人間の脳は情報の8割を視力から得たソース(情報源)に依存していると言われています。それゆえ年をとって次第に視力が弱くなると脳の活動が鈍くなりがちになります。

日本人の失明原因第1位は緑内障と言われていて、40歳以上の人は20人に1人の割合で発症するとされているほど発症確率の高い目の病気です。
緑内障は加齢が主な原因ですが、発症リスクが高まる40代はちょうど更年期と重なりますので、緑内障の原因として更年期障害も影響しているのか非常に気になります。
今回は更年期障害と緑内障の関係について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


緑内障はなぜ起こる?また更年期障害との因果関係は?

目のイラスト

緑内障は中高年を代表する目の疾患の一つです。初期の症状としては
  • ものが見えにくくなった
  • 視力が落ちた
など見え方に異変を感じるようになり、次第に視野が狭くなっていき最終的には失明する病気です。
これは目から入ってきた映像情報を脳に伝達する神経に異変が起こることが原因ですが、その主な原因は「加齢」だと言われています。
40歳以降の人は20人に1人の割合で発症し、年齢が上がるごとに発症頻度も高くなります。そして症状の進行は非常にゆっくりで、通常は片方の目にのみ発症するためかなり進行するまで自覚症状を持たないケースが多い症例になります。
最大の予防法は40歳を過ぎたら定期的に眼科で検診を受け、目の健康状態を把握しておくようにすることです。
では加齢がどのように目に影響を与えて緑内障が進行するのかを説明していきましょう。緑内障が眼神経の障害であることは先にも述べた通りです。
神経は情報の通り道ですので圧迫されるとやりとりする情報量が低下してしまいます。目は瞳孔が伸縮することでピント調整を行っていて、瞳孔は筋肉と腱によって複雑に動きが制御されているため、疲れ目(眼精疲労)や老眼、近視など視神経に障害を起こし眼病になると瞳孔の働きが鈍化し、しなやかさを失った眼球周囲の筋肉は肥厚していきます(ちょうど肌が劣化するとしなやかさを失って分厚くなるのと同じ原理です)。
これによって眼神経が圧迫されて眼圧上昇を起こし、次第に視野が狭くなっていくというのが緑内障の発症メカニズムです。
青ざめる女性
生まれつき眼圧が高く緑内障を起こす人もいますが、90%以上は「老化」あるいは「加齢」による眼細胞の劣化によるものです。
では、次に“更年期障害が緑内障の原因なのか?”について検証してみましょう。
更年期とは閉経をはさんだ前後5年ずつの計10年間と定義されています。閉経前の5年間で女性の生殖器官は次第に機能低下を起こし、特に卵巣から分泌されているエストロゲンの合成量が落ちることで自律神経の一つである「副交感神経」が不活性化を起こし自律神経失調状態となり様々な健康被害を生じるのが更年期障害です。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後ですので一般的な更年期は45歳〜55歳ということになります。
一方の男性には閉経という現象は起こりませんが、やはり40歳ころから次第に生殖機能は衰えを見せ始め、精巣から分泌されているテストステロンという男性ホルモンの量が減少していきます。これによって自律神経中の交感神経の働きが鈍り、主に精神症状を中心とした男性版の更年期障害であるLOH症候群を起こすようになります。
困り顔の男性
このように男女共40代半ばころから心身の状態に大きな変化を起こすようになります。ですから「更年期」というのは今では女性だけでなく男性にも使われるようになりました。
そして更年期障害やLOH症候群の直接的な原因である“自律神経の乱れ(自律神経失調状態)”は初期の楼観化粧とも言われていますので、緑内障が加齢からくるものであるとしたら、因果関係はないとは言えませんしむしろ強い関係性があると言えるでしょう。
しかし、更年期障害は更年期が過ぎて再びホルモンバランスが落ち着くと症状も自然と消失していきます。
ところが緑内障は進行性の眼病ですので、更年期が過ぎても治療を行わない限り症状が回復するということはありません。この点で「更年期障害」とは区別すべきであるというのが医学的には一般的な考え方になります。
平たく言えば、更年期という年齢とは初期の老化現象が始まる年代で、緑内障は更年期障害というよりも老化現象の一つとして起こる眼病であるという解釈になります。
緑内障のように更年期頃から始まり次第に進行していくのには他にも「肌荒れ」、「脱毛症」、「性欲の低下」、「夜間頻尿」、「体臭」、「ロコモティブシンドローム」などがあります。

眼圧が正常なのに緑内障を発症するケース

近年の調査では眼圧が正常なのに緑内障を発症するケースが多く、全体の7割近くを占めているというデーターが公表されています。

この傾向は欧米よりも日本で高く、細かい原因等についてはまだわかっていません。このタイプの緑内障を「正常眼圧緑内障」と呼びます。
従来の緑内障は眼球中の房水(水晶体を伸縮させる筋肉を潤滑にするための液体)の出口が加齢によって広がったまま動きが止まり次第に目詰まりし眼圧が上昇していくタイプ(原発解放隅角緑内障)もしくは閉じた状態でつまりが進行してしまうタイプ(原発閉塞隅角緑内障)が主流とされてきました。
眼科では初期の緑内障については眼圧を下げる効果の有る点眼薬を投与するのが治療の第一選択肢になります。しかし、点眼薬を使っても視野欠損が進行する場合にはレーザーをつかった外科手術が適用されます。
点眼薬
緑内障は一度発症したら完治することのない進行性疾患ですので、眼科医で治療を受け少しでも進行を遅らせることが重要となります。そのためにも40歳を過ぎたら年に1度は眼科検診を受けるようにしましょう。早期発見すればそれだけ治療効果が上がります。
*正常眼圧緑内障についての治療においても眼圧を下げることで効果が得られますので治療のガイドラインは従来の緑内障と変わりません。

まとめ

40代を過ぎたら緑内障には注意が必要です。緑内障は次第に視野が狭くなり治療をしないでいるとやがて失明する進行性の眼病で、日本人の失明原因第1位になります。

40歳を過ぎると20人に1人の割合で発症し、年齢が高くなればなるほど罹患率が上昇します。
年齢的に更年期障害との関係性が疑われますが、自律神経の乱れから眼神経に異常をきたし緑内障のきっかけの一つになることは考えられますが、更年期が過ぎると症状が落ち着く更年期障害とは違いその後も症状が進行してくため区別されています。一度発症したら眼科での治療が必須ですので、該当する年齢の人は年に1度必ず眼科検診を受けるようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います