あまり一般的ではありませんが男性も40代〜50代になると更年期を迎えます。また男性特有の症状を含めた男性版更年期障害というべき「LOH症候群」を発症するケースが年々増加傾向にあります。

LOH症候群は男性ホルモン(テストステロン)の分泌量低下が原因となるのですが、女性に比べると身体的な症状よりも精神的な症状を起こすリスクが高いと言われています。
そこで女性の更年期障害と男性のLOH症候群とではどのような共通点と違いがあるのかについて該当する年齢の男性にとってはとても興味深い内容だと思われますので、今回は男性版更年期障害のLOH症候群についての詳細とその対策としてどのようなサプリメントがオススメなのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


男性更年期対策に最適なサプリメントとは?

サプリメントのボトル

まだあまり一般的には認知されていませんが、ここ数年来ようやく男性にも「更年期」や「更年期障害」があるということが知られ始める様になりました。
しかし、そもそも更年期とは女性の閉経が基準であると医学的に定義されているため、男性側の病名としては更年期障害ではなく「LOH症候群」と呼んで区別してます。
では男性側に訪れる更年期または更年期障害(LOH症候群)とはどのようなものなのかについて説明していきましょう。
まず、「更年期」についてですがこちらは先にも説明したように本来は「女性の閉経」が基準となります。閉経前の5年間と閉経後の5年間のことを「更年期」と呼ぶと定義されているのです。日本人の閉経年齢は50歳前後なので一般的に更年期といえば45歳〜55歳頃を指しています。
しかし、個人差を加味した上でだいたい40歳を超えたら更年期が始まると考え更年期障害対策を講じることが推奨されています。
更年期障害とは更年期に起こる数々の健康被害の総称で、直接的な原因は閉経を迎えるにあたり生殖器(卵巣、子宮、膣など)の機能が低下していき卵巣から分泌されている女性ホルモンの量が減ることです。
性ホルモンには生殖をコントロールする以外にも様々な働きがある人体にとってとても重要なホルモンです。ご存知の通り性ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがありますが、ホルモンとは代謝に関連する重要な物質で酵素とは違いいくつもの働きを兼ね備えています
指差す白衣女性
更年期障害やLOH症候群に性ホルモンが関与しているのはエストロゲン(女性ホルモン)には自律神経の一種である副交感神経、テストステロン(男性ホルモン)にはもう一方の自律神経である交感神経を刺激して優位に立たせるという作用があるからです。
すなわち男女共更年期(40代〜50代)になると性ホルモンの分泌不足から片方の自律神経が不活性化し、それが慢性化して更年期障害やLOH症候群を起こすという仕組みになっています。
男性には閉経という生理現象はありませんが、女性同様40代半ば頃から次第に生殖器の代謝が落ち、男性ホルモンの分泌量が減ってきます。これがLOH症候群発症の直接的な引き金になります。
更年期障害とLOH症候群の違いは発症するきっかけになる性ホルモンの違いです。テストステロンは男性側の生殖活動に深く関わっています。
そのため男性特有の症状としては
  • 前立腺肥大とそれが原因でおこる排尿障害
  • ED(勃起不全)
が起こりやすくなります。
そこから最終的に自律神経失調状態になるため更年期障害と重複するような症状も起こります。その中で代表的なものとしては
  • ホットフラッシュ:上半身の火照り、多汗
  • 腰痛
  • 肩や首筋のこり
  • 食欲減退
  • 血流障害、生活習慣病リスクの向上
  • 体重増加
  • 脱毛、薄毛
  • 体臭
  • 性欲減退
  • うつ状態
  • 不眠症
  • 慢性的な倦怠感、疲労感
などです。
うつ状態の男性
特に男性の場合は活動中に集中力や意欲を上げるための交感神経が不活性化してしまうため、「うつ状態」、「性欲の減退」、「慢性的な倦怠感、疲労感」などの精神症状が起こりやすくなると言われています。
さらに更年期障害は現在病気として認定されているため、健康保険を使った治療(ホルモン補充療法やプラセンタ注射など)を受けることができますが、LOH症候群は未だ保険適用されていませんので個々の症状に合わせた診療科を受診することになります。
男性のホルモン補充療法などの治療法は今の所自由診療(健康保険が使えない自己負担の治療)となっています。
