更年期障害では体の不調だけでなく精神の不調も起こりやすくなります。
また女性の40代〜50代といえば
  • 子供の自立(進学や就職)
  • 親の介護
  • 夫の転勤
  • 仕事での昇級
など様々なライフイベントが立て続けに起こり、精神的な負担が増す年代でもあります。
このような時に更年期障害による精神症状
  • うつ状態
  • イライラする
  • 強い不安感に苛(さいな)まされる
  • ちょっとしたことで腹がたつ
  • 集中力が低下する
  • 不眠状態
などが重なると、上記のような症状が増長され本格的な「うつ」や「不眠症」などを発症しやすくなってしまいます。
今回は更年期障害で起こる精神症状を具体例を交えてわかりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期に起こる精神障害:不安や情緒不安定など

座り込んで落ち込む女性

更年期障害ではホルモンバランスが乱れることで、精神不安が起こりやすくなります。
中でも代表的なものが
  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • やる気がなくなる
  • 集中力が低下する(ミスが多くなる)
  • 記憶力が低下する
  • 人と会うのが億劫になる
  • ちょっとしたことで不安がったりクヨクヨするようになる
  • 眠れなくなる
  • 食欲がなくなる
こうした症状は精神疾患である「うつ病」や「神経症」と類似性があり、更年期障害からくるものなのか、実際に精神疾患を発症しているのかの判断は難しいとされています。
更年期障害が原因であれば閉経後に再びホルモンバランスが正常化すれば症状は落ち着きを見せますが、うつ病や神経症は放置していると症状がどんどん進行していく病気なので適切な治療が必要となります。
そこで以下に「うつ病」と「神経症」の具体的な症状を挙げておくので複数の項目で当てはまる人は精神科あるいは心療内科を受診するようにしてください。

うつの代表的な症状

  • 食欲不振
  • 不眠
  • 記憶力の低下
  • 集中力の低下
  • 倦怠感
  • やる気が起こらない
  • 理由もなく先行きに不安感を感じる
  • 肩や首筋に強い凝りを感じる
  • 頭痛
など。
机に突っ伏し落ち込んでいる女性

神経症の代表的な症状

・不安神経症:ちょっとした心配事を過剰に感じてしまい、長期間(6ヶ月以上)そのことについて思い悩み、他のことが手につかなかったり、不安感から頭痛や動悸、めまい、悪寒、震えなどの症状が起こることがある精神疾患です。
悲観的な考え方に支配され、やる気の低下やちょっとしたことでイライラするなどの「うつ」に似た症状を併せ持ちます。

・強迫神経症:自分の意思に反して不安や不快な考え方が次々と浮かんできて、否定しても制御がきかない状態になる精神疾患です。自分でもそうした不安や不快感は馬鹿げているとわかっていても次から次へと湧き上がってきてしまい、イライラしたり眠れなくなる、また頭痛や吐き気、腹痛などを伴う場合もあります。
もともと几帳面で潔癖性な人ほどなりやすいと言われています。
・恐怖症:対人恐怖症や高所恐怖症のようにある特定の状況について強い恐怖感を抱いてしまう精神疾患です。症状が重くなると震え、発汗、動悸、息切れ、めまい、嘔吐などの症状が出てきます。

更年期の精神障害:精神科で処方される安定剤について

病院の薬と水

更年期障害が原因のうつや不安感であれば閉経後に再びホルモンバランスが落ち着けば精神症状も落ち着きを見せます。
しかし更年期障害ではなく実際にうつ病や不眠症を発症していたとしたら、それは適切な治療が必要な状態なので、更年期に精神症状が出たら、まずは婦人科や更年期外来などでホルモンバランスを調べてもらいその後必要があれば精神科や心療内科を合わせて受診する必要性があります。
このパートでは婦人科(更年期外来)そして、精神科や心療内科で行われる治療内容について説明していきます。

