寒い季節でもないのに異常なほどの寒がりになってしまい、皆が快適な温度の中でも寒さで震えている、また、服の重ね着はもちろん、カイロや腹巻が欠かせなくなったという経験ありませんか?
40代頃からの更年期に入ってから特に寒がりになったと感じる女性は多く、いてもたってもいられないほどの寒気に悩まされています。
更年期障害がどのように関係して寒がりになるのか、原因を知り解決方法を見つけてみましょう。

スポンサーリンク


更年期障害で寒がりになりやすい原因

寒がり

男性より筋肉量が少なく基礎代謝が低い傾向にある女性は、そもそも冷え性になりやすい体質で夏場の暑い時期でも冷房の影響などで寒がりになる人も多く見られます。
更年期障害では、女性ホルモンのエストロゲンの減少によってホルモンバランスが乱れ、血流をコントロールしている自律神経の働きも乱れます。
すると、血液のめぐりが滞り体内で生成された熱が血液によって手や足などの末端の隅々まで運ばれにくくなります。十分な熱が体内を巡らないことによって、体の冷えを感じ寒がりになりやすい体質に変化するのです。

更年期障害が原因で起こる寒がりの対策方法としては、

①減少していく女性ホルモンと同じ働きをできるような作用を持つ成分を食事やサプリメントで補う
②自律神経の働きを正常に戻すために、規則正しい生活、バランスの良い食事を心掛ける
以上のことに取り組んでみましょう。
ただし、寒がりの症状だけでなく他の更年期障害の症状も出ていたり、感じる症状が強く日常生活に支障が出ている場合は、病院にかかりホルモン補充療法などの治療を受けるようにしましょう。

まとめ

寒気を感じることが多くなり、熱を測っても平熱かもしくは低いくらい。お風呂に入っても寒くて仕方ないことが多くあります。いくら、着込んでも体内が冷え切っているような感覚で、まさに血液が循環していないように感じます。

やはり、体質を改善したり体内の循環を上げて中身が温まるようにしないと、根本的な解決にはなりそうもありませんね。更年期障害が原因であるなら、更年期障害の症状を和らげるような効果のあることを取り入れてみると寒がりの症状も穏やかになっていくでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います