更年期とは閉経を迎える歳の前後5年間を指しています。日本人女性の平均的な閉経の年齢は50.5歳と言われていますので、一般的な更年期とは45歳から55歳までということになります。
これは個人差があるので全ての女性がこの年齢に更年期を迎えるという意味ではありません。あくまでも医学的なガイドラインを設定する時に導き出された平均的な年齢です。
では更年期になると一体何が起こるのでしょう。それが更年期障害です。更年期障害は閉経にむかって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が落ち込むことで起こります。しかし、中には辛い自覚症状を全く感じずに自然と閉経を迎える人もいます。
しかし、そんな人でも必ず経験するのが「生理不順」です。では生理不順に伴う諸症状は更年期障害と呼べるのでしょうか?また、その症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょう?
今回は更年期障害と生理について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


正常な生理周期と生理不順について

お腹を抑える女性

更年期とは閉経を迎える歳をはさんで前後5年間のことを言います。日本人女性の平均的な閉経の年齢は50.5歳と言われていますので、一般的には45歳〜55歳ころのことを更年期と呼んでいます
更年期は閉経に向かっていく年齢ですので、必ず生理不順が起こります。この際辛い自覚症状や心配な体調不良を起こしているとしたらそれは「更年期障害」ということになります。
更年期を迎えた女性の80%が何らかの体調不良を訴える=更年期障害を迎えることになるので、40歳(個人差があるので大体この年齢を境にすることが多いようです)を超えて生理不順などがおこったらまずは更年期障害を疑ってみましょう。

更年期障害で見られる生理不順の諸症状とは?

おそらくこのコンテンツをご覧の方々はいままさに更年期に該当する年齢で生理不順を感じさせる何らかの症状を抱えていることと思います。

そこでこのパートでは更年期障害時に見られる生理不順の諸症状について解説していきたいと思います。

更年期に見られる生理不順の症状とは

まずここでは更年期障害ではなく「更年期」に見られる生理不順の症状について見ていきましょう。
先にも述べたようにこの年齢からの生理不順は閉経にむけての自然な現象なので誰にでも見られるものです。

  • 不正出血:生理周期以外の時にも出血が見られること
  • 頻発月経:24日より前に生理がやってくること
  • 稀発月経:28日以上生理がやってこないこと
  • 過多月経:通常よりも生理中の出血が多いこと
  • 過少月経:通常よりも整理中の出血が少ないこと
ここまでが生理不順では非常に高頻度で起こる症状になります。
  • 生理痛
  • 下腹部痛
この二つの症状のうちどちらか一つでも現れた場合には更年期障害を疑いましょう。
また、上記の症状でも出血量が多すぎたりまた色がおかしかったり痛みがあるなど異常性が感じられる場合には更年期障害となります。もし、心当たりがある場合には我慢をせずに婦人科を受診するか、セルフメディケーションを行うかなど何らかの対策を立てるようにしましょう。
指示棒をさす医師

閉経に至るプロセスは人それぞれ

ここで注意していただきたいのは、「閉経に至るプロセスは人それぞれである」という点です。

もともと生理周期が規則正しい人は生理が遅れたり早まったりすることで生理不順に気付きやすいのですが、従来より生理が重い人や不規則な人は不正出血や下腹部痛があったとしても生理が始まったとしか感じない場合があります。
したがって人によっては果たしていま自分が更年期障害になったかどうかが判断がつかない人もいることでしょう。
そのような人は以下の点について確認してみてください。思い当たる節があれば更年期障害の可能性が高まります。

もともと生理が不規則だったり重かったりする人の更年期障害と通常の生理との見極め方

・経血の色が濃かったり薄かったりする:通常経血は濃いめの赤色をしています
・経血に鮮血が混じっている
・出血量が異常に多いあるいは少ない
・痛みがある、もしくは痛みが強い
・排卵痛がある
・あまりに不規則な生理の起こし方をする
・生理以外に身体的な症状が起きている(詳しくは次のパートで紹介します)

このような場合は更年期障害を合併している可能性がありますので、普段の自分の生理の状態をよく把握しておきましょう。

更年期障害には生理不順以外にどのような症状があるのか?

