更年期障害は半数以上の女性が発症しますが、そのうちのほとんどが体調不良を感じていてもお医者さんには相談するほどではないと思い、我慢しているような状態です。

そんな「なんとなく感じる体調不良」の一つに「ぽっこりお腹」があります。
特に下腹部がぽっこりしているように感じる人が多く、生理不順や不正出血、胃もたれ、便秘、下痢などを伴います。これらの症状は更年期障害に合併することが多いのでやはり原因は更年期障害にあるのでしょうか?
一方で年相応の中年太りでお腹周りにお肉がついてしまったのかも?と感じている人も多いことでしょう。そこで無理なダイエットをして更年期障害を発症したり拗(こじ)らせてしまうことも十分考えられます。
今回は女性なら誰もが気になる更年期のぽっこりお腹の原因やその対策を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期のぽっこりお腹の原因は?またその対策はどうすればいいの?

お腹が出てきて気にしている女性

更年期になると年齢からくる体調不良が重なりやすくなります。またその大半が更年期障害による可能性が高いのです。なぜなら更年期障害とはホルモンバランスの異常からくる「自律神経失調状態」だからです。
自律神経には2種類あり、1つが「交感神経」でもう1つが「副交感神経」になります。人はこの2つの自律神経を無意識のうちに適宜切り替えながら環境やストレスに対応しつつ生きているのです。
つまり、自律神経こそ人が生きていく上で最も重要な中枢神経であると断言できます。
そして自律神経を切り替える時には性ホルモンの働きが不可欠となるのですが、交感神経は目が覚めている時に集中力や意欲を上げたりストレスを感じるとそれを回避しようとするために働く神経です。そして交感神経が優位に立つ時にはテストステロンという男性ホルモンが必要になります。
一方で主に入眠中に活性化し、疲れや病気、ストレスなどから回復させてくれるのが副交感神経でこちらはエストロゲンという女性ホルモンが必要となります。
女性の場合は更年期になると閉経に向かうことで卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌量が減ることで副交感神経が鈍化してメンテナンス不足を招き更年期障害が発症します。
またストレスが多くなる出来事(子供の独立や親の介護など)が増えることもホルモンバランスや自律神経を乱すことに大きく関与しています。
お腹の張りやぽっこり感は確かに年相応の中年太りも関係しているのかもしれませんが、これ自体エストロゲンが不足することでコレステロールのコントロールがうまくいかずに起こる更年期障害の一症状と言えるのです。
他にも胃下垂や便秘など様々な要因が考えられるので代表的なぽっこりお腹の原因を検討してみましょう。

便秘

お腹を抑える女性

更年期障害を発症すると免疫力が低下し腸内環境が悪くなります。その影響で悪玉菌が増え、慢性便秘を起こしやすくなります。便秘になると便に含まれるたんぱく質が悪玉菌のエサになり増殖する時に人体にとって有毒なメタンガスを発します。
メタンガスがお腹に充満すると下半身がぽっこりと出てしまいます。また3日以上便秘が続くと腸の内部で便の量が増え腸を塞いで下腹部がぽっこり出てきます。
悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整えるには善玉菌(乳酸菌や酵母など)を含むヨーグルトや甘酒、納豆などの発酵食品、食物繊維の多い緑黄色野菜や根菜類、そして水分を多く摂ることがとても大切です。

婦人科疾患

更年期になって女性器官(卵巣、子宮、子宮頸部、膣など)の機能が低下すると、臓器自体の代謝と免疫力が下がり女性器疾患を起こすことで下腹部に圧迫感や痛みまたは腫れなどを感じ、見た目にもぽっこりした感じになることがあります。

代表的な女性器疾患とは
  • 卵巣膿腫
  • 卵巣がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
などです。

加齢による体脂肪の増加

卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌量が減るとエストロゲンの重要な作用の一つである「コレステロールを制御する」という作用も低下します。また若いころに比べると全身の代謝(基礎代謝)が落ちているため、脂肪燃焼効率が悪くなり太りやすくなるのです。

一度ついた脂肪は運動するなどして代謝を上げて消費するのが一番効率的な落とし方です。特に中年以降は脇腹や背中などにぜい肉が付きやすく、女性器官や胃腸の活動が鈍ることで脂肪が落ちにくい場所になりますので、適度な運動習慣を持って代謝を上げることが重要になります。
ウォーキングする夫婦

更年期を迎えたら日頃から心がけたいこと

更年期は女性であれば誰もが迎える自然な現象です。

しかし、全ての女性が更年期障害を起こすとは限りません。更年期障害を発症しない人は基礎代謝の落ち込みも緩やかでぽっこりお腹になるリスクも低下します。
では、更年期に入ったらどのような対策を講じれば良いのでしょうか?

