女性は平均50歳前後と言われている閉経に向けて、更年期という年代を通過する中で心身に変化が起こりやすくなります。
この変化である更年期障害は、症状には個人差があるものの多くの女性が経験します。体調が悪い状況が続き、気持ちも鬱々しやすい更年期ですが、前向きな気持ちで明るくポジティブに毎日を過ごしていると症状も軽くなり、気づかないほど変化がなく更年期を過ごせたという体験談が見られます。
様々な変化から心も落ち込みやすい更年期はポジティブな状態でいることが、更年期障害の症状を和らげてくれるカギとなりそうです。
そこで今回は、更年期障害とポジティブな思考との関係を見ていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害はポジティブな気持ちが大事

ニコニコしている女性

更年期障害の症状は非常に様々で、軽い、重いも十人十色。寝込んでしまうほど辛い症状の方からほとんど症状を感じなかったという方までいらっしゃいます。
このように症状に差が現れるのには、その人の性格によって左右されていると考えられていて、もともとネガティブな思考に陥りやすくまじめで几帳面な性格。責任感が強いタイプの人は症状が重くなる傾向にあるとわれています。
また、家族との関係や職場の状況、人間関係などの問題も影響を与えているようです。
更年期の時期には、ライフスタイルががらっと変化したり、ストレスや疲労によって心も不安定になりやすい時期です。年齢的に将来への不安を抱きやすくなることも関係します。
そのような中で、更年期をソフトに終わらせたいなら、気持ちを前向きに持ちポジティブな思考でいることが大きなポイントになります。
もともと、おおらかな性格で楽天的な思考でいる方は、実際に更年期障害の症状が軽くなる傾向にあるようです。落ち込みやすい気持ちを前向きに上げていくには、次のようなことを実践してみましょう。
  • 時間が経つのを忘れてしまうほど没頭できる趣味を持つ
  • 心が落ち込んでも気分転換できる方法を持つ
  • 更年期障害の悩みを分かち合える友人、知人を大切にする
  • リラックスできるとっておきの方法や時間を作る
  • ストレスが吹き飛んでしまうほど、楽しい気持ちになる方法を見つける など
更年期障害の辛さや悩みを、悶々と考えてしまう時間を出来るだけ作らないように、ポジティブな気持ちになれる自分なりの術を持ち、毎日を楽しんでいきましょう。

まとめ

私の友人はジャニーズのあるグループのファンで、DVDを観賞したりライブに行くことで、とてもイキイキと輝いています。

きっと更年期障害からも遠ざかることができるだろうと思えるほどです。これといった趣味のなかった私も、最近空手を始めました。体を動かし汗をかくことで、体力や筋力がつき以前よりかなり動きが良くなりました。
更年期障害は女性であればだれもが通る道です。しかし、自分の心がけ一つで調整が効くことでもあるので、見直しを計り改善していくことで明るい道が開けていきそうですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います