風邪を引いているわけでもないのに食べ物が喉に詰まっている感じがして、固形物が飲み込みにくい感覚は、何か悪い病気かもと心配になったり、食事中にむせることで焦ってしまったりして困る方も多い症状です。
このような飲み込みにくいという感じは高齢者だけでなく、更年期を迎える40代半ばくらいからでも多く見られるお悩みです。
様々な不調が起こりやすい更年期障害では、喉に違和感が起きたり食べ物を上手に飲み込めないという症状も起こりやすくなりますが、稀に他の病の可能性も潜んでいます。
正しく原因を知り根本的な改善に努められるように、今回は更年期障害での飲み込みにくいという症状を取りあげていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害によって飲み込みにくい、むせるのはどうして

喉に詰まりを感じる女性

30代~50代の女性にかけて多く見られるようになる、飲み込みにくい、むせるという症状は「咽喉頭異常感症」と言われていて、喉に違和感を感じたり、イガイガする、ムズムズする、ヒリヒリする、喉の痛み、食べ物が飲み込みにくい、むせるという症状が主に見られます。
咽喉頭異常感症は、病院へかかっても診察や検査を受けても原因が特定できないことが多く、ストレスや疲労が原因に関わって生じていることから「ヒステリー球」とも呼ばれています。更年期障害は、加齢に従って女性ホルモンのエストロゲンが減少し自律神経が乱れることでおこります。
自律神経はストレスによっても崩れやすいので、ライフスタイルが大きく変化する更年期という世代はストレスや疲労を受けやすいことがきっかけとなり、喉にも異変が起こる可能性が高くなります。
更年期障害で生じやすい飲み込みにくいという症状を改善させるには、ストレスを溜めずに解消し、上手にストレスの波と付き合っていく必要があります
喉の違和感は、更年期障害や咽喉頭異常感症だけが原因ではなく、糖尿病、甲状腺や食道の疾患などが関わっている可能性もあります。喉に起こる症状が気になったり、症状が強くなる場合は症状を放置せず、病院での診察を受けるようにしましょう。

まとめ

芋類やカボチャ、パサパサした食べ物は普段からも飲み込みにくく、加齢に従ってむせる頻度も多くなってきます。飲み込みにくい時は、水分を程よく含んだのど越しの良い食品を選ぶといいでしょう。

飲み込みにくいと、人と食事をしている時にむせってしまったり咳が止まらなくなったりして恥ずかしい思いもしてしまいますね。喉につまり飲み込みにくいと感じるようになったら、食事前、食事中ともにこまめに水分を補給し喉を潤すようにしておきましょう。
また、精神的なことが影響することが多いことからも、ストレスや不安を感じない生活を心掛けていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います