女性の場合40歳をこえたころから更年期障害を発症しやすくなるというのは一般的にもよく知られていることですが、男性の方はといえばまだまだ知られていないのが現状です。
このように男性にも40歳をこえたころから次第に心身に変調をきたしやすくなるのですが、その一つに「精神症状」があります。
女性の更年期障害では
  • いらいらする
  • うつ状態になる
  • 不眠傾向になる
というのがあるのですが、これらの症状はむしろ男性の方が発症しやすいと言われているのです。男性の40〜50代といえば社会的な責任感も増し、何かとストレスの多い年代であるため、ますますこうした症状を発症しやすくなると考えらえています。
今回は男性側に見られる更年期障害の症状やその対策、また女性の更年期障害との違いなどについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


男女間に見られる更年期障害の差とは?

悩む医師

男性にも更年期障害があるというのはお話しした通りです。
では女性の更年期障害との共通点や違いとはどのようなところにあるのでしょうか?
ここでは男女間に見られる更年期障害の共通点や違いについて説明していきたいと思います。

共通点について

「更年期障害」という名前が共通である以上、確かに共通点があります。その最も顕著なものは男女共
・性ホルモンの減少によって起こる「自律神経失調」の一種である
という点です。

わかりやすく女性を例にとれば女性の場合は閉経に向けて女性器官の機能が低下していきます。特に卵巣は女性ホルモンを分泌している場所で、ここが機能低下を起こすと女性ホルモンの量が減っていきます。
そして、人の脳には生きていく上で最も基本的かつ重要な生理活動(内臓を動かしたり、精神状態をコントロールしたり、体温を調整したりという活動)を司っている「自律神経」という神経があります。
自律神経はさらに「交感神経」と「副交感神経」に分類され、交感神経は「テストステロン(男性ホルモン)」、副交感神経は「エストロゲン(女性ホルモン)」の刺激によって活性化するという特徴があります。
したがって男女共年齢によって性ホルモンの分泌量に狂いが生じると自律神経の制御がうまく機能せずに色々な心身の不具合を生じるようになります。
これが「更年期障害」のメカニズムになります。
女性の場合はエストロゲンという女性ホルモン不足から副交感神経が不活性になってしまいます。
副交感神経はリラックス中や入眠中に活性化して心身のストレスや傷を癒すメンテナンスを担当しているので、この機能に異常が発生すると心身のメンテナンス不良が起こり、色々な自覚症状が発生しやすくなるのです。これは女性の更年期障害に辛い自覚症状を伴う主な理由になります。
頭を抱える女性
次のパートで男性側の更年期障害の特徴的な発症の仕方や男性特有の症状についてはお話ししますが、ここでは男女の更年期障害に共通する症状を挙げていきたいと思います。
  • ホットフラッシュ(ほてり、多汗)
  • 倦怠感
  • うつ状態
  • 不眠
  • 関節痛
  • いらいらする、短気になるなどの不定愁訴(ふていしゅうそ)
です。
男女いずれの場合も更年期になると起こりやすい症状ですが、男性側では「うつ状態」「不眠」「不定愁訴」は女性よりも発症頻度が高いということがわかっています。

男性特有の症状について

ため息をつく男性

男性と女性の更年期障害において最も大きな違いは
・男性の更年期障害:テストステロン(男性ホルモン)の分泌量不足で起こる
・女性の更年期障害:エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量不足で起こる
というように原因となる物質が異なることです。
しかしどちらが不足しても自律神経の乱れを引きおこす結果になるので上記の精神症状のように自律神経が制御している部分に共通する不具合が起こることになります。
一方で原因となる性ホルモンの物質が違うため男性特有の更年期障害の症状というのがあります。
それが
  • 性欲減退
  • ED(勃起障害)
  • 糖尿病や脂質異常(高脂血症)などの生活習慣病リスクの向上
  • 前立腺肥大
  • 排尿障害(主に前立腺肥大によるもの)
*性欲の減退や生活習慣病リスクというのは女性でも起こりますが、男性では性欲減退はEDと直結し、生活習慣病では糖尿病や脂質異常へのリスクが特に高まるという点で異なってきます。
これらはすべて「テストステロン」の働きが弱まることで起こる症状です。
テストステロンには主に
  • やる気や意欲の向上
  • 筋肉量を増やす
  • 男性らしい体の形成
  • 骨を太くする
  • 性欲の増進
  • 動脈硬化の促進
  • 内臓脂肪の増加を抑える
  • 精子を作る
などの役割がありますので、分泌量が減ることでこうした作用も弱まり、上に挙げたような自覚症状が男性側に出やすくなるのです。

夫が更年期障害を発症した場合に妻はどう対応したらいいのか?

