気温が低い日でも薄着でいても全く平気で、うっすら汗をかくことも。身も凍えるほどの寒さなのに、「寒くない」といって一人薄着でいるパートナーや親友を大丈夫だろうかと心配しているケースも見られます。
いくら寒くて気温が低くても寒さを感じずむしろ暑がってしまう状態は、もしかしたら更年期障害が関係しているのかもしれません。
正常に体温調節ができているのか心配になっているという方へ、寒くないという症状と更年期障害の関係をお話ししていきましょう。

スポンサーリンク


寒さを感じないのは、更年期障害による影響の可能性もあり

疑問を感じる女性

寒いはずのに寒くない、むしろ暑いという体温に関して起きる感覚の異常は、40代~50代にかけての更年期であれば、更年期障害によって起こる可能性が高くなります。
更年期障害は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少し、ホルモンバランスの乱れ、不安定になった自律神経機能の影響などが原因で起こる症状です。
自律神経は体温調節をコントロールしているので、「寒さを感じない、むしろ逆に暑い」という症状が主に上半身に起こりやすくなります。
そして反対に下半身が寒く手足が冷たいのであれば、更年期障害による「ホットフラッシュ」の可能性があります。
  • 早寝早起きで規則正しい生活を送る
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
  • リラックスできる趣味を持つ
  • エストロゲンと同じような作用をする食品を取り入れる
など、日常生活でのセルフケアを行い、症状が重い場合は、病院でのホルモン補充療法(HRT)を受けることで、ホットフラッシュの症状が改善されることがあります。

まとめ

ホットフラッシュは更年期障害の代表的な症状で、顔や体がほてり、自分の意思で汗が止められなくなります。気温、場所に関係なく起こる症状なので、寒い日でも自分だけほてり暑がっているような感覚になるのでしょう。

暑さ、寒さに関する感覚が鈍くなってきたら、更年期障害の可能性が高くなります。他に更年期障害の症状はないかチェックしてみて、更年期障害かもと思ったらセルフケアから取り組んでいきましょう
また、暑さ寒さが分かりにくいのであれば、脱ぎ着しやすいカーディガンなどを持ち歩く対策に便利です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います