50歳前後は更年期障害の症状がピークを迎える年齢と言われています。しかし、ピークを迎えるということはその後症状の辛さも患者数も次第に減少していくと考えられます。

更年期障害は40代〜50代のおよそ60%が発症すると言われていますが、ピークを過ぎたらいつ頃終わりを迎えるのでしょうか?また本当に終わりがあるのでしょうか?
さらに更年期のあとに訪れる「老年」時にも気をつけておかなければならない症状があるのでしょうか?このように知られているようで意外とみんな知らないのが「更年期障害」という病気です。
今回は更年期障害が一体いつ終わるのか?について勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害と生理の終わりについて

頬に手を当てる白衣女性

更年期は全ての女性に訪れます。その理由は更年期の定義が「閉経」にあるからです。医学的には閉経前の5年間とその後の5年間の合計10年間を「更年期」としています。
その中で更年期障害と呼ばれる体調不良を感じる人が全体のおよそ60%に達するとされているのです。では目立つほどの体調不良を感じない人はどうやって「更年期」を知るのでしょう?
それは「生理不順」です。もともと生理不順や生理痛あるいはPMS(月経前症候群)を起こしやすい人は更年期障害が起こりやすいのですが、20代〜30代では定期的に生理が来ていた人は目立つ症状がなくても生理不順によって更年期を知るケースが多いとされています。
閉経に向かう前期更年期では卵巣機能が低下することで生理の周期が乱れ、最初の頃は過多月経を感じその後次第に生理の間隔が遠のく過少月経へと移行していきます。
そして12ヶ月以上生理が停止してしまうと閉経が確定します。日本人の平均的な閉経年齢は50.5歳ですので、更年期というのは45歳〜55歳ころまでが該当することになります。
ぐったりしている女性
しかし、更年期障害を発症する人は平均よりも早めに閉経を迎え、さらに症状が長期化しやすいことから治療のガイドラインでは40歳〜60歳を治療の適用範囲年齢としています。
では、具体的に更年期障害にはどのような症状があるのかというと、この病気は閉経前後で性ホルモンの分泌バランスが崩れることで、自律神経を刺激するエストロゲンの量が減り自律神経と生理周期が大きく乱れると起こる病気です。加えて日頃のストレスも引き金になるのでストレス過多な人は十分な注意が必要となります。
更年期障害を代表するのは以下に挙げる症状です。
ホットフラッシュ:更年期障害患者のおよそ80%が発症すると言われる最も代表的な症状です。自律神経の乱れから上半身に血流が集中し火照り感や多汗の発作が起こります。一回の発作は数十分から2時間程度ですが重症化すると1日に何回も発作が起こります。
50歳前後にピークを迎える人が多く、また発作は時と場所を選ばずに冬場など寒い季節でも起こりますので汗対策がとても重要になります。
・下半身の冷え症:ホットフラッシュ時に上半身に血流が集中するため、下半身は冷え性を合併します。
・イライラする、わけもなく不安になる(不定愁訴):これもホットフラッシュに合併しやすいと言われています。ホットフラッシュの発作時に頭に血が上りちょっとしたことでイライラして怒りっぽくなったり、理由もなく強い不安を感じてしまう情緒不安です。
・腰痛:自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れで血流が不安定になりぎっくり腰や慢性型腰痛などの筋肉に障害がおこる腰痛を起こしやすくなります。
うつ不眠:不定愁訴が長引くとうつや不眠といった精神症状につながります。この状態になると精神科や心療内科の受診が必要になります。
・体重の増減:エストロゲンには血液中のコレステロールを正常値にするという働きがあるため、ホルモンバランスが乱れる更年期には体重が急に増えたりまた激やせするなど不安定な状態に陥りやすくなります。
・肌荒れ:コラーゲンの生成を促すのもエストロゲンの働きですのでこの性ホルモンが減少すると肌が荒れがちになります。(特に乾燥肌、シミ、小じわ、ニキビなど)
肌を気にする女性
・胃腸障害:血流障害やストレスによって胃腸機能が低下し、胃酸過多、呑酸(すっぱいものがこみ上げてくる症状)、胸焼け、胃もたれ、腹部膨満感、便秘、下痢などの胃腸障害を起こします。
・疲れやすくなる:女性の更年期障害ではエストロゲンによって活性化する副交感神経の働きが鈍くなりがちです。副交感神経とは主に入眠中に優位になる自律神経で、病気や怪我の回復、疲労感やストレスの軽減などを受け持つ癒しの神経です。これが不活性化すると疲れやすくなります。
こうした症例以外にも数多くの自覚症状があり悪化させると婦人科や精神科などで積極的な治療を受ける必要性があります。
しかし、「病気」という自覚が低く仕事や家事などに影響が出るほどの強い症状ではないため多くの人がなんとなく体調不良を感じながら日々を過ごしているのが実態です。
しかしながら直接的な引き金となる自律神経の乱れも更年期を過ぎると次第に落ち着きを見せるようになります。それというのも元々自律神経を切り替えるのに必要な性ホルモンは副腎皮質という部位からも分泌されているからで、脳がエストロゲンの供給を卵巣から副腎皮質に切り替えて体が慣れると上記の自覚症状も自然と消失していきます。
指差す白衣女性
ただし、うつや不眠などの精神症状は一度発症すると長引く恐れがあります。
また、更年期の後には老年が控えていて、加齢からくる自然な代謝の落ち込みや骨を丈夫にするというエストロゲンの働きが鈍くなることで生活習慣病(動脈硬化症や高血圧症など)あるいは骨粗鬆症、肌荒れ、生殖器系の衰え、認知症リスクなどには十分に気をつける必要性がありますので、不調を感じたらあまり無理や我慢をせずに婦人科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。
また、生活習慣を規則正しいものにし、適度な運動を心がけ、栄養バランスのよい食事をきちんと朝昼晩食べることで自律神経の乱れを最小限に抑えることが可能になりますので、更年期障害対策として実践してみてください。

まとめ

40代〜50代の多くの女性を悩ませるのが更年期障害です。病気というほど辛い症状をきたすのは20%ほどですが、全体の約60%が更年期障害による何かしらの体調不良を感じながら更年期を過ごしています。

重症例や長期化した場合は10年以上自覚症状を感じる人もいますが、ほとんどの場合は更年期を過ぎてホルモンバランスが副腎皮質から分泌される量で安定すると、自覚症状も自然と落ち着くようになります。
ただし、閉経によって卵巣機能のほとんどが停止してしまうことでエストロゲンの全体量は減っていることからその後に起こる骨粗鬆症などのロコモティブシンドローム(将来的に介護が必要になる可能性が高い運動機能障害)、動脈硬化症、高血圧症などの生活習慣病、肌荒れ、認知症などには引き続き十分な注意が必要となりますので、更年期障害対策として行なっている生活習慣の見直しやストレスケアは継続するよう心がけましょう

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います