更年期になってパートナーとの性行為中に痛みを感じたことはありませんか?
これは更年期障害の一つに数えられる膣の乾燥によるものです。通常女性は性的な興奮を感じるとパートナーのペニスを受け入れやすくするための膣分泌液が出てくるのですが、更年期以降は閉経に向けて女性器官の機能低下が起こるため膣分泌液も量が極端に減り、性行中の摩擦で膣壁が傷つき痛みを感じるケースが多いのです。
また同じ理由で子宮と膣の衛生状態を保つおりものの量も安定しないため放置していると傷口から病原菌が入り感染症を起こす可能性もあります。また性行中に痛みで中断するケースが増えると夫婦仲にも微妙な空気が漂い始め最悪の場合離婚に至るケースもあります。
セックスはとても重要なスキンシップですので性行中の痛みは放置せずキチンとした治療もしくは対策を講じるようにしてください。
今回は放置していると怖い性行中の痛みについて説明していきます。

スポンサーリンク


更年期障害の性行痛:出血した場合の症状とは?

泣いている悲しそうな女性

女性は更年期になると閉経に向かい女性器官の機能が低下していくことで膣粘膜が乾燥し、性行為中に痛みが走る場合があります。
日本人の感覚では更年期と言われる歳にもなってセックスするなんて恥ずかしいという概念がいまだに根強く、特に女性の間では貞操観念から中年期以降のセックスを敬遠する人が多いのですが、性的な興奮は女性ホルモンの分泌を促し、更年期障害の症状を和らげる効果があることが判明しています。
また寿命も延び従来の概念で「中高年の女性はこうあるべき」といった古い考え方や風習が当てはまらなくなっているのが現代社会です。夫や恋人といったパートナーとの関係性を良好に保つためにセックスは重要なスキンシップになるのです。そのスキンシップ中に痛みで中断したりするとパートナーの心象を悪くしてしまい、最悪の場合別れ話にまで発展することは十分に考えられることです。
また、子宮から膣にかけての自浄機能(おりもの)が減るために傷の治りが遅くそこから病原菌が侵入してきて深刻な感染症を引き起こす可能性も否定できません。
感染症や炎症が起こるとますます女性器官の機能は低下をしていき更年期障害の症状がひどくなっていくことも予想されます。
このように更年期の性行痛は心身ともに深刻な事態を招きやすい症状ですので、放置しないでしっかりとした対策を立て、痛いと感じたら婦人科を受診するようにしてください。
指をさす眼鏡の白衣女性
  • 更年期になったら気をつけたい性行中の注意点
・痛みを我慢しないで夫(パートナー)に伝える:上記の通り、もし膣に傷が付いていたら感染症や炎症性疾患へのリスクが高くなります。痛みは我慢しないでキチンと相手に伝えましょう。
・前戯を大切にしてもらう:閉経前であればまだ女性器官は活動しているので、性的な興奮を得られれば膣分泌液は出てくる可能性があります。
そこで夫やパートナーには十分時間を掛けて前戯をしてもらい性的な興奮をしっかりと得てから挿入してもらうようにしましょう。
濡れていない状態で挿入するのは危険ですので、もしどうしても乾燥したままの状態なら後のパートで紹介する方法を試してみてください。
・普段から外陰部を清潔にしておく:ただし、洗いすぎはNGです。まだおりものが出ているとしたら、洗い流しすぎると乾燥してしまいかえってマイナスとなるので強く洗いすぎない程度に清潔を保つようにしてください。

更年期障害の性行痛:治療について

病院の形をした置物と芝生

膣乾燥や性行痛の原因が更年期障害にあると疑われる場合は婦人科で治療を受けるのが良いでしょう。傷の具合や現時点でのホルモン量も測定してもらえます。
更年期障害が原因で性行痛が起こる場合、年齢やその他の自覚症状の有無で判断することができます。
・年齢:40代以降であること
・その他の自覚症状:代表的なものとしては「ホットフラッシュ(顔の火照り)」、「イライラ感」、「腰痛」、「頭痛」、「やる気が起こらない」、「すぐに疲れる」、「頑固な肩のコリ」などになります。
このように更年期障害から起こる膣乾燥や性行痛の場合は
・「ホルモン補充療法
という治療を受けることになります。これはホルモン製剤の投薬治療のことで減ってしまった女性ホルモンを薬で補充するという対症療法になります。
体内の性ホルモン量が増えるため治療効果は高いのですが、場合によっては
などの副作用をきたす可能性がありますので、医師と良く相談の上で治療を決めてください。
また、更年期障害を疑わせる他の症状がない場合は「膣座薬」が投与されることもあります。
  • 膣座薬とは?
膣座薬とは膣内の感染症や炎症を治療するために処方される薬です。
幾つか種類がありますが、飲み薬のように腸から吸収されるのではなく直接膣内に挿入するため胃腸への負担が少なく効き目が早く確実であるという利点があります。
形状は普通の座薬のようにミサイルのようなものもあればまる粒状や楕円形などもあります。
使用方法は
  • 手をよく洗い清潔にする
  • 膣座薬をできるだけ膣の奥にまで挿入する
  • 挿入後は30分以上安静にしている
というステップになります。挿入時に痛みを感じる場合がありますが、慣れると痛みは感じなくなります。
お風呂上がりは腟部や手が清潔だしリラックスできている状態なので挿入しやすいと思います。

