みつばちや花粉などの天然の植物から得ることができ、豊富なミネラルやアミノ酸を含む「プロポリス」は、活性酸素を抑える働きに加えて、抗酸化作用にすぐれているので老化を防ぎ様々な病の予防、改善に効果を与えてくれます。
まだ、プロポリスを知らない方も多いかもしれませんが、プロポリスには更年期障害の症状緩和にも効果があると言われていて、あらためて注目を集めています。
そこで今回はプロポリスという成分を取り上げ、更年期障害に対してどのように有効なのかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


プロポリスが更年期障害に与える影響とは

蜂蜜

プロポリスとは、ミツバチ、働き蜂が植物の様々な樹脂などをかみ砕き、唾液と一緒に混ぜ合わせるワックス状態にすることで作り出した天然の成分です。日本では「蜂ヤニ」としても知られています。
プロポリスには、非常に強い抗菌作用があり、この働きによってハチの巣の中が衛生的に保たれていると考えられています。抗菌作用の他にも抗酸化作用、抗ウィルス、抗ストレスといった作用も合わせ持っています。
プロポリスは、フラボノイドというポリフェノールの一種の含有量が多く、他にもビタミンB群、ビタミンE、ミネラルが豊富に含まれています。
女性ホルモンのエストロゲンが減少しホルモンバランスが不安定になり、さらに自律神経が乱れることで心身に様々な不調や変化が起こるのが更年期障害です。
フラボノイドに含まれている天然の成分が、更年期障害のホルモンバランスを上手にコントロールし自律神経を安定させてくれます。
しかし、プロポリスという成分は大変希少であって、原産地であるヨーロッパやブラジルなどからも輸入にはコストがかかることから、価格が高めであるというデメリットが生じやすくなります。
もし、プロポリスをサプリメントで取り入れるなら、効果が見られないからと摂取を中断せず、ある程度の期間は継続して続けるて変化を確認することが大切です。

まとめ

サプリメントは薬と比べると即効性に欠けます。これまでにいくつかのサプリメントを利用してきましたが、早い効き目を期待してしまうので、1週間続けたくらいで何も変化がないからといって摂取を辞めてしまった経験が多々あります。

すぐに効果を得たい気持ちは誰にでもありますが、サプリメントは薬ではないということを頭に置いて、まずは3カ月を目安として続けてみましょう。
また、サプリメントだけでなく食べ物からの栄養に気を付けたり、適度な運動を組み合わせるなど生活習慣にも気を配ってみるといいでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います