閉経がひとつの目安となり、女性には更年期という年代が訪れ更年期障害として心身に様々な影響が現れます。

しかし、症状の種類はとても幅広く、皆が同じことを経験するわけではありません。
また、症状が重い、軽いにも個人差があり、寝込んでしまうほどつらい人からほとんどななかった。と答えるほど軽いケースもあります。更年期には誰にでも起こるはずの変化なのに、更年期障害にならない人がいるというのは、驚きですね。
そして、症状が重い方からしたらとてもうらやましい話ですね。そこで、今回は更年期障害がないという事実に迫り、症状が軽い人、見られない人の特徴についてご紹介し、重い場合のセルフケア、対処方法をお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の症状が「ない」人とは

びっくりする女性

更年期障害の症状が重くて、とても悩んでいる方がいる一方で、症状が軽くほとんど感じられない方がいるのも事実です。症状が軽い人の特徴としては、次のようなことが挙げられます。
①更年期に減少していく女性ホルモン「エストロゲン」の減少スピードが穏やかである
②もともと持つ性格が楽天的で明るくおおらかである
③家庭環境、職場など周りから受けるストレスが少ない、また、ストレスを発散する術を持っている
軽い人とは逆に症状が重い人の特徴を考えてみると、軽くするために気を付けたいことが見えてきます。
①減少していく女性ホルモンのスピードを早めないように、女性ホルモンの働きを保ち、乱れた自律神経を整えるようにする
②ネガティブになりやすい考え方を前向きに、ポジティブ思考に方向を変える
③家庭内、職場などのコミュニケーションを良好にし、ストレスを解消する趣味や方法を持つように努める
万歳する女性
更年期障害の症状がほとんどない人は、重くなる要因と縁遠い生活をしていると言えるでしょう。
女性ホルモンを保つ、自律神経のバランスを整える、ストレスを溜めない、この3本の柱を意識するだけで、症状に差が生まれてくるでしょう。

まとめ

更年期障害の症状は、ほとんどなかったと話す義理の母。つらそうにいつも寝ていて実の母。相反する二人の更年期を知り、性格や考え方、ライフスタイルに差があることに気が付きました。

軽いと話す母は、とても楽天家でいつも笑顔が絶えません。おしゃべりが大好きで人と会うことが好き。テニスなどの運動をしていました。
症状が重かった母は、人と会うことはほとんどなくインドア派。あまり話すこともなく、趣味も特にありません。残念ながら、実の母のようにはなりたくない、と思ってしまうのです。
やはり、症状が軽いまたはない人には、良い共通点がたくさんあります。そして、笑顔が大切ということ。笑うという効果は絶大なようですね。症状がない人の特徴、早速マネしてみましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います