40歳を過ぎた頃からいよいよ気になりだすのが「更年期障害」でしょう。
この病気は全女性の60%以上がかかると言われています。どうしてこんなにも多くの人がかかるのかといえば、それは「閉経」という女性であれば避けては通れない自然の摂理に至る過程で生じる健康被害だからです。
中でも多いのが多汗、ほてりなどを起こす「ホットフラッシュ」、イライラする、強い不安感を覚えるなどの「不定愁訴」、やる気が起こらない、動くことすらままならなくなる「うつ状態」、強い「肩や首筋のこり」など複数の症状がありますが、その中の一つに「喉の違和感」も挙げられます。
しかし、耳鼻咽喉科で調べてもらっても喉には異常が見当たらないとすればそれは「ヒステリー球(咽喉頭異常感症)」と呼ばれるもので、原因は更年期障害にあるのかもしれません。
今回はこの知られざる更年期障害と喉の違和感について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になると起こる喉の違和感の正体とは?

喉を抑える女性

更年期とは年齢でいえば45歳〜55歳ころのことを指しています。
というのも「更年期」の医学的な定義が“閉経を中心とした前後5年のこと”とされていて、日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳〜51歳ころなので、45歳〜55歳が一般的な「更年期」と考えられているのです。
しかし、これはあくまでも平均値であり個人差のことを考えると大体40歳を過ぎてからいくつかの原因不明の体調不良が現れ出すと更年期障害の疑いが高まります。
更年期障害とは更年期に現れる体調不良の総称ですが、その直接的な原因は“自律神経の乱れ”です。自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経に大別され、どちらも性ホルモンの刺激を受けて活性化します。
交感神経とは日中、あるいは活動中にテストステロンという男性ホルモンの刺激によって活性化します。主な働きは集中力を上げたり、血管を収縮させて血流を上げ体が活動しやすい状態にするなどになります。
また物理的あるいは精神的なストレスに対抗するための中枢神経という役割もあります。
一方の副交感神経はエストロゲンという女性ホルモンの刺激で活性化し、寝ている間やリラクゼーション中に心身の傷を癒し、血管を広げて血圧を適度に下げ、代謝を促してメンテナンスを行うための自律神経です。
指差す白衣女性
閉経に向かうということは女性ホルモンを作り出している卵巣の機能が次第に低下し、エストロゲンの分泌量が不安定になることで自律神経にも悪影響を及ぼします。
特に体のメンテナンスを行う副交感神経が不活性化するとそれだけ疲労物質やストレス、それに老廃物が体に蓄積しやすくなってしまうため、辛い自覚症状がいくつも現れてくるというのが女性の更年期障害です。
今回はこうした更年期障害の一つとして突如現れてくる「喉の違和感」について説明していきます。どうして更年期になると喉に違和感を覚えるのか?そこには主に3つの理由があると考えられています。

更年期障害の症状としての喉の違和感

上記のように更年期障害を発症しているということは自律神経が乱れているということで、体のあちこちに異常をきたすようになります。

特に神経の異常状態なので喉の筋肉を制御している神経にも異常が発生し、喉が詰まったり、ものがうまく飲み込めなくなるという違和感を感じるケースがあります。

ストレスからくる喉の違和感

また、更年期障害になると精神症状の発症頻度が高くなります。
特に代表的なのが

  • いらいらする、怒りっぽくなる
  • 強い不安感を感じる
  • うつ状態
  • 不眠
などです。
イライラしている女性
このように精神的なストレスが高まる状態のときには「ヒステリー球(咽喉頭異常感症)」という症状を合併しやすくなります。
ヒステリー球とは喉頭ファイバーなどで調べても喉には特に異常が見られないにもかかわらず、炎症を起こしたかのような灼熱感を喉の奥の方で覚えたり、ボール状の異物が胸から口にほうに移動してくるような違和感や息苦しさを覚える症状です。
細かい原因はわかっていませんが、不定愁訴やうつ、不眠は自律神経の乱れからくる精神症状なので、精神的なストレスが原因ではないかと考えられています。
ヒステリー球が起こると誤嚥(ものがうまく飲み込めなくなること)が起こりやすいので、つまり感を軽減するために何かを飲食するよりも暗いところで安静にしているのが一番良い対処法になります。

その他の病的ん原因による喉の違和感

喉に違和感や異物感を覚えるのには他にも「病的な原因」が考えられるケースがあります。
その中の一つに

・甲状腺関連疾患
が考えられます。甲状腺は喉にある免疫系組織の一つで、喉粘膜に病原菌などが取りつくと異常を検知して熱を持ちます。この熱で病原菌をやっつけるためです。
しかし、甲状腺の病気(バセドウ氏病、橋本病、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺がんなど)が起こると病原菌以外の原因でも甲状腺が腫れて違和感を覚えるようになります。
また、胃腸が弱い人は胃酸過多から
・逆流性食道炎
を起こし、胃酸や胆汁が食道側に逆流する「呑酸」という症状によって酸っぱいものがこみ上げてきたり、喉が焼けるような感じを覚えることがあります。
*甲状腺や胃腸の障害は自律神経が乱れることでも起こりますし、ストレスはホルモンバランスや自律神経に大きな影響を与えるのでこの3つの原因は互いに因果関係が深いと言えるでしょう。
いずれの場合も一度医療機関(耳鼻咽喉科)で診察してもらい、適切な治療を受けることをお勧めします。

まとめ

40代になって急に喉が詰まる、焼けるような感じを覚えるなどの場合には

  • 更年期障害による喉の違和感
  • 精神的なストレスからくる喉の違和感
  • 甲状腺機能疾患や逆流性食道炎などの胃腸障害からくる喉の違和感
などが考えられます。
病的な原因が考えられるので喉に違和感を感じる場合は一度耳鼻咽喉科を受診してみてください。
その結果更年期障害(自律神経の乱れ)や精神的なストレスが原因で起こるヒステリー球(耳鼻科では咽喉頭異常感症という診断名)の場合は
  • 更年期障害対策あるいは治療
  • ストレスケアの実践(趣味や旅行など)
によっても改善は可能です。
まずは原因をしっかりと見極めて適切な治療を受けるようにすることが重要です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います