疑問を感じる女性

それでは生理不順以外にどのような症状を感じた場合に更年期障害が強く疑われるのかについて説明していきましょう。
更年期障害には身体的な症状と精神的な症状があり、病態はかなり広範囲に当てはまりますので、多くの人が更年期になると更年期障害を実感することになります。

更年期障害の諸症状(身体的症状)

・上半身のほてり(特に首から上)
・突然の多汗
・下半身の冷え
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・便秘、下痢、腹痛
・動悸、息切れ、不整脈、頻脈
・頭がぼーっとする
・慢性疲労感、倦怠感、易疲労感
・性欲の減退
・体重増加
・体重減少
・手指のしびれ
・首や肩の強い凝り
・腰痛

など

更年期障害の諸症状(精神的症状)

・うつ状態
・不眠傾向
・イライラして怒りっぽくなる(不定愁訴)
・集中力の低下
・やる気が起こらない
・強い不安感

などがあります。
もし、生理不順に加えてこれらの中で一つでも該当するものがあればそれは更年期障害を起こしている可能性が非常に高まりますので、心当たりのある人は何らかの対策を立てるようにして下さい。

不正出血には要注意です。その出血実は病気かも?

ここまで読んでいただいた方には「不正出血」が閉経に向けての生理不順のなかで自然と起こるものだということが理解していただけたと思いますが、「不正出血」には生理不順の他にも色々な病気の存在を示すサインが隠されている場合があります。

したがって、不正出血は逃さずきちんとチェックする必要性があるのです。ではここからは不正出血が示すサインにはどのような病気が隠されているのかについて説明していきましょう。
びっくりマークと医師

子宮筋腫

不正出血を起こす原因として代表的な疾患です。子宮は平滑筋という筋肉で出来ていますが、この平滑筋に出来る良性の腫瘍のことを「子宮筋腫」と言います。良性腫瘍なので命に別状はありませんが腫瘍が大きく成長すると子宮口を塞いでしまい、自然分娩が困難となり帝王切開による出産となるケースもあります。

子宮筋腫は腫瘍ができる場所によって「粘膜下筋腫」、「筋層内筋腫」、「漿膜(しょうまく)下筋腫」の3つに分類されます。
発病する原因など細かいことは不明ですが、初潮を迎える前には発病せず閉経付近では小さくなることから女性ホルモン(特にエストロゲン)が関与しているのではないかと考えられています。
詳細が解明されていないため根本的な治療法はなく、漢方薬で全身の状態を整えたり、エストロゲンの分泌を抑制するホルモン製剤を投与する薬物治療が行われます。エストロゲンの分泌を抑える薬を投与すると副作用として更年期障害のような症状が出る場合があります。
よほど大きくならない限りは放置していても問題ありませんが、漢方薬での治療を選択する人が多いようです。

子宮頸がん

子宮頸がんも発症すると不正出血を起こす病気です。子宮は徳利を逆さまにしたような形状をしている臓器で先端が膣の内側にせり出しています。このせり出している部分を「子宮口」といい、子宮口を形成している粘膜組織を「子宮頸部」と言います。子宮頸がんはこの子宮頸部にできる悪生の腫瘍のことです。

腫瘍ができるのは90%以上が「上皮内がん」で病気の進行とともに膣内部や骨盤側に浸潤していきます。
抗がん剤があまり効かないがんなので手術もしくは放射線治療がメインとなります。初期の頃に行う手術では腫瘍部とその周辺のみを切除し、子宮機能は残しておくため手術後の妊娠は可能ですが、ステージが進んだがんで他臓器への浸潤や転移がみられる場合には広範囲切除が必要となるため手術後の妊娠は不可能となります。
したがって定期的(少なくとも年に一回)に検査を受けて早期発見、早期治療に努めるようにしましょう。
女性器に起こる「がん性疾患」としては「乳がん」に次いで多いと言われています。
–悲しそうな顔の女性

