ポーレン(ピーポーレン)という食品は、まだ聞きなれない方も多いのではないでしょうか。
ポーレンは非常に優れた栄養成分を持ち、健康、美肌、美容、ダイエットなど万能な効果を発揮する天然のパーフェクトフードと言われ、注目されている食べ物です。
スーパーモデルやセレブの中にはすでに取り入れている方も多く、今後さらに愛用者に広がりを見せるのでは、と期待されています。実はこの完璧な食品であるポーレンには、更年期障害の症状緩和や予防につながる効能もあるのではないか、と考えられています。
そこで今回はポーレンにスポットを当て、どのような効果をもたらすのか詳しくご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


ポーレンは更年期障害にも効果的?

ミツバチ

ポーレン(ピーポーレン)とは、別名「みつばち花粉」とも言われているように、ミツバチが様々な植物の花粉を集めて巣に持ち帰る際に酵素を出して丸く団子状に丸めた状態の花粉です。
ポーレンには、ほぼ完ぺきな栄養素が含まれているのでパーフェクトフード、ミラクルフードとも例えられていてポーレンには、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フラボノイドなどの成分が豊富に含まれていて、免疫力を高め抗アレルギー効果もあります。
疲労回復、免疫力アップ、貧血、鼻炎、ダイエット、アンチエイジング、などたくさんの効能を持ち、花粉症や喘息で悩まれている人からも注目されています。
更年期障害に対しては、ポーレンの豊富な栄養素が症状を緩和させると考えられています。ライフイベントや生活の変化が重なりやすい更年期は、ストレスを受けやすい時期でもあり免疫力が低下しやすい傾向になります。
ポーレンの力をかりれば、ストレスに負けず免疫力を回復させることが期待できそうですね。
ポーレンはそのまま食べるのはもちろんOKで、さらにバターやハチミツ、ヨーグルトに混ぜて食べる食べ方もあります。

ヨーグルト

栄養素の中には、熱に弱いビタミンC、酵素などの成分も含まれているので、出来るだけ加熱しない状態で取り入れるようにしましょう。
副作用に関しては、花粉症やアトピーを持っている場合は注意が必要になります。体にいいからといって過剰摂取になると、胃腸の不調を引き起こすこともあるので摂取量には注意しましょう。

まとめ

新たに注目され始めたポーレンが、更年期障害にも効果を発揮するということは、美容面とともに良い働きを与えてくれることで、40代半ばの私には新鮮な話題です。

人工的に作られたわけではなく、みつばちによって天然の成分を含む食品なので、自然と体になじんでくれそうですね。ただし、人によって合う合わないがあってアレルギーの問題も心配されているので、一度に過剰摂取にならないようによく様子を見て食べていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います