更年期と呼ばれる年代(40代半ば〜50代半ばにかけて)になって、体調面の不調が相次ぐという女性も多いのではないでしょうか?
これは更年期障害を発症しているからだと考えられます。
更年期障害は女性のおよそ6割が発症するといわれている健康被害で、「ホルモン」、「自律神経」、「血流」のバランスが乱れることで起こります。
中でも「むくみ」は更年期障害を代表する代謝異常です。下半身や二の腕、顔などに生じやすく、一度むくみが起こるとなかなか改善せず、放置しているとさらなる健康被害を誘発する原因となります。
今回は「むくみ」発生のメカニズムや原因、また対処法などを更年期障害と合わせて改善していく方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になって顔がむくむようになった時の対処法

顔のむくみを気にする女性

更年期障害は女性の約6割が発症するといわれている病気です。
ところで「更年期」という言葉についてみなさんはどれぐらい正確な意味を知っていますか?
医学的には「閉経を迎える前後5年間」と定義されています。閉経とは12ヶ月以上連続して生理がこない状態のことで、女性器官(膣、子宮、卵巣、乳腺など)の機能が低下していき、完全閉経をもって妊娠ができない体つきになります。
日本人女性の場合、閉経を迎える平均的な年齢は50歳前後なので一般的な更年期は45歳〜55歳とされています。
しかし、あくまでも平均的な年齢なので個人差を考えると40歳を過ぎた頃から更年期障害には注意をもって対処することが必要と考えられています。
もちろん早めに対策をとることで発症後に重症化することを予防できるため、発症前から策を講じておくに越したことはありません。
では更年期になると女性の身体の中ではどのような変化が起こるのか、また更年期障害にはどのような症状があるのかについて説明していきましょう。
指差す看護師女性
まず、更年期に突入すると閉経を迎えるにあたり女性特有の器官や臓器では緩やかな機能低下が始まります。
その変化においては
  • 生理周期が乱れる
  • 不正出血が起こる
  • 膣が乾燥してセックス時に痛みや出血が起こりやすくなる
  • PMS(月経前症候群)のような状態になる:下腹部痛、生理痛、悪心、不定愁訴(いらいらする、強い不安感にかられる)など
が起こり始めます。
特に生理不順と不正出血は発症頻度が高くなりますが、これは閉経に向けての自然な現象です。
とりたてて出血量が多かったり生理痛が激しいなどの自覚症状がなければそのまま元気に更年期を乗り切る人もいますが、半数以上の人はこうして生理の状態が不安定になると更年期障害と呼ばれる健康被害の数々を覚えるようになります。
これは女性器官の中でも「卵巣」の機能が低下することで生理をコントロールする女性ホルモンの分泌量が不安定になることが原因です。
生理不順の傾向としては最初の頃は生理周期が短くなり、その後次第に間隔が開き始めやがて長期間生理がこなくなり完全閉経を迎えるという流れになります。
更年期障害はこうした過程の中で起こる症状群なのですが、発症に特に深い関与を持つのがエストロゲンという女性ホルモンです。
エストロゲンには生理をコントロールする以外にも数多くの重要な働きがあります。例えば
  • 内臓脂肪を付きにくくする
  • 毛髪を豊かにする
  • 血管を拡張して血流をあげる
  • リラクゼーションをもたらす
などです。
こうした作用はエストロゲンが持つ最も重要な働きでもある「自律神経」との関連性からくるものです。
実はエストロゲンには自律神経の一種でストレスや心身の傷を癒すメンテナンスを担当している「副交感神経」に作用して活性化させる働きがあります。
つまり、エストロゲン量が不足すると副交感神経が不活性化し、ストレスや心身の傷からうまく回復することができずに次のような更年期障害で起こる健康被害をもたらすようになるのです。
  • ホットフラッシュ:突然首筋から顔にかけてほてりが生じ、顔面紅潮や大量の汗をかく症状です。更年期障害を起こす人の8割以上が発症するといわれています。
  • 生理不順とそれに関する健康被害(上記参照)
  • 腰痛
  • むくみ
  • 冷え性
  • 血流障害
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 眼精疲労
  • 鬱(うつ)状態:慢性的な倦怠感、疲れやすい、やる気が出ない、集中力が低下する
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢
  • 脱毛など
汗をかく女性
今回のテーマである「むくみ」はエストロゲン不足によって血管の伸縮がうまくいかなくなり、代謝の結果生じた老廃物を含んだ水分が代謝されずに細胞の間に溜まると起こります。
人体にとっては無用なもの(老廃物)が多く含まれているので、長く体内にとどまっていると「疲れやすくなる」、「新陳代謝が下がり皮膚トラブルが起こる」、「まぶたが重くなって視界が遮られる」、「血色が悪くなる」、「顔やふくらはぎ、二の腕がパンパンに腫れる」などの状態に陥ります。
これは本来なら無用な水分を代謝する役目を持つ血流が障害を起こすことが原因なのでそこが改善されないと長い間続くことになります。
女性の場合は特に顔がむくむと鏡を見るのすら嫌になり、精神的なストレスが強まり、さらにホルモンや自律神経のバランスが乱れてしまい上記のような更年期障害の症状を悪化させるリスクが高まってしまいます。
また、顔のむくみは
  • 化粧ノリが悪くなる
  • まぶたが腫れぼったくなり眠そうな印象を相手に与えてしまう
  • 顔が大きく見える
などが起こり「美しくありたい」という女性にとっては非常に深刻な問題と言えます。
そこで病院に相談するほどではない軽度なうちに早めにセルフケアを行って更年期障害と顔とむくみの悩みから解放されましょう。

