あ~ストレスが溜まる!ストレスばかりで疲れる!など日常で何気なくストレスという言葉を使うシーンは良くあり、私たちはストレスと隣合わせで生活しているとも言えるでしょう。
ストレスは、何らかの刺激を受けたことによって生じる心や体がゆがむ症状のことです。ストレスの原因になる外傷、寒冷、精神的な緊張などの刺激はストレッサーと言われていてストレッサーには様々な要因があります。
ストレスは心身に負担をかけ万病の元になるとも言われいて、40代以降の女性を悩ませる更年期障害の症状を悪化させる犯人でもあります。
更年期の女性は、子育てや仕事、夫との関係などでストレスを受ける機会が多くなり、ストレスを全く感じない生活は難しいものの、更年期障害の緩和のためには、出来るだけストレスは排除していきたいものです。
そこで、今回はストレスが更年期障害に与える影響をまとめ、更年期障害の症状とストレスとの関係を見直していきましょう。

スポンサーリンク


ストレスが更年期障害を悪化させる理由

ストレスを感じている女性

更年期障害は、更年期になり卵巣の老化に伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することで、自律神経が乱れ心身に様々な不調が現れます。
自律神経とは、活動、緊張、興奮している時に働く交感神経と、休息、回復、リラックスしている時に働く副交感神経とで成り立っています。この二つの神経はシーソーのようにバランスを保ちながら作用していて、どちらかが強く作用するとどちらかは働かなくなります。そして、人間の身体が正常に働くようにされているのです。
通常、人間の体はストレスとなる物を感じると自律神経の交感神経が優位になりバランスが崩れ副交感神経の働きは鈍くなります。そしてストレスによって、気持ちが緊張したりイライラした状態が続くと心身の不調が現れやすくなります。
さらに更年期障害によって、もともと自律神経のバランスが不安定な状態のところにストレスの負担が加わると、交感神経がさらに活発になり自律神経がバランスを失い更年期障害の症状が悪化しやすくなるのです。

特にストレスを受けやすい時期である更年期

更年期と呼ばれている40代半ば~50代半ばにかけては、以下のような出来事によって人生の節目を迎える時期でもあります。

  • 子供の進学、就職、結婚、独立など
  • 夫の定年退職による生活リズムの変化
  • 親の介護問題や親との死別 など
これらの生活環境の変化によって、更年期は通常よりストレスや疲労をもたらしやすい時期に当たります。
更年期障害の症状は、様々な生活環境の変化に対するストレスや変化を受け止める本人の性格などによっても症状の度合いは左右されます。
ストレスを感じるなぁ、疲れが溜まっているなぁと感じる際には、ストレスや疲れを解消する方法や趣味を持っておくことが、更年期障害を重くさせないポイントになります。
解消方法としては、ストレスによって交感神経が優位になっている自律神経のバランスを、副交感神経が優位になるようなリラックスできる方法がおすすめです。決して、さらに交感神経を高めてしまうような興奮伴うギャンブルなどの趣味は避けるようにしましょう。
また、ストレスを緩和させるセルフケアを行っても症状は改善されない場合や私生活支障が出るほど症状が重いケースでは、病院で診察を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ

ストレスを全く感じない生活は不可能と言えるでしょう。しかし、同じことが起きてもそのことをストレスと捉えるか何でもないと捉えるかは、その個人の性格や発想が大きく関係してくるでしょう。ストレスをあまり感じていない人は、いつも笑顔が多いような気がします、嫌なことがあったとしても、笑顔で吹き飛ばしてしまうのでしょう。

イライラしない、穏やかに過ごすには、ストレスに強い人からヒントを得て、習慣をマネてみるのことも、自分自身をプラスの方向へ変化させる良いきっかけになるでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います