更年期障害の性行痛:漢方薬で治療する

粉薬

古くから女性の更年期障害には漢方薬が用いられてきました。そこでこのパートでは粘膜の保護や潤い、保水性の高い成分で処方されている漢方薬を紹介したいと思います。
いきなり婦人科を受診するのに抵抗がある人はまずは漢方薬を試して様子見をしてから受診という流れでも良いかと思います。

八味地黄丸

基本的な漢方処方の一つです。乾燥肌を和らげ、体を温めて生殖機能を向上させる働きがあります。更年期障害では下半身の冷えを訴える人が多いのでそのような方に向いています。

四物湯(しもつとう)

もともと女性の更年期障害に効果があるという処方ですが、乾燥肌、肌の色つやが悪いなど潤い不足を和らげる作用があります。

温経湯(うんけいとう)

体を温め、乾燥肌を緩和しホルモンバランスを整えてくれる漢方薬です。

人参養栄湯(にんじんようえいとう)

生薬(原料)に高麗人参が配合されています。冷えや貧血気味で肌がカサカサしている人向けの処方です。

更年期障害の性行痛:ゼリー(ローション)を使う

ハートマーク

ここでは婦人科での治療や漢方薬よりももっと手軽な対処法を紹介しましょう。それが潤滑剤(ゼリーやローション)です。
薬局やドラッグストアー、スーパーの薬剤コーナーなどでも気軽に購入できます。ただし、用途がセックス向けなので恥ずかしい人はネット通販などを利用すると良いでしょう。
医薬品をあつかっているショップやアマゾンなどでも購入できます。男性側も挿入時の滑りが良くなると性的な興奮が高まりやすいので更年期のカップルにはお勧めです。
安全性にはほぼ問題ありませんが、使用後は綺麗に洗い流すようにしましょう。

日々のケアのための対策について

上記のゼリーやローションは行為のときに使うのにとても有効的ですが、更年期障害の根本的な対策にはなりません。やはり日頃からケアをしていざという時にも健康上の問題が起こらないようにしておきたいものです。

そこで二つ前のパートでも紹介した漢方薬の原料(生薬)でもある「高麗人参」を例に挙げてみましょう。
高麗人参は漢方の原料でもありますが、もともとは食材なので安全性については問題ありません。
ただし、体が温まるため摂りすぎるとほてり感が出やすくなります。したがって1日の摂取目安量(サプリメントの場合)を守るようにした方が良いでしょう。
薬とは違いますので飲むタイミングについては気にする必要性はありません。
高麗人参
これが漢方薬だと食前や食間と言った具合に飲むタイミングに気をつけなければならないのでその手間もないのは助かりますね。
上記の人参養栄湯にも含まれているように今回のようなケースに向いている以外にも、めぐりを改善し性ホルモンのバランスを整える働きがあるので更年の辛い悩みをケアする目的でも服用可能です。
他にも漢方には似たような作用を持つ成分がありますが、まずは漢方の世界では知らない人がいないぐらい有名で有用性についても研究が進められている高麗人参でまずは日々のケアを行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

人はいくつになってもパートナーとのとスキンシップを求めるものです。セックスというのは究極のスキンシップであり、パートナーシップを深めるための最良の手段といえます。また性的な興奮はホルモンの分泌を促すため、年齢を理由にセックスを敬遠するのはあまり良いこととは言えません。

ただし、更年期になると現れてくる数々の不調によって性欲が減退したり、膣が乾燥して性行為中に痛みを感じる場合もあります。このような時は正直にパートナーに打ちあけ適切な治療を受け、また日々のケアのために有効なサプリメントを導入してみることをお勧めします。(今回は高麗人参を例に説明しましたので参考にしてみてください)
以 上 
PR

更年期の性交痛にお悩みの方は高麗人参サプリメントで日頃のケアを始めてみませんか?

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います