更年期障害の症状が眠りに影響すると、夜眠りたいのに寝付けない、寝ても目が覚めてしまう、気持ちが高ぶって眠りにつけない・・・など不眠から「寝不足」の状態につながるケースが見られます。

寝不足」が続くと家事や仕事に身が入らないなど日常生活に悪影響を与え、日中に眠気が襲い昼寝をしてしまうことでまた夜に眠れなくなり、睡眠のサイクルが狂いはじめてしまいます。
寝不足によって更年期に影響を与えるホルモンバランスが乱れやすくなり、更年期障害の症状がさらに悪化、ということもあり体調は悪循環に陥ります。
そこで、更年期にお悩みの方が多い「寝不足」を取り上げ、原因を知ることで改善へとつなげていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の症状が影響して「寝不足」になってしまう理由とは

寝付けない女性

更年期を迎えると、加齢による卵巣機能の低下などから女性ホルモン「エストロゲン」が十分に分泌されなくなります。
すると生殖機能の低下に加えて脳の視床下部が混乱し自律神経が乱れます。体温調節や心のバランスを保つ役割をしていた自律神経が乱れると、心身に様々な症状が現れ寝不足という状態を引き起こします。
更年期障害の影響によることは、次のように考えられます。
  • のぼせやほてりなどホットフラッシュに伴う不快な寝汗などが影響して、ぐっすり眠れない、寝ても寝汗で目が覚めてしまう
  • 自律神経の乱れから、夜間になっても興奮作用のある交感神経が活発になり、落ち着いて寝付くことができない
  • 心の落ち込みが強く、不安や心配事などから不眠、寝不足になる
さらに、40~50代の更年期の年代は、子供の受験や巣立ち、夫の定年、親の介護や死別など人生の節目とも言える大きな出来事が到来しやすく、ストレスや疲労を抱えやすくなります。
ライフスタイルの変化も影響し、ストレス、疲労から夜眠れないといった更年期障害の症状がさらに悪化するケースも見られます。
寝不足」を解消するためには、セルフケアで更年期障害をコントロールすることも大切です。おすすめのケア方法をご紹介していきましょう。
・更年期に減少していくエストロゲンを補うために、エストロゲンと同じような作用を持つ成分(イソフラボンなど)を含む食品を毎日の食事で意識して摂り入れる
指差す白衣女性
・夜間はリラックスさせる副交感神経が優位に働き眠りやすくするために、寝る前の入浴はシャワーだけでなく、温めのお湯の湯船にゆったりとつかることを心掛ける
・入眠効果やリラックス効果のあるアロマオイル(ラベンダー、カモミールローマン、オレンジスイート、ゼラニウムなど)を利用して、眠りやすい環境を整える
・夜になってから自然な眠りにつけるように、日中はウォーキングなど軽い運動を取り入れたり、できる範囲で体を動かすようにする
・眠りにつく3時間前までには食事は済ませ、消化に悪い食べ物や刺激の強い香辛料などは控える
・コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている飲み物を摂取する時間に注意する(寝る前は避ける)
寝酒は飲酒量が増えてさらに不眠を引き起こす可能性もあるので、頻繁に行わない
・寝る前は部屋の照明は暗めにし、スマホやパソコンは見ないようにする
まずは、上記でお伝えしたように自分でできるケアからはじめてみましょう。
それでもなお寝不足の状態が続いたり、更年期障害の悪化、体調不良につながる場合は、病院にかかることも視野に入れておきましょう。

まとめ

不眠の治療としては、睡眠薬を服用する薬物治療が主になっているようです。睡眠薬は医師の指導のもと、上手に使えば症状の回復につながります。

自己判断で服用をはじめてしまうと使用量が増えたり、やめるタイミングが分からず依存に苦しむケースも出てきてしまうので、医師や薬剤師の指導を受けるようにしましょう。
また、更年期障害の症状が影響している場合の寝不足では、更年期障害の症状を改善させることが寝不足解消のポイントになります。更年期障害の症状がツライと感じたら、躊躇せずに病院で診察を受けるようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います