女性の40代〜50代は「更年期」と呼ばれる年代で、更年期になって急に体脂肪が増える「更年期脂肪」という状態になる人がいます。

更年期は基礎代謝の低下や女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量低下などが原因で女性の一生のなかでも最も太りやすい時期と言われています。
今まで肥満とは無縁で食欲が急に旺盛になったわけでもないのに急に太りだしたらそれは更年期障害の一つ「更年期脂肪」の可能性が高いと言えるでしょう。
今回は知られざる更年期と体脂肪の関係について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


なぜ更年期になると皮下脂肪がつきやすくなるの?

お腹の出ている女性

更年期というのは女性にとって大きな体質変化が訪れる時期です。その最大の理由は「閉経」です。
閉経とは12ヶ月以上連続して生理が完全停止していると確定されるのですが、その前後5年ずつを「更年期」と定義しています。
日本では平均的な閉経年齢が50.5歳なので一般的な更年期は45歳〜55歳とされていますが、個人差なども考慮した上で40代〜50代にかけての年代を更年期と呼ぶようにしています。
40歳を過ぎて閉経に向かう5年間で女性器官は次第に機能低下を起こし始めます。女性器官とは卵巣、子宮、子宮頸部、膣、乳腺などの多くの臓器を意味しているため、これらの女性器官が機能を低下させるということはそれだけでもかなり基礎代謝が落ちることになります。
基礎代謝が落ちるということは消費されるエネルギー量が減るということですので、脂肪の燃焼率が落ち太りやすくなります。
また、卵巣が鈍化することでエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減ります。
エストロゲンには女性の体つきをより女性らしくしたり、排卵から受精そして妊娠に至る過程に深く関与していますが、それ以外にも数多くの働きがあり脂質の代謝にも深く関与しているためエストロゲンが減ると脂質代謝が鈍り脂肪が蓄積されやすくなります。
加えてこの性ホルモンが自律神経の一つである副交感神経を刺激して活性化させているためエストロゲン不足から自律神経に乱れが生じ更年期障害の引き金となります。
自律神経こそ代謝を制御する中枢神経なので更年期は激太りや激やせなど体重の変化が起こりやすい時期なのです。

更年期の肥満を予防、改善するにはどうしたらいいの?

では更年期の肥満を予防、改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

大事な点は急激な体重増加や皮下脂肪の増加は「代謝異常」を起こしているということで、更年期障害発症のサインと考えられるということです。
したがって、更年期障害対策を適切に講じることによってこの時期の肥満を抑制することにつながります。
具体的には

適度な運動習慣を心がける

太ったから運動・・・これはもはや常識ですが、実は運動習慣のある人は更年期障害を発症しにくいというデータが公表されています。
これは運動によって加齢からくる基礎代謝の落ち込みを最小限にとどめることができるからです。特に筋肉を鍛える筋トレを行うことは運動後も代謝が維持され脂肪燃焼率が高まることが明らかにされています。
また60歳以上の高齢者でも運動によって健康増進が期待できるため、もう年だから運動してもあまり意味がないと諦めずに積極的に体を動かすようにします。
ただし、運動初心者がいきなり負荷の強い筋トレを行うと怪我をする原因になりますので、まずは1日60分程度を目安にしたウォーキングや全身ストレッチ、ヨガなどの軽い運動から始めることをお勧めします。
この程度の運動でも更年期障害を予防・改善する効果は十分に期待できるとされています。

よく噛んで食べる

食事する女性
ものをよく噛んで食べるというのは小さい頃に親にしつけられた記憶があるという人も多いのではないでしょうか?実はこのものをよく噛んで食べる行為が更年期障害を抑制する効果があるのです。
更年期障害の症状のひとつに「胃もたれ」や「胸焼け」、「腹部膨満感」などの胃腸障害があります。これも基礎代謝が落ちることで胃腸の働きが鈍り胃酸過多を起こしやすくなることが原因で起こります。
ものをよく噛んで食べると唾液に含まれる消化酵素の働きと細かくすり潰されることで消化吸収する際の胃腸への負担が減り不調が起こりにくくなります。
またものを噛む行為(咀嚼)は脳のすぐ側にある顎関節を動かすことになり適度な刺激が脳にあたえられるため自律神経が整いやすくなるのです。
腹八分目を心がけることでさらに胃腸への負担が軽くなりますが、この時も良く噛むことで満腹中枢が刺激され食べ過ぎなくても十分な満足感を得ることができるようになります。

栄養バランスの良い食事を心がける

更年期以降はもともと体の中にある重要な成分が減少して代謝が落ちてきます。そこで更年期こそ栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
特に女性はエストロゲンが不足しがちになるのでエストロゲンの代わりに働いてくれるイソフラボン(大豆イソフラボン)を積極的に摂取することが重要です。
大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌、豆乳など大豆加工食品に多く含まれています。それ以外にも低脂肪高タンパクな食事をこころがけ朝昼晩しっかりと食べるようにしてください。栄養不足は更年期脂肪を促進させてしまいます。

過激なダイエットはしない

体重計
更年期脂肪によって急激に太ったからといって極端なカロリー制限や偏食に頼る過激なダイエットに走る人もいますが、これは絶対にNGです。
この年代のダイエットはしっかりと栄養をとってその分運動し基礎代謝を維持することが何よりも重要です。下手にカロリーや栄養を制限しすぎると体は逆に代謝を落としてエネルギー源の備蓄である脂肪を蓄積しようとします。
これでは更年期障害を悪化させ老化が進ませるだけです。

ストレスを溜めない

ストレスは万病の元と言われています。これはストレスが血管を収縮させまたホルモンバランスや自律神経の調子を狂わせるからです。
趣味をもったりお友達との会話を楽しむまた旅に行くなどしてリフレッシュを心がけるようにしてください。
どれも健康維持にとっては基本的なことですが、こうした基本は非常に重要なのでできるものから実践していきましょう。特に運動習慣とストレスケアは重要と言えます。

まとめ

更年期には更年期脂肪という状態が起こり急激に太りだす人が増えます。これは加齢+閉経によって基礎代謝が落ち込み脂肪の燃焼率が悪くなるからです。

また、更年期には自律神経が乱れておよそ60%の人が更年期障害を起こしますが代謝を司っている中枢神経が自律神経なので更年期障害を発症するとさらに更年期脂肪になる可能性が高くなります。
更年期には栄養バランスの取れた食事をしっかりとって適度に運動するという基本的な健康法がもっとも更年期脂肪を抑制するのには効果的なので是非本文にある対策を実践してみてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います