今更年期障害を患っている人は一体この病気がいつまで続くのだろうかと不安に思っている人が多いのではないでしょうか?それだけ多くの症状が入れ替わり立ち替わりやってきて不安の種が尽きないからです。
しかし、閉経をむかえて再びホルモンバランスが落ち着くと更年期障害は必ず治ります。症状が落ち着くと以前のような生活を取り戻すことができるので「必ず治る時が来る」という気持ちを強く持って治療や対策を講じるようにしてください。
今回は更年期障害に終わりがあるとしたら一体いつどのようにして終わるのか?また、その間はどのようにして過ごせばいいのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害は治るのか?について

指をさす眼鏡の白衣女性

更年期障害は必ず治るというのを冒頭の方で述べていますが、そんなことは信じられないという人も多いのではないかと思います。
そこでこのパートでは必ず治るその根拠というのを説明していきたいと思います。
現在更年期障害を発症している人で治療を受けている人は主治医から「更年期障害とは女性ホルモン(エストロゲン)の分泌不足からくる自律神経失調の一種です」という説明を受けているのではないかと思います。
女性は加齢とともに代謝が落ちて妊娠・出産ができない体つきになります。これを「閉経」と言います。更年期とはこの閉経を間に挟んだ前後5年間のことを意味していて、生理が1年以上完全にこなくなった場合に確定します。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後なので通常の更年期というのは45歳頃から55歳頃を指しています。つまり更年期というのは10年間がひとつの区切りとなるのです。
閉経して卵巣の機能が完全に停止し、そこからエストロゲンが分泌されなくなっても、副腎皮質という部位からは微量ながらエストロゲンが分泌されているので、閉経後はこのエストロゲン量で自律神経が正常に動作するようになります。そうして女性ホルモンが減った状態に体が慣れてしまえば更年期障害は治っていくのです。
閉経は女性であれば全ての人が経験する自然な現象ですのでそれに伴って現れる更年期障害も自然と治る日を迎えることになるのです。
ただし、自律神経やホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れなどの影響を受けやすいためいつ終わるのかについては個人差があり一概には言えないことになりますので、それは頭にしっかりと入れておいてください。

更年期障害が治るまでの道のり

肩を抑える女性

更年期障害は更年期になるまでの生活習慣が大きな意味を持つといいます。つまり、生活習慣が不規則な人は症状も重く、自覚症状が出ている期間も長くなりがちになる傾向が強いということになります。
ただし裏を返せば自覚症状が強くても生活習慣を見直せば症状は軽くなることは十分考えられるということになります。したがって今辛い症状に悩んでいる人はこのパートで説明していることをぜひ実践してみてください。
また、どうしても日常生活や仕事に支障をきたすほどの重症例の場合は無理をせずに婦人科できちんとホルモン量を調べてもらい適切な治療を受けるようにしてください。
辛さ」は慢性化するとせっかく更年期を脱してもダメージが残る場合が考えられます。(うつや不眠などの精神症状は特に要注意です)

生活のリズムをできるだけ一定にすることを継続する

ウォーキングをする女性

前の方でも述べていますが、自律神経やホルモンバランスは日常生活のパターンの影響を強く受けます。
もともと自律神経内でリズムよく交感神経と副交感神経をスイッチングできるようにすれば少ないホルモン量でもスムーズな切り替えが可能になるので、更年期の女性にはとても重要な意味を持つようになるのです。
ここでいうリズミカルな生活とは
・寝る時間、食事の時間、散歩や入浴の時間をできるだけ一定にする
ということです。このパターンを脳が覚えると少ないホルモン量でも自律神経内のスイッチングが可能になります。

食生活を見直す

食事は生き物が生きていく上で最も基本的な行為と言っても過言ではないでしょう。それに健康を維持するために必要な必須ミネラルや必須アミノ酸、またビタミン類は人の体内では合成できない物質なので、食事で補う必要性があります。

歳をとると代謝が落ちてエネルギー消費が減るため食が細くなっていきますが、これが老化を促進させてしまいます。「食べる」ということは健康と若さを維持するためにもとても重要な行為なので決しておろそかにはしないでください。
料理をする女性
その上で更年期になると特に意識してもらいたいのが以下に示す成分です。
・大豆イソフラボン:大豆イソフラボンはエストロゲンの代用となる成分で、フィトエストロゲンともいいます。文字通り大豆や大豆加工食品に豊富に含まれているので、豆乳や納豆、豆腐などを積極的に食べるようにしましょう。
・カルシウム+ビタミンD:更年期が終わると今度は高齢期が待っています。女性は高齢期になると骨粗鬆症を発症するケースが多いのでカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも意識しておきたい栄養素です。
カルシウムは乳製品や小魚類、ビタミンDはキノコ類や卵に多く含まれています。
・ビタミンC:医療用としても認められているほど高い抗酸化力がある成分です。レモンやイチゴなどに多く含まれているので、食後のデザートから摂取しましょう。

