更年期に入ってから、夜になっても眠くない、なかなか寝れない、寝ても途中で目が覚めてしまう、眠った気がしないほど眠りが浅い・・・など「寝れない」という症状が現れることがあります。

夜になっても眠れないことで逆に昼間に眠くなり、日中に家事や仕事が手につかないほど眠気に襲われ困っているという体験談も目立ちます。
寝たいのに眠れないという状況は気持ちが焦り、寝れないことが続くと体力も衰え心もバランスを崩しやすくなります。
そこで、今回は「寝れない」という症状を取り上げ、更年期障害との関係を見ていきましょう。

スポンサーリンク


更年期で「寝れない」のは、暑いことも影響する

あくびをする女性

まず、更年期になって「寝れない」ことが多くなる原因を追究してみましょう。
更年期になると女性ホルモンの「エストロゲン」が減少し、自律神経のバランスが乱れます。
このことが影響して、更年期障害と言われている心身に様々な変化や症状が起こります。この更年期障害の症状の中に「寝れない」という症状があります。
本来、夜になると副交感神経が優位になりリラックスして眠れる状態を作り出すのですが、更年期の自律神経の乱れによって働きが乱れ、夜になっても興奮作用のある交感神経が優位になっていて「寝れない」という状況を引き起こしているケースがあります。
さらに、更年期障害のうつ、ホットフラッシュなどの他の症状が影響して、質の高い睡眠が得られない場合もあります。
しかし、眠れないという原因は更年期障害が原因だけではありません。以下でご紹介するようなことが原因になっていて、十分な睡眠が得られないこともあります。
・むずむず脚症候群
眠りにつこうとすると、足や太ももに虫が這うようにむずむず、チクチクした不快感が伴い眠れない。
・薬剤性不眠
治療中に病のために服用している薬の影響や副作用で眠れず、不眠症を引き起こすこともあります。
・夜間頻尿
就寝についても夜中に何度もトイレに起きてしまう。糖尿病、腎不全、心不全、膀胱炎、婦人科系疾患の影響も考えられます。
寝れない」状態が続いているのなら、更年期障害の症状が他に起きていないか確認し、婦人科など検査を受けることも大切です。また、他の病の可能性も視野に入れて、症状が改善されない場合は病院の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

夜に寝れないと、その反動は昼間に回ってきます。寝れないと悩んで悶々としてしまうとストレスが溜まり余計に神経が高ぶります。寝れないからといって、夜になってパソコンやスマホを見るのはやめましょう

灯りは暗くして、リラックスできるような空間を作り出すことが大切です。また、夜は香辛料やカフェインなど興奮作用につながる食べ物や飲み物は控えることをおすすめします。
寝れないからといって、寝酒に頼るとアルコールに依存してしまうケースもあるので、飲む量には注意しておきましょうね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います