若くして重い月経困難症を発症している人は治療薬に「ピル」を飲んでいます。

一般的には避妊薬のイメージがありますがもともとは月経困難症の治療薬で、更年期になっても飲み続けているケースは珍しくありません。飲み続ける大きな理由の一つが月経困難症の症状からくるストレスです。
この病気は非常に辛い生理痛を伴い、それに随伴して悪心、嘔吐、自律神経失調症などを合併します。特に生理時の痛みがひどく、これが怖くてピルから離れられなくなる人がいるのです。
しかし、ピルは飲み続けていると不正出血がダラダラと続くことから閉経の判断がつかず、更年期障害を発症していると症状が長引くことが懸念されます。加えて体内のホルモンバランスが崩れることでピルの副作用が強まるなどメリットばかりの薬ではありません
今回はピルを常用している人が更年期障害を発症した場合、中止すべきかどうかを説明したいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害と診断された場合ピルはやめた方がいいの?

疑問を感じる女性

女性の体は生理周期によって体調がコントロールされています。ホルモンバランスが最も安定している20代には生理周期も安定しているのですが、ストレスや生活習慣の乱れ。また過激なダイエットなどが原因で生理周期が乱れ、重い月経困難症を発症する人もいます。
月経困難症とは生理時の疼痛(激しい痛み)が主な症状で、その他にも生理不順、重い不正出血、下痢、便秘、いらいらするなどの不定愁訴、気分の落ち込み、吐き気、嘔吐など様々な症状が随伴しておこります。
さらに、子宮内膜症や子宮筋腫などの女性器疾患が原因で起こる「続発性月経困難症」のケースもあります。
この病気の治療で用いられる薬が「ピル」です。女性用避妊薬と捉えられがちですが本来の目的は月経困難症の治療薬になります。したがって月経困難症治療薬として使う場合には健康保険の適用が認められています。
ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれていて、症状によって超低容量、低容量、中容量、高容量から選んで投与されます。
体内の女性ホルモン量が増えることで、自律神経のコントロールが正常化し、生理周期も正常な状態に近づくことで辛い月経困難症の諸症状が緩和します。
続発性月経困難症に対しても投与されますが、この場合まずは基礎疾患となる子宮内膜症や子宮筋腫の治療が優先となります。
子宮を手術した後には低容量ピルが処方されるケースなどもありますが、基本的には生理痛が治り生理周期が元に戻れば一旦薬を中止してまた再発すると処方するというのが理想的な使い方とされています。
ところが、月経困難症の生理痛をはじめとする自覚症状は非常に重く、再発リスクを考えるとなかなかピルから離脱できないという現実が多いという報告もあります。
次に更年期障害の説明にうつります。医学的には女性であれば誰もが迎える閉経、そしてその前後5年間を合わせた10年間のことを「更年期」と呼んでいます。閉経は平均50歳頃とされていますので、一般的には45歳〜55歳が更年期ということになります。
そして更年期になるとおよそ6割の女性が更年期障害を発症するとされていますが、これは閉経に向けて女性の生殖器官が機能を低下させていき、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減っていくことが直接的な原因です。
これによって閉経前のほぼ全ての女性に起こる現象が生理不順と不正出血です。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがありますが、特に卵胞ホルモンであるエストロゲンの量が減ってしまうと、自律神経の一つ副交感神経を刺激する作用が発揮されずに人体のメンテナンス機能を担う副交感神経が不活性化してしまいます。
これによって自律神経失調状態となり「更年期障害」が発症します。ここで月経困難症と更年期障害に共通するキーワードが出てきたことにお気づきでしょうか?そう「自律神経失調状態」です。
両方ともホルモンバランスの乱れが原因でおこる自律神経失調状態が直接の原因となるのです。
ぐったりする女性
では、月経困難症でピルを飲んでいる人は更年期を迎えてからも継続して飲み続ければいいのかどうか?というのが今回のテーマです。
そこでまず、月経困難症と更年期障害の治療で使われる薬の違いから見ていきましょう。これまでにも説明してきたように月経困難症で使用される治療薬は「ピル」です。症状に合わせて女性ホルモンの含有量が違うタイプを使い分けます。
一方の更年期障害では治療の第一選択肢としてHRT(ホルモン補充療法)が選択されます。この時に使用されるのはホルモン製剤です。
ホルモン製剤には「エストロゲン単剤」、「プロゲステロン単剤」、「エストロゲン+プロゲステロンの複合剤」があり、薬の形状には飲み薬と貼り薬と塗り薬があります。(うち塗り薬はエストロゲン製剤のみ)
もっとも一般的なHRTの投薬方法は正常な生理周期に近づけるようエストロゲン剤を21日間連続投与し、後半の10日間でプロゲステロン剤を併用、出血が確認できたら7日間休むという投薬スケジュールになります。
つまり、投薬によって生理周期を正常な状態に近づけようとするやり方です。これも月経困難症の治療とよく似ています。
ここまでの説明からだと、すでに月経困難症でピル治療を続けている人は更年期障害の診断を受けてもそのまま継続してピルを続けて問題なさそうに見えます。
しかし、実際はそうではありません
その理由はまず第一に更年期の前後では女性器官の機能が大きく異なるからです。更年期では急激に減少していく女性ホルモンの量に合わせてHRTが行われますが、月経困難症はまだ卵巣や子宮の活動が活発な時に投薬が行われます。
したがって低容量ピルに含まれている女性ホルモンの量でもHRTで使われるホルモン製剤の含有量よりも多いのです。
注射器
またプロゲステロンの副作用で興奮やホットフラッシュ、いらいらするなどの不定愁訴が強まる可能性がありますし、不正出血が増えることで自然閉経が遅れる可能性もあります。
したがって臨床的には更年期前の月経困難症に対してはピルを用い、更年期に入ってからはホルモン分泌量と全身状態を見ながらHRTに切り替えるのが望ましいとされています。
ところが、ピルには依存性が高いというデメリットもあり、患者さん側のメンタル的に薬から離脱する不安の方が強くなかなか投薬を中止できないという側面があります。
婦人科医としても実際にピルを中止したあとどのようなタイミングでHRTを開始するのかは患者さんの体質次第というところもあり、判断が難しいとされています。
つまり、患者さんの方から率先して40代になるとピル治療を一旦中止するという強い意志をもつことが重要になるのです。あとは主治医と「ピルから離脱することを前提」としてその後の治療方針を決めるようにするのが現状モアベターな方法ということになります。

まとめ

ストレス社会と呼ばれ、女性の社会進出も当たり前になった現代では生活習慣の乱れや過激なダイエット、ストレスなどが原因で若い女性でもホルモンバランスを乱し、月経困難症を発症するケースが増加しています。

月経困難症には激しい生理痛を伴いさらにそこから更年期障害とよく似た症状をきたす場合が多く治療には「ピル」を用います。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンとが配合されていて、更年期障害時のHRT(ホルモン補充療法)時のホルモン製剤と作用がよく似ていますが、配合量は低容量ピルでもホルモン製剤よりも多いため、更年期後に更年期障害が判明した場合は女性器官の機能低下を加味してピル治療からHRTへと移行するのが本来望ましい形になります。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います