そこで、男性の場合はサプリメント等で活力や集中力を高める成分、あるいはストレスに対抗して精神症状を抑制する成分などを摂取することで対策を講じるケースが多くなります。
もっとも一般的な男性向けのサプリメントは「強壮剤」です。これは性欲や意欲の減退をサポートするための成分が含まれていますが、代表的なものとしては
・L-アルギニン:アミノ酸の一種で不足すると勃起しにくくなります。
・亜鉛:精巣や卵巣に多く分布していることから性ホルモンの分泌を促す成分と考えらえてます。また、味覚神経などを制御する重要なミネラル成分です。食品では牡蠣が有名ですが、毎日一定量を摂取するのが難しい成分なのでサプリメントなどで補うことが推奨されています。
・マカ:南米原産の植物で、滋養強壮効果があり現在多くの強壮剤の主成分として使われています。特にペルー産のマカは過酷な環境下で栽培されているため生命力が旺盛でアミノ酸やアルギニンなどが多く含まれています。
・シトルリン:瓜科の植物に多く含まれている成分でアルギニン同様巡りを良くして勃起しやすくする作用があります。
・高麗人参:朝鮮半島から中国にかけてが原産地ですが、現在は朝鮮半島産で主に栽培されています。サポニン成分が豊富で特に独自成分のジンセノサイドが巡りを改善し人間が本来持っている回復力をサポートしてくれます。更年の男性向けサプリメントではおなじみの成分です。
高麗人参
・トンカットアリ:東南アジアなど赤道に近いところで採取される植物です。マカ同様アルギニンなどの強壮成分が多く、近年注目を集めている成分です。
・すっぽんエキス:古くから精力がつく食材として有名な動物性の成分です。アルギニンやBCAA(運動機能をサポートするアミノ酸複合体)、コラーゲンなどが豊富に含まれています。
・ニンニク:日常的におなじみの強壮剤成分です。ニンニクに含まれる香り成分や果肉に含まれるサポニン成分が巡りを改善しやる気と自信を回復させてくれます。
ニンニク
・トリプトファン:更年期のイライラや強い不安感は脳内にあるセロトニンという物質が不足しているために起こります。このセロトニンの原料となるのがトリプトファンです。この成分を摂取することでセロトニンを増やして脳内の伝達物質のバランスを整え性ホルモンの量をコントロールする効果が期待できます。
などが有名です。
ただし、トリプトファンは日本では未承認成分ですので購入する際は個人輸入代行業者を通じて購入することになります。
個人輸入代行といっても輸入医薬品を取り扱っている届け出業者であれば普通にインターネット通販を利用する感覚で商品を購入することができます。
ただし、利用するには以下の点に注意してください。
  • 口コミサイトや比較サイトを利用して信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶ
  • 商品の能書が英語書きなのでトリプトファンやその他に配合されている成分の日本語の説明がサイトにアップされているかどうかを確認する
  • EMSなど国際便で送られてくるので入手するまでに時間がかかるケースがある
  • 長期継続する場合その時々の相場によって価格が変動することがある
  • 基本的に医薬品同様一度に大量に購入することはできない
  • あくまで自己責任
ということです。トリプトファン以外にも国内では流通していないサプリメントを同様の方法で購入することが可能です。

まとめ

男性も40代〜50代になると更年期を迎え男性版更年期障害とも言える「LOH症候群」を発症します。

多くの点で女性の更年期障害と似ているのですが、男性特有の症状であるEDやうつは精神的な影響を受けやすいものなので、活力や精力を蘇らせる強壮剤や増大系のサプリメントで対策を講じることになります。
ただし、サプリメントで目立った回復がない場合や悪化してしまった場合には精神科(うつや不定愁訴、不眠症など)や泌尿器科(前立腺肥大や排尿障害の場合)など症状に見あった診療科を受診します。
また、男性向けサプリメントは薬ではありませんので更年期対策としては生活習慣を規則正しくして、睡眠をしっかりと取り、適度に運動をしてストレスに負けない毎日を過ごせるように心がけます。
食事は栄養バランスの取れたものを心がけ不足しがちな成分をサプリメントで補うというのが基本です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います