女性の更年期障害の中で80%以上の人が経験するといわれているのが「ホットフラッシュ」です。これは自律神経の異変で特に気温が暑くなくても突然顔がほてり、大量の汗をかくという症状になります。
しかし、暑いのは上半身、特に顔だけで他は何ともなかったり逆に下半身は冷えている場合もあります。
さらにホットフラッシュの発作は数時間で収まりその後急に冷えて体調を大きく崩すきっかけとなる場合もあります。
また、時と場所を選ばずに発作が起こるため外出するのが億劫になったり、内向的になりそこからうつ状態を引き起こす場合もあります。このように一旦起こると非常に厄介なのがホットフラッシュなのですが、今回はこのホットフラッシュと「寒さ」との関連性について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害では寒い、暑い、多汗が1日でやってくる?

寒がる女性

全女性の中で「私って更年期障害かしら?」と疑いをもつ一番顕著な症状がホットフラッシュと言われています。前述したように気温や場所に関係なく突然顔が火照って大量の汗をかくという症状ですが、詳細な原因についてはわかっていません。
ただ、更年期障害は自律神経失調の一種で自律神経には体温調節をするという働きがあるので、その部分に異常をきたし暑くもないのに血管が拡張して頭部へと大量に血液が流れ込み上半身だけ体温が急上昇するということがわかっています。汗は勝手に急上昇した体温を冷やすために大量に流れてくるのです。
しかし、下半身は平時の体温と変わらないかもしくは冷えすら感じることもあるので完全に体温調整機能が狂ってしまっていると言えます。
それに加え、大量の汗をかくため、汗が引くと今度は一気に体温が下がり、冷房の効いた室内や冬場では風邪を引いたり体調崩してしまう原因となります。
ホットフラッシュの発作は数時間で収まりますが、体温調整と汗に対する対策を講じる必要性があるのです。

更年期障害:ホットフラッシュの後は寒くて眠い。。。

頭をおさえる女性

映画やドラマでは冬山で遭難して「寝ると死ぬぞ!寝るな!」といって頬を打つシーンを目にすることがあります。これは事実で恒温動物といえども体温が低くなりすぎると猛烈な眠気に襲われるからです。
体温」というのは細胞が通常機能するために必要な熱量になります。つまり体温が下がるということはそれだけ内臓機能が低下していくことになるので脳も機能低下を起こし眠気を感じるのです。
人間は夜眠るようにできているのも日中より気温が低いので寝るのに最適な環境だからです。そして、眠ると体温が1度ほど下がることは研究でも明らかにされています。
またこうして入眠中は体温を下げることで細胞の働きを緩やかにして休ませているのです。
このことを頭に入れておいて次の説明へと読み進めていってください。
ホットフラッシュ発作が起こると上半身の体温は急上昇します。それを冷やすために大量の汗が出てくるというのは前のパートでも説明した通りです。
汗は乾くときに気化熱(液体が気化するときに熱を持ったまま蒸発する現象)によって体温を下げていきます。これはエアコンや冷蔵庫と同じ原理です。
ホットフラッシュ発作によって大量の汗をかき発作が治まると今度はその汗が引いていくことで大量の気化熱が発生し体温が急激に奪われていきます。
こうして発作後には寒気を感じて眠たくなるのです。

ホットフラッシュ発作後への対策として

説明する白衣女性

ホットフラッシュ発作は時と場所を選ばず突然やってきます。汗と冷えの対策をきちんと立てておかないと体温が急に冷えることで免疫力が低下し風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。
発作に対する対策としてはタオルやウエットティッシュなどで首筋を冷やしてなるべく顔の体温上昇を防ぐことと汗をこまめに拭いて急な体温低下を防ぐことで眠気予防や風邪への対策にもなりますが、予防として日頃から“ホットフラッシュ発作が起こりにくくなる”ような対策を紹介しておきましょう。
ホットフラッシュは更年期障害患者のおよそ8割が経験する症状ですので、対策を立てておいたほうがより元気に更年期を乗り切ることができることでしょう。

食事内容の見直し

食事は生きていく上で最も基本的な行為です。更年期障害のように中枢神経である自律神経の乱れからくる体調不良を改善していくには食事の内容を見直すという行為は非常に大切で、臨床現場でも「食餌療法」として取り入れられています。
そこでも指導されることなのですが、ほてりやのぼせを抑えるためには以下の点に注意することがポイントとなります。