無理なダイエットはしない

ぽっこりお腹になったからといって極端なカロリー制限や糖質制限、あるいは偏食ダイエットという過激なダイエットを行うのはやめましょう。基礎代謝が落ちている上に栄養不足が重なるとさらに体はエネルギーを蓄えておこうとするため痩せにくくなります。
また、極端なカロリー制限で痩せるのは健康的なダイエットではなく病的にやつれていっているだけです。これは更年期後に訪れる老化を早めるだけなので更年期では絶対にやらない方がよいダイエット方と言えます。
日頃から高タンパク低カロリーで栄養バランスを考えた食事を3食しっかりと食べることが更年期のダイエットでは重要です。
特に体をさび付かせる活性酸素を除去するためのビタミンCやエラグ酸、生殖器を正常に機能させるための亜鉛、むくみを予防改善させるカリウムやマグネシウムは人体では合成できない成分ですので食事から接取する必要性があります。

休息はしっかりと取る

疲れを癒すには休息することが何よりも重要です。休息や睡眠は疲れやストレスを癒し、病気や怪我からの回復を早めてくれます。この時働くのが何を隠そうエストロゲンによって活性化する副交感神経です。
しかし肝心のエストロゲンは更年期になると激減します。でもご安心ください、本来自律神経を正常に動かすために十分な量の性ホルモンは副腎皮質という部分からも分泌されています。
そこで寝る時間を一定にする、体を動かしたら休んでクールダウンを行うということを習慣付けておけば副交感神経が優位に立つ時に消費されるエストロゲンの量は副腎皮質から分泌されている分量でも十分に事足ります。
更年期を過ぎると更年期障害の症状のほとんどが消失するのもエストロゲンの供給元を卵巣から副腎皮質に切り替えるのに脳が慣れるまで時間がかかるからなのです。
また睡眠中に免疫力が働き腸や腎臓などの排泄器官を刺激して活性化させますのでぽっこりお腹を予防・解消させるための対策としても有効です。
眠る女性

便秘を予防、改善する

前述した通り便秘はぽっこりお腹の原因になります。善玉菌や食物繊維、オリゴ糖(小腸で吸収されず大腸で善玉菌のエサとなります)を取り、腸内フローラを正常化させましょう。

スポーツで汗をながす

「スポーツで汗をながす」これだけでストレス解消にはとても効果的です。また近年トレーニングは高齢者であっても健康に有益だということが判明し、運動習慣を持つ人は更年期障害へのリスクが低下するとされています。
つまり、スポーツはストレスケアにも更年期障害対策としてもとても有益な方法になります。当然代謝が上がるのでダイエット効果もあり、ぽっこりお腹対策としても最適です。

旅行に行ったり趣味を持つ

旅行に行く、趣味を楽しむというのは何よりのストレス解消法です。
自律神経やホルモンバランスはストレスの悪影響を強く受けます。更年期のストレスは胃酸過多によるガス溜まりや便秘を起こしやすくなるのでぽっこりお腹の原因となります。

胃薬を適宜使う

更年期障害の症状の一つにストレス性胃炎や逆流性食道炎などがあります。胃腸機能が低下すると胃酸過多からガスが溜まり、腸の方にガスが流入すると憩室や下腹部膨満感の原因になります。

お腹が張って食欲が出ない、食べてもすぐにお腹が一杯になる、げっぷが頻発するなどの場合はガスが胃腸内に充満していることが考えられますので胃酸をコントロールする胃薬などを適宜使用して対策してください。

まとめ

更年期障害では様々な原因でぽっこりお腹になり、まるで妊娠しているみたいと言われることがあります。

特に大敵なのはストレスです。ストレスによって更年期障害が重症化したり、便秘や女性疾患、胃酸過多などお腹をぽっこりさせる要素が多発する可能性があるからです。
更年期にはストレスを出来るだけ溜めないようにして生活習慣を規則正しいものにして、適度に運動し、たっぷりの睡眠と水分をとってスッキリお腹で軽快に毎日を過ごすようにしましょう。またぽっこりお腹になったからといって過激なダイエットを行うのはNGです。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います