女性の場合「手足のしびれ」という症状が男性よりも出やすい傾向があります。これは更年期障害をはじめとしてホルモンバランスが乱れると生じる「自律神経失調」が原因で起こりやすいからです。
手足のしびれはそれだけでも十分辛い症状ですが、その原因としては
  • 神経障害が原因のもの
  • 血流障害が原因のもの
  • 運動麻痺が原因のもの
とに大別されます。
しびれ」という自覚症状は同じでも原因の違いによって治療法や対処法が異なってくる上に、場合によっては重大な健康被害に発展するケースもありますので、放置しないでしっかりとケアすることが重要になってきます。
なぜなら早めに対策しておけば将来的な不安もより小さくなっていくからです。
今回は更年期の女性には身近な自覚症状である「手足のしびれ」にはどのような危険性があるのか?また、自宅でできる対策法などについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害で起こる手足のしびれやむくみの症状とは?

足の上で組まれた手の写真

更年期障害の自覚症状の一つに「手足(四肢)のしびれ」があります。文字どおり手足や指先がジンジン、あるいはビリビリと痺れるというものですが、実際にはこれが更年期障害の一つであるというのはあまり認知されていないようです。
というのも、「手足のしびれ」を合併することが多いその他の自覚症状として
  • 慢性頭痛
  • 頸肩腕症候群(首や肩の強い凝りや筋肉痛)
  • むくみ
などがあり、こちらの方がよく知られているからなのです。
しかし、更年期障害のしびれの場合は卵巣機能が低下することによる「エストロゲン」と呼ばれる“女性ホルモン”の分泌量が減ることで起こる「自律神経失調」の一つになります。
また自律神経失調状態になると
  • むくみ
  • 慢性頭痛
なども同時多発的に起こりやすくなるのです。
加えて一口で「手足のしびれ」と言ってもしびれにはいろいろな感覚があり、更年期障害で起こるしびれの場合は
  • アリが皮膚を這うような感じ
  • 指先の冷感
  • 冷感を伴う鈍痛
  • 手足を動かした時にジンジンとしたしびれを感じる
  • 無意識に指先が動く
などの症状が多くなります。
更年期障害はやがて終焉を迎えるものですが、しびれは慢性化したり、また更年期以後の高齢期になると固定化する可能性もあるので、早めに対処するようにしましょう。
そして放置していると意図せぬところで転んだりして怪我をするリスクも高まります。加えて更年期障害以外の原因(膠原病やリウマチ、脳神経障害など)では病院でのちゃんとした治療が必要ですので、軽く見ないようにしてください。

更年期障害によるしびれに対するセルフケアについて

説明する医師

更年期障害では特徴的な症状が幾つかあります。それが
ホットフラッシュ:突然上半身がほてり大量の汗をかく症状です。更年期障害を発症する女性のおよそ8割が経験するといわれています。
・不定愁訴:イライラする、怒りっぽくなるなどの精神症状です。こちらも更年期障害を発症する女性の半数以上が経験するといわれています。
・うつ状態
・強い肩や首筋のコリ
・下半身の冷え
などになります。年齢が40歳を超えてこれらの症状が単独、もしくは複合的に現れている状態で「手足のしびれ」を感じたとしたら、その原因は更年期障害である可能性が強まります
そこで、ここでは更年期障害からくる「手足のしびれ」に対するセルフケアについて説明していきたいと思います。

しびれに効果のある食材で対策を!

以下に挙げる成分が不足すると更年期障害によるしびれが起こりやすくなります。
そこで日頃の食事からこれらの成分を含む食材を積極的に摂取するようにしてください。

ビタミンB12

この物質が不足すると

  • 悪性貧血
  • 神経障害
  • うつ病
  • 運動時の息切れや動悸
などが起こりやすくなります。
特に「貧血」、「神経障害」、「うつ病」は手足のしびれや更年期障害でも起こりやすいものです。
この物質を多く含む食材としては
  • 二枚貝(赤貝、牡蠣、ハマグリ、しじみ、ホッキ貝など)
  • ホタルイカ
  • イワシ
  • いくら
  • さんま
  • ニシン
  • 肉類(牛、豚、鳥)
になります。
したがってダイエット中で極端な動物性たんぱく質の摂取制限をしている人はビタミンB12欠乏症にかかりやすいので注意してください。
食事は栄養バランスの取れたものを3食ちゃんと食べることが重要です。
料理をする女性

パントテン酸

パントテン酸は水溶性ビタミンの一種で上記のビタミンB12と同様ビタミンB群の一つになります。水溶性ビタミンなので吸収率がよく、比較的食事からの摂取も容易なのですが、動物性たんぱく質が主な摂取源となるので菜食主義者の人は不足しやすい成分になります。