・食物繊維:便秘は美容と健康の大敵です。食物繊維をとって腸内環境を整えることで胃腸への負担が減り、免疫力が向上し、またダイエット効果も抜群です。

・乳酸菌:食物繊維と合わせて摂取したい健康成分です。腸内環境を整えるには必須と言っても良いでしょう。また、乳酸菌を摂ることで花粉症などのアレルギー症状が緩和することが近年の研究で判明しています。上記のビタミンCやカルシウムと一度に摂るなら食後のデザートにはフルーツヨーグルトなどが最適です。
・タンパク質:加齢によって代謝が落ちると新しい細胞を作る力が弱まってきます。細胞の材料になる基本的な栄養素はタンパク質なので、低脂肪な鳥のササミや胸肉、魚介類、赤身肉などの良質なタンパク質を意識して摂るようにしましょう。

適度な運動習慣を身につける

ストレッチをする女性

更年期障害に関するデーターには運動習慣を持つ女性の方が更年期障害を発症しにくいかあるいは、発症しても重症度が低いという結果が出ています。
運動することで代謝があがり、自律神経の乱れがそれほど大きくならないのがその理由なのですが、特に筋トレをすることで予防効果が高まるとされています。
なぜなら全身から発せられる熱量のおよそ60%は骨格筋から出ているからです。それだけ筋肉を動かすということで代謝を上げることが可能だということになります。また、65歳を過ぎてからでも筋トレは十分な健康効果を発揮することが証明されているので運動習慣は是非身につけるようにしてください。
ただし、今まで運動したことのない人やあまり運動が好きではない人はウォーキングやヨガ、ストレッチなどの負荷の軽い有酸素運動から始めるようにしてください。それでも更年期対策としては効果があります。

ストレス解消法を身につける

前述したようにホルモンバランスや自律神経はストレスの影響を強く受けます。もちろん良い方に作用するはずはなく、ストレスコントロールは更年期対策としてとても重要な意味を持っています。

趣味を持つなどしてストレスを上手に発散するようにしてください。ただし、熱中するだけでストレス解消効果のない「ギャンブル」、「何かへの依存症」、「深夜に輝度の高いモニターを見続けるテレビゲームやSNS」あるいは健康被害の大きい「喫煙」、「過度の飲酒」は逆効果なのでやらないようにしましょう。

体調が悪い時は我慢しない

頬に手をあて悩んでいる女性

更年期障害の中でも特に注意しなければならない症状の一つが
  • うつ
  • 不眠
  • 不定愁訴(イライラする、怒りっぽくなる、急に強い不安感に襲われる)
  • 易疲労感
  • やる気の欠如
などの精神症状です。
これらは平素真面目で責任感が強い人ほどなりやすいと言われているので、体調が悪い時は我慢や無理をしないで家族に相談して家事を手伝ってもらいゆっくり休むようにしましょう。
繰り返しになりますが、ストレスは更年期にとって大敵なのです。

より手軽に生活習慣を改善したい人のために

女性の社会進出が目立つようにあり40代や50代では役職につく女性の姿も珍しくなくなってきました。そんな忙しい現代女性の更年期障害対策としてより手軽に導入できて、さらに生活改善のお役に立てるサプリメントがあれば対策は立てやすくなります。

ケースに入ったサプリメントの写真
そこで今回はその一例として「高麗人参」をあげてみましょう。高麗人参といえばすでにお馴染みですし日本でも古い歴史を持つ和漢です。
しかし、元はと言えば健康食材ですので副作用などの心配はありません。さらに、長年の研究によって高麗人参にしか含まれていない「ジンセノサイド」と呼ばれる成分が「めぐり」を改善し日中はよりアクティブに夜間はよりリラクゼーションが取れるように働いてくれるのです。
仕事を持つ現代女性ならなおさら生活習慣の改善、特に食生活の見直しはとても骨の折れる作業です。そこで更年期対策サプリメントをうまく利用して更年期を過ごしてほしいと思います。

サプリメントなら食品ですので仕事や家事の合間にさっと飲めてとてもお手軽。これなら毎日続

けることができるのではないでしょうか?やがては終わる更年期ですがそれまでの間少しでも元気で過ごせればいうことはありません。

まとめ

更年期障害は発症しても閉経して再びホルモンバランスが落ち着きを見せると自覚症状も自然と消失していきます。しかし、長い人では10年以上辛い自覚症状に苦しむ人がいることも事実です。

そこで少しでも更年期の辛い状態を改善するためには生活習慣を見直すことがとても重要なのですが、忙しい現代女性にとって家事の手間を増やすというのはそれ自体がストレスになります。
そこで高麗人参サプリメントのように「めぐり」を改善して乱れたホルモンバランスを再調整してくれるような食品を活用して楽に更年期を乗り切っていただきたいと思います。
以 上 
PR

ストレスなく更年期を対策する方法のひとつにサプリメントはいかがでしょうか

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います