平均50歳と言われている閉経の前後5年ずつ、約10年間ほどの期間は更年期とされていて心身に様々な変化が起こりやすくなります。

症状は非常に軽い方から重い方まで千差万別です。症状が重く出てしまうと、寝込んでしまうほど辛いというケースもめずらしくはありません。
また、やることもたくさんある年代の中で外出もできない、人と合う気力もない、仕事も出来ず辞めてしまった・・・など何もできず寝ているだけという状況は、先の見えないトンネルの中にいるようで辛い毎日でしょう。
そこで、今回は更年期障害が原因で寝込んでしまうという状況を取り上げ、原因を知り元気に一歩ずつ近づいていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害が原因で、寝込んでしまうのはなぜ?

寝込む女性

更年期になると女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、自律神経の乱れなどから様々な変化が訪れます。
更年期障害による症状のあらわれ方は人それぞれですが、「寝込む」という状況に陥る原因として考えられることに、次のようなことが挙げられます。
・更年期障害による身体的な症状、めまい、頭痛、吐き気、肩こり、ホットフラッシュ、などの症状がひどく、日常生活を送ること、外出や通勤が困難になる
・更年期障害による精神的な症状、うつ、倦怠感、不眠、不安、などの症状がひどく、やる気が起こらない、人に会いたくないなどの気持ちから寝込んでしまう
「寝込む」という状況に陥るのは、日常の生活に支障が及び、更年期障害の症状が非常に強く出ている証拠です。
軽い症状のうちはセルフケアで対応できることもありますが、「寝込む」という症状がある場合は、速やかに病院で医師の診察を受けるようにましょう。
更年期障害の可能性が高いなら、婦人科でホルモン検査などを行い更年期障害と診断されたらホルモン補充療法(HRT)や漢方薬による治療などを行っていきます。
また、うつなどの精神的な症状が強く出ているケースでは、精神科や診療内科での治療が行われる場合もあります。本人が寝込んでいる状況では、自分の意思では通院に結びつかないこともあります。
近くにいる家族や知人が寝込んでいる状況に気づいたら、ぜひ通院することを勧めて下さい。適切な治療を受けることで、驚くほど症状が軽くなる例もたくさんあるからです。

まとめ

「寝込む」ほど辛いということは、よっぽど体や心が動かない状態です。
以前、産後うつ病を患った時は、朝起きても体を起こすことさえできず、ご飯も食べたくない、何もできないほど体が沈み込むように重かった記憶があります。

はじめは、病院へかかるのも面倒に感じ拒否していましたが、薬を服用することで回復に向かいました。更年期障害との付き合いは、長いケースでは10年近くに及ぶこともあります。
しかし、必ずトンネルの出口はあり、日常生活の改善や適切な治療によって出口の光に近づくこどは可能です。寝込んでしまうほどの症状は大変つらいことですね。
しかし、殻から一歩飛び出して何ら行動を起こしてみることも回復に近づくためには大切なことになりそうですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います