普通「頭がいたい」、「寒気がする」、「熱っぽい」といった自覚症状があるときにはみなさん風邪を疑って「内科」を受診することを考えます。
しかし女性で年齢が40歳を超えていて、他にも「肩が凝る」、「生理不順気味」、「不正出血があった」、「疲れが取れない」などが起こっている場合は風邪ではなく更年期障害の可能性が高いと考えられます。
現代社会では女性が仕事を持つことも当たり前となりました。そこで体調不良が仕事に影響を与えている場合には病院を受診するべきです。
今回はもしその不調が風邪や疲れからくる体調不良と更年期障害との区別がつきにくい場合は何科を受診すれば良いのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害は内科だと診てもらえないの?

上を見上げ悩んでいる女性

一口に更年期障害と言ってもそこからくる症状は実に多彩で、実際に発症しても風邪や過労と区別がつかないケースが多いようです。また自分が更年期であるという自覚がない人は体調不良が起こった場合にまず婦人科ではなく「内科」を受診しようと思うはずです。
ただし、更年期の自覚があり、もしかしたら更年期障害かも?と疑っている人は婦人科と内科どちらを受診するか悩んでいるのではないでしょうか?これは結論からすれば「婦人科」が正解です。
ただし、最初に内科にかかったとしても診察を拒否されるわけではなく、更年期障害の疑いが強い場合は受診後に婦人科へと転科になるケースが多いので最初から婦人科を受診したほうが効率が良いという話になります。
また、更年期障害でも精神症状(うつ状態、不眠、頭痛、不定愁訴など)は投薬やカウンセリングの関係で精神科あるいは心療内科を並行して受診する場合もありますので、必ずしも婦人科だけで全ての症状を診てもらえるわけではありません。
そこでここでは症状別に内科・婦人科・精神科に分けてどのような症状を診てもらえるのかについて一覧にしてみましょう。
・婦人科:更年期障害の症状全般。ただし、精神症状が出ている場合には精神科や心療内科を並行受診する場合があります。
・内科:頭痛、貧血、めまい、腹痛、動悸など(こちらは受診の結果更年期障害が疑われるとこれらの症状でも婦人科に転科することになります)
・精神科:うつ状態、不眠、イライラ感、意欲低下など

更年期障害の決め手は血液検査

注射器

では、具体的にその症状が「更年期障害かどうか」という決め手は何かと言うと最終的には採血でホルモン量(エストロゲン量)を調べてもらうことです。
しかし、血液検査は自宅ではやりようがありません。そこで病院を受診することになるのですが、そのとき内科か婦人科のどちらを受診したらいいのかは非常に悩ましい問題ですね。
そこである程度自分で判断するとしたら以下に掲げるチェック・ポイントが当てはまるなら婦人科受診で良いと思われます。
  • 40歳以上である
  • 生理不順がある
  • 不正出血がある
  • 精神症状が出ている
  • 疲れやすくなった
  • やる気が起こらない
  • 顔がほてる、多汗
などです。
これらの症状が合わせて起こっている場合には更年期障害を疑ったほうが良いでしょう。

忙しいし病院に行くほどではないと感じている人に

指をさす眼鏡の白衣女性

自覚症状は感じているけれど病院に行くほどではないという人もいることでしょう。そういう人はセルフメディケーション(病院での治療以外でセルフケアすること)での対処ということになります。
しかし、対策を講じると言っても何をどうしていいのかわからないのではないでしょうか?
そこでこのパートではセルフメディケーションの方法を幾つか紹介していきたいと思います。自分のライフスタイルによって最適なものを選んでください。

生活習慣を改善する

食生活の改善

食事内容の見直しは病院で治療を受けた際にも必ず行われます。これを臨床現場では「食餌療法」と呼んでいます。

更年期障害は女性ホルモン(エストロゲン)不足によって自律神経が乱れ、様々な健康不良を訴えるようになるので、自律神経とホルモンバランスを整えるためには栄養バランスの良い食事を、またエストロゲン不足を補うためにフィトエストロゲンと呼ばれる物質(エストロゲン様物質)として大豆イソフラボンを豊富に含んでいる豆乳、豆腐、納豆のような大豆加工食品を積極的に摂る様にしてください。
また、低脂肪、高タンパクな食事は必要ですが、1日に必要な栄養素を補うためには30種類品目以上の食材がいると言われています。したがって3食きちんと食べるようにしてください。過剰なカロリー制限や偏食による間違ったダイエットはNGです。

運動習慣を身につける

運動で血流と代謝が上がり健康にいいということは誰もが知るところです。これまで運動が苦手だった人はウォーキングやラジオ体操などの負荷の少ない有酸素運動から始めると良いでしょう。散歩の場合は1日30分以上が目安となります。

睡眠時間を一定にする

寝る時間を一定にすることで自律神経のスイッチング(交感神経から副交感神経への切り替え)がスムーズになり、少ないエストロゲン量でも副交感神経の活性化が可能になります。

入浴習慣を身につける

入浴によるリラクゼーションは自律神経の乱れを調整する作用があることがわかっています。忙しいからとシャワーだけですませるよりぬるめのお湯にゆっくりと浸かる様にしましょう。

漢方系の市販薬でセルフメディケーションする

ドラッグストア

市販薬として古い歴史を持つ更年期障害の治療薬が命の母Aとルビーナです。どちらも漢方処方の治療薬になります。
生薬成分がそれぞれ異なりますので命の母Aが効かなかった人はルビーナを試してみるというようにすると良いでしょう。それでも症状が改善しない場合は婦人科の受診をお勧めします。
また漢方と聞くと副作用がないと勘違いしている人も多いのですが医薬品には必ず副作用が付きまといます。このことはよく覚えておいてください。特に市販薬の場合は副作用リスクを自分で管理しなければならないというデメリットがあります。
漢方薬も同様で現在薬局などで購入可能な漢方薬は第2種医薬品に指定されています。

サプリメントを使う

どうしても副作用が気になる人は「重篤な症状ではない」という前提のもとでサプリメントの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

生活習慣の改善は非常に根気と努力が必要な作業です。そこで少しでも生活習慣の改善をサポートするために以下の様な原料を含んだサプリメントを紹介しておきます。
  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • ローヤルゼリー
  • マカ
  • プラセンタ
などです。
サプリメントは食品ですので重篤な副作用の心配はまずありません。また、忙しい人でも手軽に摂取できるのでお勧めです。

まとめ

更年期障害かそれともただの疲労や風邪か?果たして私は内科を受けるべき?それとも婦人科?というのは普通の女性であれば病院に行く前に頭を悩ます問題ではないかと思われます。

しかし、更年期障害全体の治療ということになるとやはりメインは婦人科ですので、年齢的なもの(40歳以上である)ということとホットフラッシュやイライラ感、生理不順、不正出血など更年期障害を疑わせる症状を合併している場合には最初から婦人科を受けるのが良いでしょう。
また、症状はあるけれど病院に行くほどではないという人は本文にあるセルフメディケーションを試してみてください。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います