気温が高いわけでもないのに顔や上半身が急にカ~っと熱くなったり、お風呂上りのように頭がぼ~っとするような感覚は、更年期障害で表れやすい症状のひとつです。
自分の意志に反して、時と場所関係なく起こる更年期の「のぼせ」は、人前でも急に起こったり頻繁に続くこともあり恥ずかしい思いをして日々悩まされるているという声も多く聞かれます。
のぼせは、更年期障害での主な症状のひとつであることは確かなのですが、他の病が関係している可能性もあり注意しておきたい症状です。
そこで今回は、更年期障害ののぼせに注目し、原因や対策方法についてお話しをしていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害によって起こる「のぼせ」とは

のぼせる女性

のぼせ」は、頭や顔を中心にして異常な熱感を感じる症状のことを指します。
のぼせに体が熱く感じるような症状が加わわると「ほてり」となります。
「のぼせ」は、自律神経が乱れ血管の収縮、拡張がうまくできなくなり血流が滞ることが原因で、頭部に血液が集中し起こります。
この自律神経の不調は更年期になってホルモンバランスが崩れる更年期障害から引き起こされていることから、更年期障害との関係が深いと考えられています。
更年期障害が原因で起こる「のぼせ」は、日常生活を見直し生活習慣を改善したり、適度な運動を取り入れるなどのセルフケアをすることで自律神経の働きを安定させ、症状を緩和させることが可能です。
しかし、そのようなセルフケアを試みても症状がなかなか改善されない場合は、風邪やウィルス性の感染症、熱中症、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)高血圧症など、他の病気が原因になっている可能性もあります。
症状が悪化したり良くなる兆しが見られない場合は、我慢せずに病院にかかるようにしましょう。

まとめ

のぼせの症状が続くと、頭がボ~っとしてしまい思考能力が低下し、ふらふらした感覚にもなります。

とても不快なのぼせの症状ですが、血流の流れを良くしてあげることで改善できるので、更年期によるホルモンの減少を抑えたり、規則正しい生活を心掛け全身に血液がまわるように心がけましょう。
また、ストレスの溜まりやすい更年期では、出来るだけストレスを解消しリラックスする時間が必要になります。ストレスが多くなると交感神経が働いて、体が緊張した状態が続きさらに血流が滞るからです。
まずは、自分でできる改善方法から取り組んでいきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います