無排卵

生理があっても排卵していない状態を「無排卵」もしくは「無排卵月経」と言います。この病態も不正出血を起こす原因となります。症状的には生理が過ぎてもダラダラと出血が続いたり生理周期が狂うなどになります。

普段から生理不順が起こりがちな人は気付かない場合も有りますが、長期間不正出血や生理周期の乱れが起こるようなら治療が必要なケースとなります。
原因は精神的なストレスとされていて、適切なストレスケアができれば症状は消失していきます。漢方薬などでのセルフメディケーションも可能です。

卵巣機能不全

文字通り卵巣の機能が不全状態となる病気です。更年期障害以外では主に精神的なストレスが原因で起こることが多く、こちらも無排卵同様適切なストレスケアや漢方薬での治療が主となります。

ポリープ

ポリープとは良性腫瘍のことです。子宮筋腫が女性器に出来る良性腫瘍では一番発症頻度が高いのですが、他の女性器(卵巣、膣など)にもポリープが出来ることがあります。

良性腫瘍なので大きくなりすぎない限りは放置するか漢方薬などで全身の状態を調整するなどのセルフメディケーションでも対応可能です。
ただし、大きく成長しすぎると治療が必要なレベルとなりますので、日頃からストレスケア生活習慣を正すことを意識するようにしましょう。

子宮内膜症

子宮内膜とは子宮の内側を覆うぶ厚い粘膜です。「子宮内膜症」ではこの子宮内膜が子宮以外のところにも形成されてしまうという病気になります。

通常子宮内膜は排卵と同時に剥がれ落ちていくのですが、何らかの原因で子宮以外の場所で増殖してしまうという病態です。詳細な原因は不明ですが、40代になると患者数が増えることからエストロゲンの減少が原因ではないかと考えられています
自覚症状としては全く無症状の人もいれば「急性腹症」で手術が必要な重症例まで様々です。中でも多いのが下腹部痛や不正出血、生理不順、排便時の痛みや下痢などがあります。
ホルモンバランスの乱れが原因と考えられているので、急性腹症を起こしているような場合を除いては漢方薬や生活習慣の見直しなどでホルモンバランスを保つ方法が予防改善には有効とされています。
更年期付近で起こりがちな病気なので40代を過ぎたら十分注意するようにしてください。
指さす女医さん

子宮腟部びらん

「びらん」というのは「荒れる、ただれる」という意味です。したがって「子宮腟部びらん」とは膣から子宮口、子宮頸部にかけて、びらんが起こっている状態です。

病名だけを聞くと怖い病態ですが、実は女性の80%以上が何らかのびらんを起こしていると言われています。これは性行為や自慰行為などで強めの刺激を加えると起こるからです。
したがって不正出血みたいに出血がダラダラ続いたり痛みが強い、セックスの時に激しい痛みを感じるなどの重症例を除けば特に治療の必要はないとされています。
しかし、びらん部とは炎症を起こしている状態なので、副交感神経をしっかりと機能させてリカバリーさせるために、生活習慣を正し血流を良くしてホルモンバランスを適切に維持することは重要な対策と言えるでしょう。そのためにもエストロゲンの働きは重要と言えます。

