更年期障害は40代~50代に発症することが多く、体や心に様々な変化が現れます。
症状の軽重は人それぞれで、気づかないほど軽い人から重い症状では「寝たきり」になってしまうケースも少なくはありません。

ある有名人も更年期障害によって心がふさぎ込み外に出ることも出来ず、ほぼ家で寝たきり状態になってしまったということを告白しています。
寝たきりの状態で、外出もできず家事もできない状況はとても辛く、なかなか症状が改善されないことでますます心が落ち込んでしまいます。
そこで今回はお悩みの方も多い、更年期障害の「寝たきり」に注目し、改善方法などを見つけていきましょう。

スポンサーリンク


更年期における「寝たきり」の状態とは

寝たきりの女性

更年期になると女性ホルモン「エストロゲン」が減少することで、ホルモンのバランスが崩れます。
すると自律神経が不安定になり、倦怠感、情緒不安定、ほてり、のぼせ、不眠など様々な症状が現れます。
悩まされる方も多い不眠の逆の症状もあり、眠気が強い、寝てばかり、寝たきりというケースも見られます。
特に寝たきりという症状の場合には、更年期障害の体調不良や強い倦怠感で体が動かないことに加えて「更年期うつ」が影響して引きこもりがちになり、寝たきりの症状に進行することもあります。
寝たきり」になってしまう症状の他にも、ホットフラッシュなど更年期障害によく見られる症状が現れているのなら、セルフケア対策を行っていきましょう。
減少している女性ホルモン「エストロゲン」と同じような作用を持つ成分を含んでいる食品を積極的に摂取したり、更年期障害に特化した市販薬やサプリメント、漢方薬などを利用してみましょう。
それでも症状が改善されずつらいと感じるなら、迷わず婦人科を受診し適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ

深い沼に沈んでしまったような感覚で、家事も出来ない、誰にも会いたくないという状況はとても辛いことです。しかし、そこまで症状が悪化し心がうつのようになってしまうと、本人だけで立ち直ることは困難かもしれません。

きっと、病院へ行こうという考えにもならず、気力も沸かないからです。こうなったら周囲が更年期障害について理解し、サポート、協力してあげることも大切です。
婦人科では、更年期障害の症状を緩和させる薬や方法が揃っています。必要であれば心のケアを行う専門機関も紹介してくれるでしょう。体調が優れない、心が落ち込みなどの症状が現れたら早めに医療機関へかかることも必要ですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います