特に何か出来事があったわけでもないのに心がもやもやして、常に不安がつきまとうような感覚が続くと、心がどんよりとしてしまいます。
更年期になると、もやもやするような感じに襲われることが多くなり、ネガティブな発想に傾きやすくなります。
前向きな気持ちになりスッキリした毎日を過ごしたいのに、なかなか心がコントロールできずに、そんな自分に悩みさらに落ち込んでしまうというような悪循環に陥りやすくなります。
そこで、今回はどうして更年期には心がもやもやしてしまうのか考えてみて、もやもやを解消できるような対応策についてお話しを進めていきましょう。

スポンサーリンク


更年期で起きる心がもやもやする感じはなぜ?

元気のない女性

もやもやという状態は、物事や事情がはっきりせず明瞭ではない、心にわだかまりがある、さっぱりしないさま、などと表わされています。
40代を過ぎたころの更年期には、人生の変化が起こりやすくライフイベントが多い年代です。変化に対して疲労を感じやすく、不安や心配事も増え心にもやもやした感覚を溜めやすくなります
また、健康面での不安、美容面で容姿の衰えなどから自信を失うケースも多く、メンタル面でショックを受けやすい時期になります。
さらに更年期障害では、本来の性格にも症状が左右されやすく、ネガティブな思考に陥りやすく、このことがさらに症状を悪化させてしまいます。
実際に更年期障害の症状の軽重には個人差があり、楽観的で正確的に明るく、ポジティブな発想の持ち主は更年期障害の症状が出にくい、または軽く済むと言われています。
もし、心のもやもやがあっても気にしないことが大切で、心がもやもやしてまとまらない時は気になることを紙に書き出してみたり、声に出して伝えてみる、友達に相談する、趣味に没頭するなどして、解消できるような術を用意しておきましょう。

まとめ

心がもやもやするということは、うつうつした気持ちにもなりやすい状態です。もやもやが続き放置しておくと、うつ病などにつながる可能性もあるので、セルフケアで解消できない場合は、速やかに医療機関をじ受診するようにしましょう。

もやもやが上手に吹き飛べば、心が前向きになり他の更年期障害の症状も軽くなるかもしれません。心が弱っていると上手くいかないことも増えてきてしまいます。
まずは、心のもやもやをなくし明るく前向きな思考で過ごしていくことを心掛けましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います