顔のむくみを解消する食材

顔を含めてむくみを解消するには身体の中のナトリウムイオンの濃度を調整する必要があります。ナトリウムイオンの代謝が滞ると余計な水分が身体の中に残留してむくみの原因となるからです。

ナトリウムの代謝を促すには「カリウムを含む食材を積極的に食べる」と良いとされています。カリウムを多く含む食材には
  • バナナ
  • りんご
  • きゅうり
  • ナス
  • パセリ
  • アボカド
  • 納豆
  • ブロッコリー
  • トマト
などがあります。
身近な食材が多いので食卓に積極的に取り入れるようにしましょう。
バナナ

飲酒時の注意

深酒の翌朝顔がむくんで大変な思いを経験した人も多いのではないでしょうか?
これはアルコールが分解される際に生じるアセトアルデヒドの影響で他の老廃物の代謝がうまくいかなくなってしまうことが原因と考えられます。

したがってお酒を飲んだ日は水分をたっぷりと取って、身体の中のアルコール濃度を下げ酔いを醒ませてから寝るようにしましょう。

むくみがちなファッションを避ける

「むくみ」が水分代謝異常である事はこれまでにも説明してきた通りです。

老廃物を含んだ水分はリンパや血液として腎臓で濾過されおしっことして排泄されるので、体を締め付けるようなファッション(ガードルやコルセット、スキニーパンツなど)で血流やリンパの流れを悪くするとむくみやすくなります
しかも、下半身を締め付けるファッションはむくみがふくらはぎではなく顔や二の腕に出やすいのでやめた方が良いでしょう。

更年期障害を改善することでむくみも解消する

むくみは自律神経の異常でも起こりうる症状です。
自律神経は人が生きていく上で必要な活動を支えている重要な中枢神経です。

血流や老廃物の代謝など「むくみ」に関することも自律神経でコントロールされているため、自律神経失調状態となる更年期障害で「むくみ」は起こりやすくなってしまいます。

そこで基礎疾患(原因となる疾患)である更年期障害を改善することができればむくみも自然と解消されていくことになりますので、ここでは更年期障害を予防・改善する方法を紹介していきます。

栄養バランスの取れた食事を心がける

自律神経を制御する性ホルモンも代謝によって作り出されます。代謝には人体では合成できないミネラルやビタミン類、必須アミノ酸などが必要なので、こうした栄養素は食事から補う必要性があります。
しかし、食事から栄養素を過不足なく摂取するには栄養バランスの取れた食事を1日3回しっかりと食べる必要性があります。
そして食事の時には物をよく噛んで食べる事で顎関節から脳幹(自律神経を制御している部位)に適度な刺激が送られ自律神経失調状態を起こしにくくなり、唾液腺が刺激されることで口臭や歯周病の原因となるドライマウスを予防することにもつながります。

適度な運動習慣を心がける

更年期障害は血流障害を伴う疾患ですので、運動習慣を持って血流をあげることで代謝の落ち込みを抑制し、自律神経の機能が保たれやすくなります。
事実統計上では運動習慣のある人の方がない人に比べると更年期障害の発症率が低く、また発症したとしても程度が軽いというデーターが報告されています。
更年期障害を予防、完全する運動量の目安としては「パートナーとの会話や周囲の景色を楽しむことができる程度のスピードによる軽いジョギング(時間は15分以上)」、「1日30分〜1時間程度のウォーキング」、「全身のストレッチ」などです。
強い運動負荷のトレーニングを週に1回程度行なうよりはこうした軽めの負荷で毎日継続できる運動から始めると良いでしょう。

ストレスを溜めない

カラオケをする女性
ホルモンや自律神経のバランスは精神的なストレスにも強い影響を受けてしまいます。ストレスフルな状態になるとイライラしたり、生理不順が起こる、血圧が上がる、頭痛がする、緊張して汗が出るなどがその代表的な例です。
慢性的なストレスは自律神経の状態を悪くするだけなので、旅行に行く、カラオケで大声を出す、趣味を持つなどしてストレスを溜めないようにしましょう。

生活習慣を規則正しくする

自律神経にはその時々の身体状態や精神状態に合わせて交感神経(主に集中や興奮を司る神経)と副交感神経(リラックスやメンテナンスを司る神経)を切り替えながら健康状態を維持しようとする働きがあります。
特に健康回復に必要な睡眠時にはエストロゲンの刺激によって副交感神経が優位な状態になります。

そこで入眠時に副交感神経を活性化させるためのエストロゲンを最少量に抑えるためには寝る時間を規則正しくすることで、脳が入眠時のパターンを記憶して効率よく副交感神経を起動できるようになるので、エストロゲンの消費が少なくて済むようになります。

これ以外にもできるだけ生活パターンを規則正しくする事でその時々に消費される性ホルモンの量が安定化し、自律神経失調状態を起こしにくくなるので生活習慣を規則正しくする事はとても有効な対策と言えます。

まとめ

多くの女性を悩ませる「顔のむくみ」は更年期になると更年期障害とともに発症しやすい症状の一つです。
「むくみ」というのは身体の中の老廃物を含んだ水分が代謝されずに細胞の間に蓄積してしまうことで起こる代謝異常の一種です。

これを解消するには更年期障害をしっかりとケアすることで水分代謝を正常にするのが肝心です。
そのためには今回紹介したセルフケアの方法を試してみたり、「めぐり」を改善するためのサプリメントを導入してみるというのも一つの選択肢になります。
むくみがひどく気になって外を出歩く事ができない、疲れやすいなど日常生活に支障をきたしている場合は早めに病院に相談するようにしてください。
むくみは更年期障害以外にも血栓性疾患などが隠れている場合もありますので軽視するのは禁物です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います