・糖分を控える:糖分は体内でブドウ糖に分解されてエネルギーとして代謝されます。つまり糖分の摂りすぎはエネルギー過多となりホットフラッシュを招きやすくなるのです。
普段食事では炭水化物を食べることになるのでそれ以外の糖質はできるだけ控え、主食も腹八分目になるように調整しましょう。
・冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むようにする:ホットフラッシュ発作時は体温を下げるために冷たいものが飲みたくなりますが、その後の急激な体温低下を防ぐためには冷たい飲み物よりも温かい飲み物(熱すぎない程度)を飲むほうが良いでしょう。急激な体温変化は健康にとって良くないのでできるだけ体温をフラットな状態に維持できるよう少し温めのものを飲むと良いとされています。
・カフェインやアルコール、辛いもの(刺激物)を避ける:カフェインやアルコール、辛い刺激物には要注意です。カフェインは取りすぎると「興奮」、「顔面紅潮」が起こりますし、アルコールと刺激物には血管拡張作用があり、ホットフラッシュを起こしやすくなります。
カップに入ったコーヒー

生活習慣の改善

・禁煙を心がける:更年期障害になると精神状態が不安定となるため、喫煙経験のある人はタバコを吸いたくなります。しかしタバコは「百害あって一利なし」です。ニコチンやタールなどが血液の流れを悪くして更年期障害をさらに悪化させる可能性があるので禁煙を心がけるようにしましょう。

・太らないように適度なダイエットをする:皮下脂肪がつくと体温が下がりにくくなり、一旦下がると今度は上がりにくくなります。(それだけ脂肪は熱伝導率が悪い物質ということになります)
ホットフラッシュのように短時間で体温が激しく上下するような症状にとってこれはあまり良くない状態ですので、太らないように適度な運動をしてダイエットを心がけるようにしてください。
ただし、あくまでも「健康的なダイエット」でなければ意味がないので、極端なカロリー制限や食事制限、偏食などによる間違ったダイエットはNGです。
・ストレスを溜めないようにする:自律神経やホルモンバランスは「精神的なストレス」の影響を強く受けます。したがって趣味を持つなどして自分なりのストレス解消法を身につけるようにしてください。自律神経が平常通り活動してくれればホットフラッシュ発作も起こりにくくなります。
ただし、楽しいからといって以下のことは逆に「興奮するだけ」で鎮静効果はないのでストレス解消にはなりません。

  • ギャンブル
  • 買い物依存などの依存傾向
  • 真夜中のテレビゲームやSNSなど輝度の高いモニターを見続ける行為

サプリメントで対策

袋に入ったサプリメント

現代は女性の社会進出も当たり前になり、仕事を持つ女性が多くなりました。そのため更年期障害対策は手間のかからないものであればそれに越したことはありません。
そこであくまでも生活習慣を「できる範囲で改善する」というのを前提としてサプリメントの導入も考えてみましょう。
更年期障害対策サプリメントというのは実は隠れたヒット商品で色々なシリーズが販売されています。
そこで商品選びの際に一つの目安となる成分を紹介していきたいと思います。
これらの成分を含んだサプリメントを選んで様子をみてください。(改善傾向が見られない場合は婦人科受診をお勧めします)
  • エクオール
  • 大豆イソフラボン
  • 高麗人参
  • ローヤルゼリー
  • マカ
  • プラセンタエキス
  • ビタミンB群

まとめ

ホットフラッシュとは更年期障害を代表する症状です。突然暑くなって大量の汗をかいたと思った数時間後には今度は急に汗が引き大量の体温が奪われて眠たくなるという発作を1日に何度も起こしてしまう厄介な病気です。

細かい原因は不明ですがホルモンバランスの乱れからくる自律神経の体温調整機能の不具合であることは間違いないので、更年期を迎える40代になったら事前に対策を立ててできるだけ更年期障害にならないか、なったとしても軽い自覚症状にとどめておくようにすると良いでしょう。
もし、発作が起こった時は発作中は濡れタオル等で首筋を冷やして顔の熱をとることと、体全体は冷やしすぎないようにすることが重要です。体の内部を冷やしすぎると発作が治まってから今度は悪寒や眠気に襲われる場合があります。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います