炎症

女性器官に何らかの原因で炎症が起こっている状態です。炎症を起こす原因としては

  • 感染症
  • ストレス
  • 血流障害
  • セックスや自慰行為の時の傷
  • 出産に伴う傷
  • 不正出血
  • 生理不順
などが考えられます。
感染症や生理不順以外は生活習慣の見直し、正常な性行為、食餌療法、漢方薬などで自己対処が可能なので、炎症をなるべく広げないように十分注意してください。特に更年期になるとエストロゲンの分泌量が減るので、こうした対策は重要な意味を持ってきます。
笑顔の医師
このように不正出血は更年期時に起こる生理不順につきものな症状ですが、それ以外にもこれだけの原因を持つ病態です。したがってあまり軽視しないで不正出血にはよく注意を払うようにしてください。
前述したように経血の量が多い、あるいは少ない、色が変などの場合には治療あるいはセルフメディケーションなど何らかの対策が必要な状態と言えます。

生理不順はなぜ起こる?そのメカニズムや原因など

ここまでの説明で今ご自身に起こっている生理不順が更年期障害からくるものなのかあるいは別の原因があるからなのかある程度までは把握できたのではないでしょうか?

では、どうして生理不順は起こってしまうのか?そのメカニズムや原因について説明していきましょう。
これを把握しておくことでその後の治療に対する理解が深まり適切な治療やセルフメディケーションがより実践しやすくなります。

更年期時の生理不順のメカニズムと原因

前述してきたように更年期とは閉経に向かう準備期間として始まります。したがって女性器の機能は全体的に低下しやがて停滞します。その過程で卵巣機能も自然と低下し、女性ホルモンの産生量が減ることが直接的な原因です。

そして更年期障害は自律神経の一種である副交感神経を刺激するエストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減ることで自律神経にも乱れが生じ、興奮を司る交感神経とのスイッチングがうまくいかなくなることで常に脳が興奮状態となり、それに伴って発症する様々な健康被害です。
生理不順は閉経に伴う卵巣機能の低下という自然な生理現象ですが、それに伴う自覚症状は更年期障害の一つとして数えられています。更年期障害は治療もしくはセルフメディケーションなどの対策を講じてなるべく症状を長引かせないようにすることが更年期を楽に乗り切る秘訣となります。
拳を突き出す女性

更年期以外の生理不順のメカニズムと原因

更年期以外の生理不順の主な原因は体質と精神的なストレスと言われています。女性には生理周期という独特の生体リズムがあり、それによって体調が変化していきます。

生理周期は自律神経によってコントロールされていて、自律神経はストレスの影響を受けやすいので、日常的に精神的なストレスを受けている人はその重圧で自律神経が乱れ生理周期にも狂いが生じます
また、初潮が遅すぎたり早すぎた人も体質によって生理周期が乱れやすいケースが多く、この場合は先天的なものなのか生活習慣によるものなのかは詳しくわかっていません。
ただし、多くのケースでは生活習慣の乱れからくるものではないかと考えられているので、生活習慣を見直してホルモンバランスを整えることで生理不順が解消してくケースが多いようです。
このように更年期の生理不順は“閉経に向かう過程で起こる自然な現象”であり、それ以外の場合は”精神的なストレスや生活習慣の乱れ”によるもので、ストレスケアや生活習慣の見直しなどの対策が必要な例となりますが、生理不順によって生じる健康被害については治療やセルフメディケーションが必要であるという点では更年期とそれ以外の生理不順では同じであるということになります。

自分でできる更年期の生理不順の治療法や対策について

頭を抑える女性

繰り返しになりますが「更年期の生理不順は自然な生理現象ですが、それに伴う自覚症状には何らかの対処が必要である」という点に注目してください。
自然な生理現象である以上、あまり深刻になってすぐ病院で治療という必要性はありませんが、自分でできる治療や対策は実践しておくに越したことはありません。そうすることで長い更年期を楽に乗り越えることにつながるからです。
では、ここからは自分で出来る更年期時の生理不順に対する治療や対処法を紹介していきましょう。

