「おりもの」とは代謝によって起こる現象で、子宮内部や膣の古い細胞や汚れなどが混ざり合ったものです。通常は無色透明から白っぽい色をしていて下着などについた後皮膚とこすれあうことで汚れたように見えます。生理の前後や排卵日には量が増え臭いますが、これは生理周期によるものなので正常なおりものの状態です。(通常のおりものは無臭です)
このように下着について汚れてしまった状態や生理時の臭いや色のあるおりものをみると不安に思う人も多いのですが、子宮や膣には自浄作用があるので健康な人でも生理時以外におりものは出ます。また受精時に精子を卵子にまで誘導するのもおりものの大切な役割なのです。
しかしながら、量が多い時や血が混ざっている時、あるいは変な色をしている場合には感染症やポリープなどの病気が発症していることが考えられるので注意信号になります。

スポンサーリンク


更年期のおりものは量が多くて臭いが強い?

青ざめる女性

更年期になるとおりものの量が増えてきたと感じる人は多いものです。
これにはどういう理由があるのでしょうか?
通常おりものは生理やホルモンバランスと関連性があるため、女性の生理活動が最も活性化する20代では量が増えます。
しかし更年期では卵巣機能が低下してくるため普通に考えるとおりものは減っていきそうなのですが、実際には逆のパターンとなります。
これにはちゃんとした理由があって、代謝が落ち骨盤腔(こつばんくう)内部の免疫力が下がってしまうと衛生状態を良好に保つのが難しくなるためにおりものの量が増えて骨盤腔の掃除をしてくれているのです。
したがっておりものには若いころよりも汚れや雑菌が多く含まれていることになり、量が多く臭いが強くなるケースが多いということになります。
ただし、おりものが多いというのはこうした理由以外にも女性器官が病気に冒されている可能性も否定できません。
特に「臭いが強い場合」また「血が混じっている場合」、「下腹部に痛みがある場合」などは何かしらの病気を引き起こしている可能性もあるので、このような場合には婦人科に行って適切な診断と治療を受けるようにしてください。

更年期におりものが少ないのも問題あり?

疑問を感じる女性

前のパートで説明しているように更年期になると代謝ならびに女性器官の機能低下を起こすため、骨盤腔(女性器官が収納されている場所)の衛生状態を保つため通常ではおりものが増えます。
しかし、必ずしも量が一定しているわけではないので、定期的に多めのおりものが出るということではありません。
更年期障害を自覚することなく元気に乗り切る人は発症している人よりもおりものの量は少ないのです。しかし、逆に少なすぎる場合というのも要注意です。
その理由は「おりものは女性器内部の清掃係」だからです。つまり、自浄作用が正常機能していない状態でおりものが少ないということは何かしらの健康被害を起こしている可能性が高いということになるからです。
ただし、前期更年期(45歳ころから50歳ころまで)ではおりものが減少していきます。
これは「エストロゲン」という女性ホルモンの働きでおりものが分泌されるためです。前期更年期では卵巣機能が低下してエストロゲンの分泌量が減るため自然とおりものが減っていくという理屈になります。
ところが、エストロゲンそのものは副腎皮質という部位からも微量ながら分泌されているので閉経後でもおりもがゼロになるということはありません。
すなわちホルモンバランスが大きく乱れる前期更年期ではおりものの量は減っていくことになり何かしらの原因が無い限り量の増減はないということになります。

更年期のおりものに血が混じっている場合

おりものに「血が混じっている」ような場合は

  • 感染症
  • 子宮がん
  • 子宮頸がん
などの病気による器質性の不正出血を起こしている可能性があります。このような場合は我慢しないですぐに婦人科を受診するようにしてください。
子宮がんや子宮頸がんも早期発見、早期治療が何よりも大切です。

少しでもおりものの異常に気付いた時の対処策

白衣の女性

おりものが多くなるととても不快だし、なにより心配が先になって日常生活に悪影響を及ぼしかねません。
そこで、すこしでもおりものに異常を感じた時は以下のような対処策を講じてみてください。

下着は通気性のよいものを使用しましょう

おりものが多いと股間がムレて非常に不快な思いをします。
そこで下着はなるべく通気性のよいものを選んで着用するようにしましょう。
また織物の汚れが付かないように専用のショーツにパットを組み合わせて使うことをお勧めします。

デリケートゾーンの洗いすぎはNGです

閉経前後のおりものは量が多く臭いが強いのが特長です。それが不安でデリケートゾーンを念入りに洗う人がいますが、これは膣内の常在菌(人と共生して有益な働きをする菌類)まで洗い流してしまうのでやっていはいけません。

前述したように閉経後のおりものは免疫力が低下して感染症などにかかりやすくなってしまっているのを防ぐために量が増えるからです。この時常在菌の働きがとても重要になるので洗いすぎはさらに免疫力を下げてしまう結果を招きます

サプリメントを利用してみる

袋に入ったサプリメント

更年期になってエストロゲンが減少してしまうことでおりものの異常が起こります。そこに注目して今話題を集めている「更年期対策サプリメント」を活用してみると良いでしょう。
ここでは更年期対策サプリメントに含まれている成分を紹介していきますので、参考にしてください。
  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • ローヤルゼリー
  • 高麗人参
  • マカ
  • プラセンタ
これらのサプリメントを利用することで更年期のホルモンや自律神経バランスの乱れが改善されるとおりものの量が適切になることが期待できます。

まとめ

おりものは女性器官の健康を図る上で非常に重要なものです。
量が多かったり臭いが強い、血が混じっているなどの場合は女性器官の病気が懸念されますが、更年期になると女性器官そのものの機能低下がお起こるのでおりものの量も安定せず、閉経後は免疫力の低下から逆におりものの量は増えます。

これは自浄作用が働いているからなので体調面で不調がなければ問題となるような現象ではありません。しかし不快だったり心配だったりする人も多いと思いますので、本文にあるような対策は立てておいた方が良いでしょう。更年期には不正出血も起こりがちなのですが、おりものに血が混じっているような場合には婦人科に相談するようにしてください。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います