婦人科・更年期外来

婦人科や更年期外来では更年期障害全体に対する治療を行います。この病気はもともとエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ることで起こる心身の不具合ですので、それに対して以下の治療が行われます。

・ホルモン補充療法:女性ホルモンを投薬で補う治療法です。投薬方法には経口薬(飲み薬)、貼り薬、塗り薬があり症状にあわせて処方されます。
物理的に女性ホルモンを補う治療法なので治療効果は高いのですが人によっては強い副作用が出るなどの問題があります。
・プラセンタ注射:女性ホルモンなど女性に必要な成分が豊富に含まれているヒト由来のプラセンタ(胎盤)エキスを皮下注射する治療法です。現在女性の更年期障害に対しては健康保険の適用が認められています。
ヒト由来のプラセンタを使うことでホルモン補充療法に比べると副作用は少ないと言われていますが、それでも副作用は存在しますし、生体由来の薬は感染症に汚染されているリスクをゼロにすることが非常に難しいため取り扱いが難しく、また注射以外の投薬方法が認められていないので「通院の負担」というデメリットがあります。
注射器
・漢方治療:昔から女性の更年期障害には漢方薬が用いられてきました。現在では200種類以上の漢方薬が医薬品の認定を受けていて、婦人科や更年期外来でも漢方薬を治療に導入しています。
漢方薬が治療薬として選ばれるには幾つかの理由があります。例えば、「ホルモン補充療法が行えない」、「副作用をできるだけ減らしたい」などの理由です。
しかし、合成薬に比べると副作用は少ないとはいえ医薬品に指定されているのでやはり副作用はついて回ります。また、体質によって効き目が大きく異なるなど効果が安定しないという側面もあるというのは理解しておく必要があると思います。
・薬物療法:自律神経を整える薬を処方する治療法です。ただし、自律神経は非常にデリケートな作りをしているので、一般的には「副作用が少ない代わりに効果も低い」という薬が多く、思ったほどの治療効果が上がらないというのが現状です。(体質によって個人差があります)
婦人科や更年期外来では精神症状も含めてホルモンバランスを調整することで各症状の緩和を目指すアプローチ方法になります。したがって精神症状で治療が必要な場合は別に精神科や心療内科を並行して受診する必要性が出てきます。
そこで以下には精神科や心療内科で行われる治療法を紹介していきましょう。

精神科・心療内科

精神症状が重く、積極的な治療が必要な場合には婦人科や更年期外来と合わせて精神科や心療内科での専門的な治療が必要となります。

ところで精神科と心療内科の違いですが、現在では心理カウンセリングが専門のカウンセラーによって行われる自由診療という位置付けなので大枠では名称の違いだけというのが現実です。
ただし、一般的には投薬治療が必要なほどの重症例は精神科、そこまでいかない問診や心理療法中心ならば心療内科という認識もあります。このため、多くの精神科が心療内科をあわせて標榜しています。
右手を挙げる医師
・精神療法(心理療法):精神科や心療内科の治療とは別に心理カウンセラーによる心理療法です。こちらは保険が効かない自由診療となります。
ただし、この治療を受けるにはカウンセリング前に必ず精神科医の診察を受けるという決まりになっています。(そのため心理療法を受けるには精神科や心療内科の受診が必須となります)
・薬物治療:向精神薬や睡眠薬などの投薬を行って不安や不眠を和らげていく治療法です。
向精神薬や睡眠薬には副作用や依存性が強いタイプが多いので投与には慎重を期する必要性があります。したがって投薬を受けるには専門医である精神科医による投薬のコントロールが必要となります。

更年期障害の精神症状対策として

精神症状は放置しているとどんどんと進行してしまいます。病院での治療が必要となる前に適切に対処すればセルフケアも可能です。

このパートでは更年期障害の精神症状に対するセルフケアについて説明していきます。(早め早めの対策が重要です)

