更年期障害が確定診断されたら治療としてまずはHRT(ホルモン補充療法)が行われます。

しかし、HRT以外の投薬治療もありその際には、自律神経を整える薬、プラセンタ療法、漢方薬、(セルフメディケーションとして)市販薬などが使われています。
投薬の内容については詳しく本文で説明しますが、婦人科で出される薬以外にも「うつ」や「不眠」などの精神症状が起こっているときは精神科や心療内科で向精神薬や睡眠薬も処方されます。
このように一口に更年期障害治療薬と言ってもその種類は症状や身体状態に合わせて変わるので、今回は総合的に更年期障害時に用いられる治療薬について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害の治療薬

錠剤

更年期障害の治療薬には
1).HRTで使用されるホルモン製剤
2).プラセンタ療法(プラセンタエキス)
3).漢方薬
4).その他の治療薬
5).市販薬
があります。
それではそれぞれの治療法で使われる薬を紹介していきましょう。

HRT(ホルモン補充療法)

・経口薬(飲み薬):プレマリン(エストロゲン製剤)、デュファストン(プロゲステロン製剤)、ウェールナラ(エストロゲン+プロゲステロン複合剤)

・貼り薬:エストラーナテープ(エストロゲン製剤)、メノエイドコンビパッチ(エストロゲン+プロゲステロンの複合製剤)
・塗り薬:ディビゲル(エストロゲン製剤)、エストロジェル(エストロゲン製剤)
これらの薬を症状や身体状態に合わせて使い分けます。
基本的にはエストロゲン製剤+プロゲステロン製剤という形での投与になりますが、これは子宮がある人の場合で、エストロゲンを薬で補うとはいっても精緻なコントロールは難しいため、エストロゲンの過剰分泌によって起こりやすくなる子宮がんなどのエストロゲン由来疾患の発症を抑制するために黄体ホルモン製剤も投与して卵胞ホルモン製剤の過活動を予防するための治療法になります。
また乳がんもエストロゲン由来疾患の一つで、卵胞ホルモン製剤の投与によって発症リスクが上がるという説もありますが、現状では5年未満の服用期間であれば、そのリスクは低いと言われています。
一方で子宮の摘出手術を受けている人やHRTの服用開始3ヶ月以内の場合はエストロゲン製剤単独での使用も可能となります。
HRTは更年期障害起こす人のおよそ80%以上の人が経験するといわれている「ホットフラッシュ」という自律神経の乱れからくる体温調整異常に対しての治療効果が高く、この症状は比較的更年期障害の初期症状としてでやすいので、早い段階でHRTを開始すれば他の症状も軽度で済みます。
暑そうにする女性
デメリットしては3ヶ月以上の長期服用が前提であることと、生理周期を正常な状態に近づけて更年期障害を改善するのが目的のため、出血があるということです。
またエストロゲンの増加によって、生理不順、不正出血、乳房の張りと痛み、吐き気、嘔吐、動悸、興奮、肝機能障害などの副作用があります。外用薬(貼り薬とクリーム)については飲み薬よりも副作用は軽いものの、使用法にコツがあり、使用した部分に湿疹や発疹、かゆみなどの皮膚症状が出る場合もあります。

プラセンタ療法

HRTよりも副作用が少ないと言われている治療法ですが、こちらは注射による治療のため頻繁に通院するという負担がかかります。

プラセンタとは胎盤エキスのことで医療用医薬品に限り人由来のプラセンタエキスが用いられるため、目立った副作用は少ないとされています。ただし、場合によっては生理不順や不正出血、下腹部痛などの症状が起こる場合もあります。

漢方薬

HRTやプラセンタ療法が適用されない人、あるいはこれらの治療の効果をサポートしたり他の症状の緩和の際に漢方薬が処方される場合があります。医療用医薬品の場合は番号による表示になりますので、一般名と合わせて紹介していきます。

・ツムラ23番(当帰芍薬散):貧血気味で痩せており、血色が悪く冷え性の人に対して処方される漢方薬です。
・ツムラ24番(加味逍遙散):虚弱体質でのぼせがありなおかつイライラなどの精神不安のある人に対して処方される漢方薬です。
・ツムラ25番(桂枝茯苓丸):体力は中程度で赤ら顔、下半身の冷えを伴うホットフラッシュや腹部膨満感などがある人に対して処方される漢方薬です。
*漢方薬と言っても副作用はありますし、また体質によっても効き目が異なり、さらに空腹時に服用するという通常の薬とは違う飲み方が必要なため、飲み忘れなどのリスクがあります。
*一般薬として購入するときは漢方に詳しい薬剤師がいる薬局やドラッグストアで相談しながら購入するのが良いでしょう。(購入の際は薬品名で購入します、番号はあくまでも処方箋が必要な医療用医薬品となります)

その他の治療薬

病院で出されるような形の薬

HRTやプラセンタ治療が行えない人は自律神経を整える薬として「グランダキシン」や「ジヒデルゴット」、「ハイゼット」などが処方されますが、いずれも目立った副作用はないものの効き目もマイルドで症状が強い人には高い治療効果が望めないというデメリットがあります。(稀にふらつきや眠気などを覚えるケースがあります)

また、腰痛や頭痛、首や肩の強い凝りを起こしている場合には痛み止めや筋弛緩剤、うつや不眠、不定愁訴などの精神症状を起こしている場合にはデパス(エチゾラム)などの抗不安薬、マイスリーやレンドルミンなどの睡眠導入剤、SSRIなどの新規抗うつ剤などが精神科や心療内科から処方されることになります。

一般薬

更年期障害の一般薬としては

  • 命の母A(小林製薬)
  • ルビーナ(武田薬品工業)
  • ラムールQ(ツムラ)
などがあります。
いずれも生薬をメインとした独自の漢方処方で、各種ビタミンやミネラル類を補強したり、ルビーナの場合は連珠飲といって二つの漢方を独自にブレンドして効果を高めるという工夫がなされています。
副作用はそれほど強くありませんが、稀に動悸、下腹部痛、吐き気、嘔吐、赤ら顔などの副作用が出ることがあります。

更年期障害治療薬を飲むと太るって本当?

更年期障害の薬を飲むと太るという噂がインターネットなどを通じて広がっています。確かにデュファストンなどは副作用として「体重増加」というのが報告されていますので、この噂はデマというわけではありません。

しかし、そもそも論として更年期にはいると加齢によって筋肉の量が落ち、基礎代謝が落ちることで消費するエネルギー量が減り、その分太りやすくなっているという事実もあります。
したがって一概に薬の副作用で必ず太るということはありませんので服用する前には医師からの説明(インフォームドコンセント)をしっかりと受け、疑問点や不安な点を解消しておく様にしましょう。

まとめ

更年期障害の治療法には幾つかの種類がありますが、いずれも投薬治療が主となります。

中でもメインなのはHRTと呼ばれるホルモン補充療法で、分泌量が減ってしまった女性ホルモンを薬で補い、正常な生理周期に近づけることで自律神経の乱れを最小限に抑え自覚症状を和らげるという方法になります。
現在では薬の改良が進みかなり副作用は軽減されていますが、それでも人によってはこの治療が受けられないケースがあります。
そこでそれ以外の選択肢としてはプラセンタ療法や漢方薬、自律神経調整薬などが用いられ、精神症状が出ている人には精神科や心療内科での投薬があわせておこなわれます。
またセルフメディケーションとして一般薬もありますので症状がさほど重たくない人は一般薬も検討してみると良いでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います