思春期のイメージが高い「ニキビ」ですが、実は大人にもニキビは関係することがあります。

特に更年期に入ってから、ニキビができやすくなったというお悩みが急増し、ニキビケアをしてもなかなか治らないといった体験談も見られます。
更年期にできやすい大人ニキビのケア方法は、肌質が若いころとは変化していることから、あるポイントが鍵となりそうです。そして、なぜ更年期にニキビが増えるのかという原因を知ることで、適切な対応ができるようになるでしょう。
そこで、今回は更年期に出来やすいニキビの特徴と原因についてお話しし、更年期のニキビケアについてポイントをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


「ニキビ」は更年期障害の影響による症状

ニキビを気にする女性

更年期にできるニキビの原因は、思春期のニキビと異なるようです。
まず、更年期の肌は、加齢による女性ホルモン「エストロゲン」の減少で水分量が低下し潤い不足に、乾燥しやすい状態です。これ以上、潤いを逃すまいとして皮脂の分泌は活発化しニキビの原因になります。
また、加齢によって肌の新陳代謝が低下、ターンオーバーの周期が乱れ、新しい肌にへの生まれ変わりがスムーズに出来ず、古い角質が残りやすくなります。古い角質が毛穴や皮脂の出口をふさぐことで、ニキビができやすくなります。
更年期で感じやすい強いストレスによってコチゾールという物質が過剰に分泌されるので、男性ホルモンの分泌が促され皮脂を出す線が活発になり、ニキビが増えます。
更年期のニキビの原因には、減少する女性ホルモンの影響が関係していて、肌トラブルが起こりやすい肌質に変化していると言えるでしょう。
では、更年期のニキビケアは、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
綺麗な肌の女性
乾燥しやすい更年期の肌は、潤いが少なくなっていて、それを補おうとする皮脂の分泌がニキビを引き起こします。
そのため、油分を控えようと考えるかもしれませんが、一番意識したいのは水分を油分のバランスで保湿ケアを怠らないということです。洗顔後は化粧水だけ済ませないで、乳液によって保湿ケアをしっかりと行いましょう。
また、食事からの栄養の偏りもニキビへ影響を与えてしまいます。揚げ物やスナック類は控え、油っぽい食事、糖分の多い食べ物も控えるようにしましょう。
また、皮脂を過剰に分泌させてしまう男性ホルモンの分泌を抑えるためにも、コチゾールが分泌される原因となるストレスを溜めないように、解消するように努めていきましょう。

まとめ

顔が皮脂でベタベタすると、思わず乳液を怠って化粧水だけで終わらせてしまいます。

忙しい時は、なおさら手抜きです。潤いがないことで油分が分泌されてしまうということから、潤いを保つことがニキビ改善へのスタートですね。
水分量が少ない肌は、ニキビだけでなく、シミやしわ、たるみの原因にもなります。肌の老化を進行させないように、更年期にあった肌のケアはしっかり行っていきましょうね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います