更年期障害によって様々な変調が起こるのには、ホルモンバランスの乱れが関係しています。
しかし、実はそれだけでなく更年期障害による不調には、ストレスが大きな影響を与えているのです。
また、ストレスを溜め込みやすいタイプの方は、更年期障害の症状が重くなりやすいとも言われています。更年期を出来るだけ快適に過ごすには、ストレスや疲れを溜めずにリラックスできる時間を作ることが大きなポイントになるでしょう。
リラックスできる方法は人それぞれで、どんなことでも自分の心身が安らげばいいのです。中にはジャニーズのファンでDVDを観ることが最高のリラックス方法です、という女性もいらっしゃいます。
そこで、今回は更年期障害に効き目のあるリラックス方法に注目し、おすすの方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害が楽になる、リラックス効果を得る方法

更年期という年代は、ライフスタイルが変化したり、イベントが多くなったりとストレスや疲労を感じやすくなります。
更年期障害の症状に悩まされると、その変化がストレスを呼びさらに悪循環にも陥りやすくなります。

更年期の変化やストレス、疲れから解放されるために、よく実践されているおすすめのリラックス方法をご紹介していきましょう。

アロマテラピーを利用する

アロマポット

アロマテラピーとは、植物や花、フルーツなどから抽出した香りの成分である精油(アロマオイル)を使用して、心身の不調を緩和させたりトラブルを回復させる方法です。
健康や美容に効果を与えるアロマテラピーは、芳香によってリラックス効果が得られ更年期障害の症状が緩和されるので、更年期障害でお悩みの方の味方でもあります。
アロマオイルによって効能は異なりますが、更年期障害対策としては、ゼラニウム、イランイラン、カモミール、ラベンダー、ローズウッド、ベルガモット、ジャスミン、ローズマリーなどがおすすめの香りです。

ヨガを行う

ヨガやストレッチなどを行っている方は更年期障害が軽く済むという話もあります。

ヨガによって全身の血流が良くなり自律神経が安定する働きがあります。ヨガの基本でもある深い呼吸がリラックス効果を与えてくれます。
夜寝る前に10分ほどストレッチをゆっくり行うだけでも心身がリラックスし、寝つきもよくなります。

軽い有酸素運動を行う

無理のない軽い運動は、血流が促され呼吸が深くなることでリラックス効果が得られます。

呼吸が早くなり息が上がるような運動は、更年期障害には逆効果です。ウォーキングなどじわっと汗をかけるような軽い有酸素運動がおすすめです。

恋愛をする

嬉しそうにハートを浮かべる女性

恋をすると肌つやがよくなったり、女性が美しくなると言われていますね。
ご主人がいらっしゃる方も多いので、誤解のないように参考にしてみて下さい。
リアルな恋愛ではなくて、いわゆるエア恋愛、疑似恋愛をすることでも、女性ホルモンが分泌され安定しリラックス効果も得られます。
好きな俳優や芸能人、アイドルの追っかけのような事でも十分効果が得られます。何かときめきを感じるようなことをはじめてみてはいかがでしょうか。

大好きな趣味を見つけて没頭する

時間を忘れてしまうほど熱中できる趣味の時間は、リラックスを生むのに適した方法ですね。

やりたい大好きなことに取り組んでいるときは、リフレッシュできます。打ち込める趣味を持っている方は、更年期障害の症状が軽いとも言われています。
今回ご紹介した方法は、ほんの一部です。
自分がもっともリラックスできる方法を見つけ、ぜひ実践してみてください。

まとめ

更年期障害に対してだけでなく、心身が豊かな状態でいるにはリラックスすることが大切ですね。今現在、何もリラックス方法がなくても、リラックス方法を探さなくては、と身構えることはありません。

ドラマを見る時間、入浴する時間、美味しい食事を食べている時間、など普段の生活の中でもリラックスしている瞬間はいくつかあるでしょう。
ちょっとしたことでもリラックスできる時間や空間を見つけることで、気がついたら更年期障害から遠ざかっているかもしれませんね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います