更年期障害の症状にめまい・ふらつきといったものがあります。
日常生活では結構つらい症状です。めまいやふらつきの症状が出て、動けなくなったりしたらどうでしょう?すぐに横になれる環境だったらいいのですが、そうもいかないシーンもあります。
特に外出先などでなった場合を考えると、不安になってしまいますよね。
誰かと一緒であればいいのですが、どうしても一人で外出しなければならないケースもあるでしょう。ふらっときて、そのまま倒れて打ちどころが悪かったりしたら…と考えると怖いものがあります。
たかがめまい、と思っていると思わぬところでアクシデントが待っている可能性もあります。気になったら、さっそく対策を考えましょう。その前に、この更年期障害のめまいが他ののめまいとどう違うのか、そしてどんな治療法があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク


めまいの種類と更年期障害

青ざめる女性

めまいには2種類あって「回転性めまい」「非回転性めまい」があります。

回転性めまい

文字のごとく、ぐるぐるとまわっているように感じるめまいのことです。まず立っていられませんし、時として吐き気も伴うので、横になってもとに戻るのを待つしかありません。

しかし何日も続くことはありません。短時間から長くて1日でしょうか。よく知られているメニエール病は回転性のめまいを伴います。

非回転性めまい

ふらついたり、フワフワしたような感じで、回転性ほどつらい症状ではありませんが、長引く傾向にあり、更年期障害のめまいはこの非回転性めまいであるケースが多いです。

更年期障害でこのような症状が出る原因として、血の流れが悪いために耳から脳にかけて十分なエネルギーが供給されていないからなのです。ではそのメカニズムについて詳しく解説します。

めまい・ふらつきと耳と脳の密接な関係とは

まずはじめに「平衡感覚(へいこうかんかく)」についてですが、平衡感覚とは重力に対して体のバランスや姿勢を調整する働きを言います。何気にまっすぐ歩くことができるのはこの平衡感覚のおかげなのです。

聞きなれない言葉が続いて難しいかもしれませんが、平衡感覚は、耳から脳(内耳の前庭:三半規管・耳石器→前庭神経→脳幹→小脳・大脳)につながっており、このルートのどこかで障害があるとめまいが発生します。
例えば内耳で何か障害が生きている場合は主に回転性のめまいとなり、吐き気を伴うつらい症状となります。前庭神経から脳にかけての部分で障害が起こると、非回転性のめまいが発生し、ふらつきの症状が長期間にわたって続きます。
このようにめまいは内耳から脳にかけて、何らかの障害が発生して起こるものなのです。

ATPって何?足りなくなるとどうなるの?

説明する白衣女性

人間の体の働きをパソコンに例えるなら、ATP(アデノシン三リン酸)はバッテリー(電気)の役割を担っています。細胞にとってエネルギー源となるもので、このATPがないと内耳や中枢神経が正常に働かなくなり、めまいなどの症状が出てきます。
食べたものの栄養素が腸で体の中に取り込まれて、血液に乗って体の隅々の細胞に送られていきます。しかし、この栄養をそのままエネルギーとして使うことができません。そこで、細胞内のミトコンドリアが酸素を使ってこの栄養素をATPに変換するのです。
つまり、栄養素や酸素を運んでくる血液の流れが悪くなると、このATPは作られなくなってしまうことになります。ATPが不足すると当然、内耳・中枢神経の働きに影響が出て、めまいなどの症状が発生するのです。

病院に行ったらこんな薬が処方される

病院

ではめまいがひどい場合、病院ではどのような薬が処方されるのでしょうか。めまいの症状には吐き気を伴うものがありますが、まずは血流改善(栄養分や酸素をスムーズに運ぶ)して、代謝を促す(ATPを作らせる)のが最優先です。

ATP系(成分名:アデノシン三リン酸二ナトリウム)

ATP腸溶錠」(第一三共・日医工・ニプロファーマ)「アデホスコーワ腸溶錠」(興和)という名前で、流通しています。いずれも、血流を増やして、代謝を促進する作用を持っています。

