健康や美容に関心の高い女性達から注目されているルイボスティーは、テレビでも取り上げるなどされおなじみの顔となり、さらに魅力に磨きがかかっています。
ルイボスティーの持つ不思議なパワーの歴史は古く、南アフリカの原住民によって大切に受け継がれてきました。
ルイボスティーの魅力は女性に嬉しいアンチエイジング、美肌、冷えの解消、ダイエット、妊活、安眠効果など多くの効果、効能を持つことです。
そして、更年期に入った女性に起こりやすい、女性ホルモンエストロゲンの減少による更年期障害の症状を緩和させるとして、更年期障害対策、予防としてルイボスティーを取り入れることが増えてきているようです。
そこで、今回は更年期障害に強い味方となるルイボスティーについてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害のお悩みに強い、ルイボスティーとは

ポット

まず、ルイボスティーがどのような植物から抽出されたお茶なのか見ていきましょう。
ルイボスティーの原料であるルイボスは、マメ科の針葉樹です。原産地は、南アフリカ共和国でセダルバーグ山脈に囲まれた一帯で栽培されています。
ルイボスティーの栽培がおこなわれているのはこの土地だけで、他の土地での栽培は行われていません。カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛などの豊富な成分を含み、カフェインが含まれていないので、妊娠中や授乳中、小さなお子様まで安心して飲むことができます。
そして、ルイボスティーの最大の特徴がSOD酵素(スーパー・オキジド・ディスムターゼ)様酵素が多量に含まれていることです。
SOD酵素とは活性酸素分解酵素と言われ、傷ついた細胞を修復したり、細胞に傷がつくことを防いだり、シミやシワの原因となる活性酸素を分解する働きがあります。抗酸化物質はは体内でも生成されますが、加齢とともに能力は低下し様々な老化現象として現れてきます。
ルイボスティーを飲むことでSODを補えることが分かったことで、アンチエイジング効果への期待が高まりさらに注目を集めるようになりました。

ルイボスティーが更年期障害に与える働きとは

指差す看護師女性

ルイボスティーに豊富に含まれる亜鉛には、黄体形成ホルモンの働きを活性化させ、女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。加齢に従って女性ホルモンエストロゲンが減少することが原因となる更年期障害の症状の緩和が期待できます。
他にもルイボスティーには体を温めリラックスさせる効果も高いので、更年期障害の症状を重くするストレスを軽減してくれます。このようなことから、更年期障害で引き起こしやすい心身の不調が改善方向へ向かっていきます。

まとめ

私とルイボスティーとの出会いは、私が高校生の時でした。陸上部だった頃、練習中や練習後の水分補給にルイボスティーが良いとして、取り上げられていたのです。当時は、アンチエイジングや更年期障害に良いことは全く知らず、今でもこのようにして注目を集めていることを嬉しく懐かしく感じました。

きれいな色をしたルイボスティーは、最初は独特の風味を感じるかもしれませんが、すんなり受け入れられる味です。アイスでもホットでも飲みやすくお子さんも含めて家族で取り入れてみると健康に美容にと効果を楽しめますね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います