この物質が不足するとストレスに弱くなり、
  • うつ病
  • 自律神経失調症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 副腎皮質ホルモンの分泌量低下(男女の性ホルモンも副腎皮質ホルモンの一種です)
  • 免疫力の低下
  • 動脈硬化症
などを起こしやすくなります。更年期障害もホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調なのでパントテン酸不足は避けるようにしたいものです。
この物質を多く含む食材は
  • レバー(鳥、豚、牛)
  • フォアグラ
  • からすみ
  • ニジマス
  • たらこ
  • 卵黄
などです。
いかにもダイエット中のひとが避けて通りそうな食材が多い感じがします。
ただし、植物性の食材では
  • 干し椎茸
  • 納豆
  • 高野豆腐
などからもある程度は摂取可能です。
また、以下の人はパントテン酸の吸収を阻害することになるので、この物質の欠乏症になりやすい傾向があります。
・カフェインやアルコールの摂取量が多い人:これらの物質はパントテン酸の吸収を阻害します。
・抗生物質を長期間服用している人:腸内でのパントテン酸量がほとんどなくなってしまいます。
さらに、この物質は「水溶性ビタミン」で熱やアルカリ、酸には弱い性質なので
・煮汁は汁ごと飲むことを心がけるために薄味にする
・加熱時間はできるだけ短くする
・酸性やアルカリ性食品を混ぜるのは避ける(こんにゃくや酢の物は向いていません)
という点にも注意しましょう。
ただし、一般的に健康的で栄養バランスの取れた食事をしていれば問題ないとされています。
そして、パントテン酸は「抗ストレスビタミン」と呼ばれているので、ストレス過多を感じている人は不足している可能性があります。
パントテン酸はビタミンCとの親和性が高く、一緒に摂取すると吸収率が上がるとされているので、焼き鳥のレバーやレバカツを食べるときなどは添え物としてレモンを活用すると良いでしょう。

運動不足を解消して対策を!

ジョギングする女性

しびれが起こる原因の一つとして「運動障害」や「神経障害」が挙げられます。
これらは更年期障害でも起こりやすい症状ですので、積極的に運動することを心がけ、筋肉と同時に神経も鍛えておくことで「しびれ」が軽減される可能性が高まります。
また運動習慣によって血流も改善されるのでしびれ対策としての役割は非常に大きいと言えるでしょう。
運動による更年期障害改善やアンチエイジング効果というのは65歳以上の高齢者であっても十分に得られるということが近年の研究で明らかにされています。なので、運動習慣をこれまで持たなかった人もこれを機会に持つようにしましょう。
最初の頃は負荷の少ないウォーキング(30分以上の散歩など)やストレッチ、ヨガ(初心者向け)などの軽めの運動から始めれば無理のない対策になります。

更年期障害のしびれに効果のある漢方薬とは?

更年期障害の緩和に効果のある漢方薬を導入することで更年期障害全般の症状の緩和が期待できます。
ここでは比較的入手しやすい漢方薬を3つほど紹介していきたいと思います。

・加味逍遙散(かみしょうようさん):冷え性、イライラ、不眠症、更年期障害全体の症状緩和が主な効果です。
体力が中等度以下でのぼせ感、肩こりなどの症状がある人に向いています。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):のぼせ、生理痛、血流障害、頭痛、肩こり、更年期障害全体の症状緩和に効果があります。
比較的体力があり、手足の冷えやしびれ、めまいなどを起こしやすい人向けの処方です。
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう):イライラ、便秘、生理痛、高血圧の随伴症状(頭痛、肩こり、めまい、しびれなど)の症状緩和に効果があります。
体力は中等度以上で、のぼせや便秘がちな人向けの処方です。
漢方薬を更年期障害の対策として導入する人の多くがその理由として「副作用が少ない」ということを挙げます。
しかし現在漢方薬は医薬品の指定を受けているので副作用はあります。合成薬に比べると少ないというだけですので、その点は注意してください。
さらに、体質によって効き目が異なること、飲み方が通常の薬とは違い空腹時に服用しないと効果が出にくいことなど導入に際しては注意すべき点が幾つかあるので、購入する時は漢方に詳しい薬剤師が常駐している薬局で購入するようにしてください。

更年のゆらぎやビリビリにもっと手軽な対処法として・・・

考える女性

ここまでの説明で手足のビリビリ感が年齢による「ゆらぎ」が原因ではないか?と心当たりがあり、時々手足のビリビリを感じるけど日常生活に大きな支障はないという状態ならば自律神経のサポートを得意とする高麗人参サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか?
これならば一般食品なので副作用の心配もありません(ただし過剰摂取はNGです、一日の摂取目安量を守るようにしましょう)し、飲み方も量さえ守っていれば自由なので漢方薬のようなわずらわしさもありません。仕事に家事に忙しい現代人向けの対策になると思います。
また男女体質を問わず導入可能なので気軽に対策を立てたい人にも適していると思います。

まとめ

更年期にはいってから起こる手足のビリビリ感。これはもしかしたら更年のゆらぎが原因かもしれません。

手足がビリビリするという時には更年のゆらぎ以外にも幾つかの原因が考えられます。もし、更年の前からビリビリ感があるという人は病院での治療が必要かもしれませんので、まずは診察を受けてみてください
しかし、ビリビリ感が更年期に入ってから現れ、他にもゆらぎを疑わせるような症状があるものの、日常生活に大きな障害があるわけではない、という人ならば自律神経のサポートを得意とする高麗人参を導入してみてはいかがでしょうか?
更年のゆらぎ全体に優しく働きかけビリビリ感を穏やかにしてくれることが期待できます。
以 上 
PR

高麗人参サプリで更年のゆらぎを対策していきましょう

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います