抗ストレス成分を食事で摂取する

・トリプトファン:幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」の主成分です。サプリメントとしても摂取可能ですが、穀物類(うどん、そば、など)、イモ類、豆類、ナッツ類、枝豆、魚介類、肉類、チーズなどに多く含まれています。

・GABA(ギャバ):ストレスを緩和してくれる成分です。発芽玄米、トマト、ナス、アスパラガス、トマト、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどに多く含まれています。
・マグネシウム:エネルギー代謝を高め、骨を丈夫にするなどの働きがあるほかに、大腸内の水分を調整し便秘予防にも効果的な成分です。(便秘薬の主成分としても用いられています)
カルシウムの調整や便秘解消、エネルギー代謝の向上などによって精神的なストレスが緩和されます。
特に大豆に多く含まれている他、小麦胚芽、脱脂粉乳、抹茶などにも含まれています。

豆腐

家族や周囲の人の理解を得るようにする

うつや不定愁訴は生真面目で完璧主義の人ほどかかりやすいと言われています。こういう人はなかなか悩みを周囲に打ち明けることはなく、自分の中に溜め込みがちになる傾向が高いということがわかっています。

ただし、本格的なうつ病になると自力での対処はほぼ不可能ですので、早い段階で夫婦や家族、または信頼出来る友人などに打ち明けて、不本意な言動をしてもそれは更年期障害が原因であるということを伝えておきましょう。周囲の理解があるだけでもストレスの度合いは大きく変わってきます。

ストレス解消法や趣味を身につける

精神的なストレスを適宜解消しておけば精神症状の発症リスクは大きく減じられることになります。そのためにも趣味を持つ、スポーツで汗をながすなど自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

ただし、買い物依存やアルコール依存、ギャンブル依存などの「依存症」はれっきとした精神疾患なのでそうならないように十分注意して下さい。できれば複数のストレス解消法を持つのが良いでしょう。

常にプラス思考を心がける

ネガティブ思考はさらなるネガティブ思考を招くと言われています。難しいことかもしれませんが、自分が今ネガティブな思考をしていると思った時は全く別のことを考えたり、それをポジティブな思考に捉えるように努力してみましょう。

ポジティブ思考は一種の考え方の癖なので、常に前向きに考えることは精神的な効果が高いと言われています。できるだけポジティブシンキングを心がけるようにしましょう。

もっと他に楽な対策を模索している人に・・・

コップとサプリメント

ちょっと疲れなどでストレスが来て気分が沈んでいるだけで、まだまだやる気もあるし、バイタリティも落ちていないという人、あるいは自覚する悩みが軽度で治療を受けるほどではないという人の場合は更年のゆらぎ改善をサポートするサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか?
更年のゆらぎの原因は自律神経の不調からくるものです。そのサポートが得意な高麗人参やホルモンバランスの乱れを整えてくれる大豆イソフラボンなどはサプリメントとして高い人気があります。
和漢でも使われる成分ですが単体の場合は食品カテゴリーですので副作用などの心配もありませんし、漢方と違い飲み方も自由です。(ただし一日の摂取目安量を守るようにしてください)
気分の落ち込みがまだ軽く、更年のゆらぎが来ているなという自覚がある場合早めにこうしたサプリメントを取り入れるというのも有力な対策になります。

まとめ

更年のゆらぎの悩みの一つにメンタルの低下があります。落ち込んだり、ちょっとしたことが不安になったりと今までに無い心の不安定さに心配する人も多いのでは無いでしょうか?

もし、そうした心の悩みが大きい場合は無理をしないで精神科や心療内科などの専門医に相談するようにしてください。
でも、まだモチベーションも下がっていないし、一次的なおちこみですぐに回復できるような状態ならセルフケアも可能です。このような時は本文で紹介しているような方法や自律神経の乱れを改善するサポート力に優れている高麗人参サプリメントを試すなどの選択肢がありますので試してみてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います