ピル」というと女性用の避妊薬のイメージが強く、実際にその目的で投与されることもある薬です。

しかし本来は月経困難やそれに関連する病気の治療薬なのです。したがって20代〜30代の若いころに生理が重い、生理不順が慢性化している時などで服用しそのまま更年期になっても飲み続けるケースは珍しくありません。
しかし、ホルモンバランスは更年期になると大きく変わるため、閉経に向けていつ薬を中止していいのか悩むケースが多く悩ましいところです。
臨床の現場でも生理不順や生理痛が重い人は効き目や半減期が体質によって異なってくるため最適の中止タイミングというのは計りきれず、一旦中止して様子を見ないとわからないというのが現実です。
しかし、これでは患者さんの不安は増すばかり・・・。
今回は更年期障害に対してピルをを飲み続けることは有効なのかどうかを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害の治療薬としてピルはどの程度有効?

薬の説明をする白衣女性

ピル」にはエストロゲンとプロゲステロンの両方のホルモン成分が含まれている薬です。
一般では入手できない医療用医薬品ですが、女性用避妊薬としては自由診療(健康保険が使えない全額自己負担の治療)、月経困難症の治療やそれに関する疾患の場合は健康保険の適用になっている正式な医薬品です。(更年期障害治療が目的の場合は保険適用外です)
目的よって超低容量、低容量、中容量、高容量に分類されます。保険が適用となる月経困難症とは激しい生理痛を伴う女性疾患で、下腹部痛や腰痛を起こし日常生活にも悪影響を与えます。
もともと生理周期が乱れがちな人が起こしやすい原発性月経困難症と子宮筋腫や子宮内膜症などの病気に合併する器質性(続発性)月経困難症があります。
そのため生理時の疼痛緩和と生理周期を正常に戻す目的で使われる医薬品です。(疼痛=激しい痛みのこと)
市販の痛み止め薬にも生理痛の緩和が謳われていますがそれでは収まらない激しい痛みに加え、そこから生じる悪心(気分が悪くなる)、嘔吐、下痢、発熱、腰痛などに対して投与されます。
治療効果の高い薬ですが、体質や病状によって投与量をコントロールすることが難しく、激しい生理痛は精神的な苦痛も伴うため、依存性も高いという点や人によっては興奮、吐き気、乳房の張りや痛み、PMS(月経前症候群)やひどいつわりのような副作用がおこります。
胸を抑える女性
またむくみや頭痛、血栓症(狭心症や心筋梗塞、下肢静脈瘤など)の深刻な副作用を起こす場合もあります。
更年期障害の治療としては主にホルモン補充療法に効き目がない時に低容量ピルが用いられることがありますが、更年期より前から服用している人はそのまま継続して飲むことが多くなります。
強い生理痛は精神的にも苦痛がありQOL(生活の質)が著しく下がるため、それを抑えてくれるピルには依存性が強く、途中で薬の種類を変えたり容量を減らすことで不安が増すと、更年期障害になった時にはうつや不眠、不定愁訴(イライラする、強い不安感を覚えて落ち着きがなくなるなど)の精神症状が強まるというリスクもあります。

ピル療法とホルモン補充療法

前のパートにある通り、ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。これは更年期障害の治療で第一選択肢になるホルモン補充療法の際に用いられる薬にも同じタイプがあります。

しかし、一般的にホルモン補充療法で使われるホルモン製剤に含まれている女性ホルモンの量は低容量ピルよりは低いものが多く、更年期障害の治療用としては現在全てのピルが保険適用外になっています。
更年期になると女性ホルモンの量は自然と低下していくので、この年代にとっては含有量が多すぎることになり、乳がんなどへの罹患リスクが上がると考えられているからです。
したがって通常は40代前半まではピルを服用し、それ以降はホルモン製剤(HRT)に切り替えるのが望ましいとされています。
これはピルによって人工的な生理が続くことになるので女性器官が本来は機能を停止し、副腎皮質から分泌されるホルモン量でやり取りされるのが望ましいものを無理やり引き延ばしているというのは好ましい状況ではないからです。
しかし、実際にはピルを中止していつ閉経があるのか?
その間の更年期障害の状態はどうなのか?
というのは患者さん自身の身体状態や心理状態にも左右されるので判断が難しいところではあります。
したがってピルからホルモン補充療法へ切り替えるタイミングは主治医とよく相談の上で決める様にしてください。

まとめ

女性には生理周期という独特の生体リズムがあり、生活習慣の乱れやストレス、過激なダイエットなどが原因でその生理周期が大きく乱れ、重い月経困難を患うことがあります。月経困難症の治療には「ピル」が用いられます。

一般的には避妊薬と思われているピルですが本来は月経困難症の治療の薬です。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが配合されていて、同じタイプの薬は更年期障害の治療に用いられるホルモン製剤にも存在ます。
しかし、配合されている量はピルの方が多いため、卵巣や子宮の機能が低下し女性ホルモンの分泌量が減っている更年期の女性の体質では負担が大きく、継続投与していると閉経が遅れたり、乳がんへの罹患リスクが上がるとされていますので、更年期になった場合はホルモン補充療法に切り替えるタイミングを主治医とよく相談するようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います