困り顔の女性

女性の更年期障害ほど男性の更年期障害というのは世間で注目されることはありません。しかし、女性同様男性の場合にも精神症状や生活習慣病リスクがあるので、積極的な治療が必要な病気といえます。
そして女性よりも精神症状を起こしやすく放置していては症状がどんどん進行してしまう可能性があるので注意が必要なのです。
そこで夫が更年期障害を発症していると思われる時の対処法について説明していきたいと思います。

医療機関での診察を勧める

EDのように病気と認められていても治療薬や治療では健康保険が使えない事例もありますが、男性の場合近年は前のパートで紹介したような諸症状をまとめて「更年期障害」と関連づけるようになり、

  • 更年期障害外来
  • メンズヘルスクリニック
のように男性でも更年期障害の相談ができる医療機関が増えています。
更年期障害はホルモンバランスが確定診断時の決め手となるので、血液検査によって血中のホルモン性ホルモンに関する物質を幾つかチェックします。
そして必要があれば「ホルモン補充療法(男性ホルモン剤の投与)」がおこなわれます。
しかし、全国的にみればまだまだ知名度の低いのが男性の更年期障害ですので、症状ごとに受診する診療科が変わることも珍しくありません。
・性機能に関する自覚症状(ED、前立腺肥大による排尿障害など)は「泌尿器科
・精神症状(うつ、不眠、不定愁訴など)は「精神科(もしくは心療内科)」
・関節痛などは整形外科
を並行して受診するケースが多くなります。

生活習慣の乱れを考える

運動する男性

更年期障害で乱れる「自律神経」は先にも述べているように“人が生きていく上で最も基本的かつ重要な神経”なので日頃の生活習慣が大きく影響を及ぼしてきます。
つまり生活習慣が乱れがちな人は自律神経も乱れやすくなっているのです。男性の40代〜50代といえば仕事中心の生活で、どうしても生活習慣は乱れがちになります。
このような場合には食生活を中心として栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動習慣を持ち、できるだけ睡眠をたっぷりと取ってもらうことが重要です。
生活習慣が整えば更年期に入ってからも自律神経のスイッチングには必要最小限の性ホルモンがあればスムーズに行うことができるのです。

夫に寄り添う

男性は意外にデリケートなものです。親しい人や家族だからこそ甘えることがゆるされないと思い込み、悩みが相談できないでいるのかもしれません。

また、うつ状態は明確な理由もなく不意に不安にさいなまされる厄介な症状です。
そんな時は誰かの力が必要です。
夫婦関係が長くなってお互いに空気のような存在となり、夫への関心が薄れてしまっているとかセックスレスになっているような場合はもっと積極的に二人きりになる時間を持ち、スキンシップをはかることが重要です。
特に家庭内に居所がないと感じると帰宅するのが億劫になり、家や家族に近寄れなくなるといいます。
こんな時は夫に寄り添う姿勢を見せることが重要なのです。

漢方薬を試すように勧めてみる

粉薬

男性の更年期障害には以下のような漢方薬が効くといわれています。
・八味地黄丸(はちみじおうがん):「疲労感」、「倦怠感」、「排尿障害」、「下半身の冷え」、「口が渇く」、「ホットフラッシュ」、「腰痛」などの症状を抑えます。
体力は中等度以下の人向けです。
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう):「易疲労感」、「胃腸障害」、「食欲不振」などの症状の緩和に効果があります。
虚弱体質の人向け。
・六味丸(ろくみがん):上記「八味地黄丸」から「経皮」、「附子(ぶし)」という生薬を除いた処方です。「残尿感」、「ホットフラッシュ」、「夜尿症」などの症状の緩和に効果があります。
体力は中等度以下の人向けです。

サプリメントの使用を勧める

男性の更年期障害は当の本人ですら自覚が乏しく、医療機関での治療や漢方薬の処方を勧めてもなかなか納得しない人もいます。特に軽度のうつを発症している場合はその傾向が強く、自分では単に仕事上のストレスと捉えて放置しがちになるとされています。

そこで薬や治療などのように自分を「病気?」と自覚させないでさりげなく対策を立てるならばサプリメントの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
男性の主な更年の悩みについては
  • 亜鉛
  • マカ
  • 高麗人参
  • アルギニン
などが配合されているサプリメントが良いとされています。

まとめ

女性だけでなく男性側にも「更年期」というのは存在し、40歳ころから次第に自覚症状を訴えるようになります。しかし、まだまだ病気としての「更年期障害」という意識は低く、また社会的な責任感も強まるため、倦怠感や易疲労感(疲れやすくなる症状)などの「うつ」を疑わせる自覚症状には気づけないものなのです。

そこで夫が最近「元気がなさそうに見える」とか「理由もなく落ち込んでいる姿を見かける」、「食欲が急激に落ちた」などの変化に気づいたのなら本文にあるような対処法を試してみてください。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います