更年期障害の症状はとても幅広く、感じられる不調は人それぞれです。
中でも更年期障害によって胃がムカムカしたり、ムカムカによって吐き気がするといった症状に悩まされるケースも多く聞かれています。
更年期障害によって起こるムカムカで食欲不振に陥ってしまったり、ムカムカによって夜目が覚める、つねに乗り物酔いをしているようで気持ち悪いなど、吐き気が止まらないなど、更年期障害のムカムカは日常生活に負担を与えるので、気持ちも沈んでしまいます。
そこで今回は、更年期障害でムカムカが起こる原因を探り、セルフケアによって症状を改善できる方法もご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期に感じる「ムカムカ」が起こる原因と対策

胃を抑える女性

更年期に起こりやすい「ムカムカ」は、胃腸炎や風邪、食中毒などが原因ではないので、一般的に起こるムカムカや吐き気とは異なります
更年期のムカムカも胃腸の不調によって起こるのですが、この不調は更年期で女性ホルモンのエストロゲンが減少し自律神経のバランスが乱れることが、大きな原因になります。
そのため、副交感神経の働きと深く関係している胃や腸など消化器系の働きも鈍くなるのです。
さらに、更年期という年代は人生の節目と迎える頃になり、ライフイベント、ライフスタイルの変化を伴いやすくストレスや疲労を受けやすくなります。
ストレスは胃腸に負担を与えやすく、このことによっても胃の働きが低下しムカムカを招きやすくなります。
更年期障害のムカムカを少しでも軽くするために、普段の生活の中では、以下のようなことに注意してみましょう。
  • 刺激の強い香辛料、カフェイン、アルコールなどの刺激物の摂取を控える
  • ストレスが溜まらないように、解消する
  • エストロゲンの減少を防ぐように、エストロゲンと似た作用をする成分を含む大豆製品などを積極的に摂取する
ムカムカを抑えるには、更年期障害の進行を緩め、胃腸に優しい生活を心掛けることがカギとなりそうですね。

まとめ

更年期障害によって起こるムカムカは、一時的なことではなく場合によっては長々と続きます。まるで、つわりのようですね。ムカムカした感じは、更年期障害だけによって感じられることではありません。

他に気になる症状がないか、ムカムカだけでなく他にも更年期障害特有の症状がないかどうかチェックしてみるといいでしょう。更年期障害が原因であれば、更年期障害に対して働きかけることが必要になります。
原因に合わせた予防や改善をしていくことが、症状を軽くするポイントになるでしょう。また症状が辛く、日常生活への負担が大きいのであれば我慢しないで医療機関を受診するようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います