更年期と呼ばれている40代半ばくらいの年代には、更年期障害と併せて「寂しい」という心境に陥ることが多く、この2つの症状が重なることで重い体調の変化にお悩みの方もいらっしゃいます。

ちょうど更年期には、子供の進学や就職、巣立ちなどが重なる時期であり、愛情をかけて育てた子供が離れていく寂しさや不安から心が不安定になります。
このような症状は心に穴が空いたような状態で、一人でいると寂しくて涙が止まらなくなり、うつのような症状や引きこもりを起こしてしまうこともあります。
更年期障害の症状を悪化させてしまう要因にもなる「寂しい」という感情は、症状が進行する前に寂しさを忘れられるようにコントロールできる力を身につけていきましょう。

スポンサーリンク


更年期で寂しいのは空の巣症候群

汗をかく女性

更年期に「寂しい」と空虚感を感じさせる要因になるのは、今まで手塩にかけて育ててきた子供が進学や就職、結婚などをきっかけにして自分のそばから離れて行くことです。
このような症状は「空の巣症候群」とも言われていて、特に子供に人生を捧げ子供が生きがいだったという女性には、「寂しい」という症状が強く現れるケースもあります。
このように生活環境が大きく変化するきっかけや大きなイベントが起こりやすい更年期には、ストレスや疲労によって更年期障害の症状が悪化する可能性も高くなります。
次にご紹介するような対策を自分で実施し、寂しい気持ちを紛らわせ、他のことに集中することで子供がいないという寂しさを忘れていく努力をしてみましょう。
  • ペットを飼って愛情を注ぐ
  • 子供との時間を忘れてしまうくらい熱中できる趣味を持つ
  • 更年期の空の巣症候群で同じような経験をしている人の集まりなどに参加し、気持ちを共有する
  • 夫との関係をより深める
  • 携帯電話、テレビ電話、インターネットなどを利用して子供との距離を保ち、連絡手段を確保しておく
  • 何もしないで子供のことを考えてしまう時間を作らないようする
  • 子供以外の新たな生きがいを見つける
まずは、今まであった子供との時間を埋めるようにしてみましょう。
新しい発見をして、生きがいを構築し、子供との良好な関係を改めて作っていきましょう
症状が辛い時は、我慢せず専門家によるカウンセリングを受ける、というようなことも大切です。

まとめ

空の巣症候群による寂しさを乗り越えるということは、新たな人生の再出発とも言えるでしょう。自分だけの時間や趣味を持てるということは、子育て真っ最中で忙しくしていた時には憧れではなかったでしょうか。

新しい道を歩み始め、イキイキしている両親を見るのは子供にとっても嬉しいことです。寂しい気持ちになるのは当然かもしれませんが、自分のため、巣立った子供のためにも新たな生きがいを見つけ、寂しい気持ちから抜け出していきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います