女性の身体は50歳前後に起こる閉経に向けて、個人差があるものの40代半ばくらいから様々な不快な症状に悩まされることがあります。この時期は更年期と呼ばれていて、ちょうど子供の進路のこと、子供の独立、親の介護など生活環境の変化も重なることが多く、人生の中でも荒波を受ける時期になるかもしれません。
体調が悪くても大きな壁にぶち当たっても、パートとして仕事を続けている女性はとても多く、更年期障害との付き合い方が一つの越えなければならない山になります。思うように仕事が進まないことに自己嫌悪に陥ったり、職場に迷惑をかけてしまっていると感じパートを辞めてしまおうかと決断を迫られるケースもあります。
しかし、悩んでいるのは自分だけでなく一緒に働く管理側の方も、何か思い対応を考えているかもしれません。
今回は更年期障害でのパートとの関係について考え、辞めるという決断の他にどうしたら上手に前進していけるのか、解決策を考えてみましょう。

スポンサーリンク


更年期障害を抱えながらパートを続けるということ

パートの女性

ツライ更年期障害を抱えていても今後もパートを続けていきたというい気持ち。しかし、自分の思ったように仕事が出来ない環境になってしまうかもしれません。
そこで、更年期障害で苦しむ本人、更年期障害の方を一緒に働く人々、それぞれの目線からの視点で策を考えてみましょう。

つらい更年期障害で仕事を休んでしまうということ

更年期障害の症状が重くなると、仕事を休むことが増えてしまうというケースも出てくるでしょう。仕事を休まざるを得ない状況になる根本には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

更年期障害では症状が想像以上に重くなってくると、
  • 新しいことを覚えるのに苦労する
  • 思うように体が動かない
  • ミスばかりしてしまう 
など、仕事に支障が及ぶようになります。
仕事や私生活に影響が出ると、通院を余儀なくされることで仕事を休まなくてはいけない状況に追い込まれてしまうこともあります。更年期障害に悩まされている本人は、体調不良や通院という理由があったとしても、仕事を休むことを申し訳なく感じたり迷惑をかけていると感じてしまいます。
また、ご家庭の経済的な理由、職場の方々に迷惑をかけたくないという思いから、無理をして出勤をすることでさらに更年期障害を重くしてしまい、日常生活に支障をきたすまで悪化してしまうこともあります。
更年期障害の症状には、良い時と悪い時との波が感じられる時があるので、とにかく体調が優れない時には無理をせず、まずは体調を万全に整えることを第一に考えて、思い切って休養をとることも必要です。
職場に対して負い目を感じてしまうなら、更年期障害の症状や通院によって休む理由をきちんと伝え、理解してもらうことも上手にパートを続ける上で大切なポイントです。
休むことが多くなると退職するという道を考えてしまいますが、年齢的に考えると次の仕事をしたいという気持ちになってもなかなか見つかりにくいという意見も多く聞かれています。出来るだけ早くに退職をするという決断はしない方がいいでしょう。
そのためにも、話しにくい内容かもしれませんが、更年期障害による体調不良は決して怠けているわけではないので、周囲にも理解を求めてみましょう。
もし、どうしても退職という流れになるのなら、上司に報告をし体調の良い時にはお世話になった職場の方々にきちんと挨拶をし、自分の荷物は引き取りに行くことなど社会人としてのマナーは守るようにしましょう。

職場での更年期障害女性を理解するということ

白衣の女性

更年期障害を抱える本人はもちろんですが、雇用する側、管理者としての立場からもどうしたらいいのか頭を悩ませてしまう状況も思います。
上に立つ立場の方が男性か女性かによっても理解の仕方は変わってきますが、40代半ばの女性の場合で、仕事を休むことが多くなるケースでは更年期障害を視野に入れておいたほうがいいでしょう。更年期障害の症状は、非常に個人差が多く症状が軽い方もいれば重く出てしまう方もいます。
そのため、年齢だけでは他人と比べることができないのです。その点をよく理解して接することがポイントですが、あまりに休みが多くて困ってしまう場合は、本人へ病院へ行くことを促したり診断書を提出してもらうなどの策も考える必要があります。

まとめ

40代半ばに差し掛かり、今後、今のパートが続けられるのか不安になることがあります。しかし、とても恵まれた今の仕事状況を壊すことは何とか避けたいという思いがあり、出来るだけ更年期障害の症状を軽く済ませたいと願っています。

パートを辞めたくないあまり、無理をしすぎてさらに悪循環にはまらないようにしなくてはなりません。元気にパートを続ける為には頑張ることと休むこと、そのバランスの取り方を自分で調整できるように心がけたいですね。
職場に同じ年代の女性がいると心強く思えます。やはり同じような状況を理解し合えるだけで心は軽くなりますし、更年期障害でツライのは自分だけではないという励みにもなります。パートの仲間で更年期障害のことを話せるか話せないかでも、その後の身の置き方にも差が生まれてくることでしょう。
心の糧にしたいのは、更年期障害には必ず終わりが来るということです。病ではないので、いつかは嵐が去った後のように穏やかになれる時がくるのです。その時に、良かったと思える選択をしっかりと行っていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います