今回のめまいのケースですと、内耳から中枢神経に不足しているATPを届けなければなりません。よく言われている「副作用はないけれど、効果もない」という評がついてしまっているのは、特定の部位に作用するというより、全身に作用しているからなのではないでしょうか。
実際にATP腸溶錠・アデホスコーワ腸溶錠ともに、心不全・慢性胃炎といった内耳・中枢神経以外の部位の疾患でも効果を発揮しているからです。

カリジノゲナーゼ

主な製品として、カリクレイン錠(バイエル)・カルナクリンカプセル(三和化学)・サークレチンS錠(あすか)があります。血管のさまざまな不調に対応する薬です。更年期障害による冷え・めまいにも作用します。強い作用は期待できませんが、副作用はほぼありません。

メシル酸ベタヒスチン

メリスロン錠(エーザイ)があります。内耳の血流を改善する作用があり、メニエール病などのめまい治療を中心に利用されています。こちらもまた副作用が少ない薬です。

ジフェニドール塩酸塩

セファドール錠(日本新薬)があります。内耳障害のめまいに作用し、平衡感覚・血流を改善する薬です。口が渇くことがありますが、ほぼ副作用はありません。

このほかに下記のような成分があります。ここで紹介したものは医師の処方箋が必要となりますので、薬局では入手できません。
イソダドール・コンベルミン・シュランダー・スズトロン・ソブラリン・デアノサート・デアノサール・トスペラール・トラベルミン・ドラマミン・ババベリアン・ピネロロ・ミタポップ・メタヒスロン・メニエトール・メニエース・メニタジン・メリスロン・リマーク・サタノロン

めまい対策の漢方薬

病院で処方される薬は「めまい」に関しては、副作用の少ないものが多いようです。
しかし、それでも副作用が気になってしまうのであれば、漢方薬を利用することも考えてはどうでしょう。

・半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
めまい、胃腸機能の回復に効果があります。日頃から胃腸が弱かったり、水分の代謝が悪く、疲れやすいタイプの人に向いています。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
めまいはもとより月経不順・更年期障害でよく利用される漢方薬です。貧血気味で冷え性・肩こりのある人に効果があります。
・真武湯(しんぶとう)
歩いているときに、ふらっとするタイプのめまいに有効なのが真武湯。冷え性の傾向が強い人に処方されます。のぼせ・暑がりの人には向いていません。
・五苓散(ごれいさん)
めまい・吐き気・むくみに効果があります。水分の代謝による様々な症状を緩和してくれる漢方薬です。冷たい食べ物を食べすぎて下痢をするようなケースでも効果があります。
・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
漢方では、めまいの原因の1つを水毒(すいどく)としています。水毒とは、体の中に余分な水分があるために、循環がうまくいっていない状態を指します。この水毒をとって、めまいを改善する漢方薬です。

では、更年期障害のめまい対策で1番のおすすめサプリメントは…

服をに入ったサプリメント

ここまで、めまい専門の薬・漢方薬をご紹介しました。しかし、めまいの症状だけにフォーカスしていても症状は改善されません
例えば、家の中にアリが上がってきて困っているなら、出てくるアリだけに対処するのではなく、アリの巣にも手を打つ必要があるのです。
それと同じように更年期障害のめまいを引き起こしている原因となっている自律神経・ホルモンバランスという2つの原因にアプローチをするサプリメントを選ぶ必要があるのです。
更年期障害に対して総合的に効果があるとされるものは、各メーカーからたくさん出ています。大豆イソフラボン・プラセンタ・ローヤルゼリー・エクオール・マカなどなど…
しかし、中でも特におすすめできるのは高麗人参ではないかと思います。こちらの記事で、それぞれのサプリについて詳しくお伝えしていますので、興味があればぜひ読んでみてください。

まとめ

めまいにはその症状によって原因が異なるということがお分かりいただけたと思います。しかし更年期障害のめまいについては、めまいだけに注目して治療をするのではなく、原因となっている更年期障害、すなわちホルモンや自律神経のバランスも考えなければいけません

ですから更年期障害が原因のめまいの場合は、更年期障害の諸症状にオールマイティーな対処ができるものが必要となってきます。その点を踏まえると、サプリメントが一番、効果的ではないでしょうか。
以 上 
PR

幅広い効果を発揮してくれるのは高麗人参サプリメント

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います