で芳醇な風味は生キャラメルのようで、重い感じの水あめのようなもったりとした食感です。
高い抗菌作用を持つマヌカハニーの効果、効能として知られているのは次の通りです。
  • 喉の痛み、鼻つまり、風邪、インフルエンザを予防する
  • 花粉症対策
  • 切り傷や火傷の傷口を早く治す
  • ピロリ菌、大腸菌、など胃腸疾患の原因となる有害な菌を殺菌する
  • 虫歯を予防し歯周病などのトラブルを防ぐ
など
マヌカハニーの効果効能で、更年期障害の症状に期待できるのは、便秘や下痢など消化器系の症状になります。
また、40代以降になると身の回りに起こる様々な環境の変化に対してストレスが溜まりやすく、免疫力が低下しやすくなります。マヌカハニーで免疫力を上げて、更年期障害の諸症状を引き起こしにくい体を作りあげましょう。

マヌカハニーを食べる時の注意点、より効果を得る食べ方とは

マヌカハニーの魅力を知ったところで、正しく効果を発揮させる注意点をご紹介します。

●マヌカハニーを選ぶ基準はグレードです。認証団体の評価基準によってUMF、MGO、TA、NPAなどのグレードの種類がありグレードが高い方がもちろん価格も高くなります。できれば、高グレードの製品を選んだ方が確実な効果を得ることができます。また、中には混ぜ物をした粗悪品も出回っているので、良質な製品を見極めるようにしましょう。
●マヌカハニーの効果、効能を確実に発揮させるのは生で食べることです。加熱はせずにそのままを食べるようにしましょう。
●通常のはちみつと同じように1歳未満の乳幼児は、含まれるボツリヌス菌による「乳児ホツリヌス症」を発症するおそれがある為、与えないように注意しましょう。
●就寝前に食べることで不眠対策になり、質の高い睡眠を手に入れることができます。また、砂糖を含まないマヌカハニーは、寝る前に食べても虫歯の予防や口臭予防に役立つそうです。
●マヌカハニーの抗菌力を生かすなら、食事前の空腹時などにスプーンでマヌカハニーを摂取するのがおすすめの食べ方です。

まとめ

マヌカハニーは、試してみたい食品のひとつですがまだ未経験です。テレビで女優さんがシリアルに垂らして食べていたのを見て、とても気になりました。

更年期障害で起こりやすい症状や免疫力の低下による心身の不調をカバーしてくれるなら、ハチミツと同じような感覚で毎日少しずつでも取り入れてみたいですね。パンに塗ったりヨーグルトに入れたりしながら、なるべく熱を加えることなく頂いてみましょう。
購入の際には、口コミなどを参考にしながら安心できるメーカーの物を探して確かな効果を得ていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います