更年期障害はずっと続くことではなく、いずれ終わりがやってきます。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後と言われていて、閉経を迎えてから数年経ってから更年期障害の症状は治まっていきます。
毎月憂鬱だった月経が終わり閉経をすると、減少してきた女性ホルモンのエストロゲンの分泌ほぼなくなり、恩恵は受けられない状態になります。
女性ホルモンが無くなる!と聞くと、女性でいられなくなってしまうような不安な気持ちにもなりますね。では女性の心身は、閉経を迎え更年期障害が終わった後は、どのような状態になっていくのでしょうか?
今回は気になる更年期障害のその後を見てきましょう。

スポンサーリンク


やっと終わった更年期障害、その後はどうなるの?

首をかしげる看護師

月経の回数が次第に減っていき閉経を迎えると、少しずつは分泌されていた卵巣からのエストロゲンの分泌が激減します。
そして、子宮や卵巣などの生殖機能は次第に萎縮していきます。他にも次のような変化が起こりやすくなります。
●体脂肪の調節をしていたプロゲステロンの分泌が無くなり、太りやすい体質になる
●筋力の低下によって骨盤底筋群が弱り、尿道の粘膜も萎することから、尿漏れ、尿失禁などを起こしやすくなる
●エストロゲンが分泌されないことで、コレステロールの値がコントロールされなくなり、悪玉コレステロールが増えやすい状態になります。また、脂質の代謝も悪くなることから血管内が詰まりやすくなり、動脈硬化、高血圧症のリスクが高まる。
●エストロゲンによって維持されていた骨密度が低下し、骨がもろい状態に変化します。骨折をするなど骨粗しょう症を起こしやすくなる。
●肌の保湿、水分量を守っていたエストロゲンの支えがなくなることで、肌が乾燥しシワ、たるみが増えます。髪の毛の質も低下するので、パサつき、抜け毛が増えやすくなります。
閉経を迎えても、エストロゲンが全く分泌されなくなるわけではありません。
その後は、体内にある脂肪細胞、副腎、卵巣に存在している「アロマターゼ」という酵素が、副腎皮質から少量分泌されている男性ホルモンの「アンドロゲン」をエストロゲンに変える働きをするので、副腎皮質の網状帯がメインになって分泌を続けます。
ただし、作られる量は卵巣からと比較してもごくわずかです。また、閉経を迎えても更年期障害の症状はピタッと治まるわけではなく、個人差はあるもののしばらく続くことが多いので、引き続きケアが必要になります。
最後になりますが、乳がんはエストロゲンの分泌量が多く、分泌期間が長いと発症リスクが高まると言われています。
閉経をしたから安心ということではなく、閉経後でも肥満の場合には、アロマターゼが原因になりエストロゲンの生成が引き続き行われてしまいます。
閉経後には、太りやすくなるので乳がんのリスクを低下させるためにも肥満にならないように注意しましょう。

まとめ

やっと月経が終わって、更年期障害との付き合いもあと少しかなぁ・・・なんて、喜びもつかの間、閉経後には今まで以上に体調が変化しやすく、注意しながら生活していかなくてはなりませんね。

エストロゲンの支えを受けられなくなるおことで、様々は変化を伴い、あらためてエストロゲンの活躍の幅の広さを痛感します。
ただし、乳がんの発症リスクを高める要因にもなることから、閉経を迎えエストロゲンの分泌がなくなることは自然の流れの中で必要なことなのでしょう。
閉経後もイキイキと生活している方はたくさんいらっしゃいます。変化を恐れるのではなく、変化を楽しむ気持ちで前に進んでいきたいですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います