更年期時の生理不順の治療法

漢方薬

生理不順では婦人科でも漢方薬を処方されるケースが多いので、通院が大変だったり病院を受診するほどの重症例でない限りは市販の漢方薬や高麗人参での対処が可能です。
高麗人参は万能的な働きをしますがそれ以外の調合された漢方薬を購入する場合は体質によって効き目に差が出やすいため、漢方に詳しい薬剤師のいる薬局で購入することをお勧めします。

食餌療法

閉経に向かう過程が更年期時に起こる生理不順ですので、食餌療法のポイントとしては「ホルモンバランスを整える」「血流を良くする」「エストロゲンを補う」ということになります。

・ホルモンバランスを整える成分、ビタミンE:かぼちゃ、アボカド、ナッツ類などに多く含まれています。

・血流を改善する成分、ビタミンC:ビタミンCはレモン、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。

・エストロゲンを補給する成分、大豆イソフラボン:エストロゲン自体は体内で合成される成分ですので、ここではフィトエストロゲンと呼ばれる、体内でエストロゲンとよく似た作用をする物質を紹介していきましょう。それが大豆加工食品に多く含まれている「大豆イソフラボン」です。大豆は日本人にとても馴染みの深い食材ですが特に豆腐、豆乳には多く含まれているので、積極的に取り入れると良いでしょう。

*その他のビタミン、ミネラルなど食事だけでは不足しがちな栄養素はサプリメント等で補うようにすることをお勧めします。

運動療法

更年期以前より運動習慣(特に筋トレ)を行っている人は更年期障害が普通の人よりも起こりにくいというデーターが報告されています。これは運動によって基礎代謝が上がり、ホルモンバランスや自律神経の働きが通常よりも長い期間正常に保たれているからだと考えられています。

したがって更年期障害や更年期時の生理不順にも適度な運動習慣を身につけることで不調を改善していくことが可能になります。
運動経験の乏しい人はウォーキングやラジオ体操など軽めの有酸素運動から初めて次第に負荷の強いアイソメトリック(自分の体重を利用したウェイトトレーニング)や軽いウエイトトレーニングを導入すると良いでしょう。

更年期時の生理不順対策法

無理なダイエットはしない

人間は食事によって栄養素を補うようにできています。過激なカロリー制限をするようなダイエットは健康的に痩せていくというより病的にやつれていくということになりますので、ホルモンバランスや自律神経を乱しがちになり全くの逆効果です。ダイエットは適切に行うようにしましょう。

自分なりのストレス解消法を身につける

生理周期を司る自律神経はストレスの影響を受けやすいので、趣味を見つける、旅行に出てリフレッシュする、スポーツで汗を流す、カラオケで大声を出す、など自分なりのストレス解消法を身につけるようにしましょう。

質の良い睡眠をしっかりととる

エストロゲンの刺激で活性化する副交感神経はリラックスしたり入眠中に働く自律神経です。したがって質の良い睡眠がしっかりと取れていればある程度エストロゲンの量が減っていっても副交感神経はしっかりと働くことができます。

そのためには生活習慣のリズムをできるだけ一定にしてストレスを減らしていくことが重要です。そうすることで自律神経も秩序よく機能することになり、辛い更年期障害の症状を和らげることにつながるのです。

禁煙する

タバコに含まれているニコチンやタールには血管を傷つけ血流を悪くする働きがあることが知られています。したがって、禁煙は更年期の大敵であるということを自覚してください。

まとめ

閉経が女性にとって必ず訪れる自然な現象であるということはそれに伴って起こる生理不順もまた自然な現象です。しかし、生理不順が原因となる辛い自覚症状の数々は更年期障害の一つと言っても過言ではありません。

更年期障害は漢方薬やサプリメントの力も借りて、食餌療法や運動療法ストレスケアなどの治療を導入することで楽にすることができます。
辛い更年期を元気に乗り切るためには積極的な対策と、セルフメディケーションを適切に行うことを心がけるようにしてください。
以 上 
PR

自分で更年期障害の対策を行うなら高麗人参サプリがおすすめ

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います