40代後半から50代前半にかけて起こりやすい体調不良の数々が「更年期障害」です。

病院にいって治療を受けるほどではないけど、何と無く体調がすぐれない・・・そんな人は更年対策サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?
近年更年を始めとする年齢対策サプリメントはとても人気があり各メーカーからいろいろな種類が発売されています。
しかし種類が多すぎてどれを選んでいいのかわからない・・・という方も多いことと思います。そんな時には比較サイトや口コミサイトを活用してユーザーからの口コミをチェックしてみると良いでしょう。
更年期障害は人によって症状が様々なので自分に合う商品を見つけるには同じような悩みを持つ人の口コミを参考にするのが一番確実な方法であると言えます。
今回は更年期障害の代表的な状態とその対策用サプリメントの成分、また口コミ情報などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害対策サプリメントの口コミまたは体験談

顔を火照らせている女性

東洋医学では病気になる一歩手前の状態のことを「未病」と言います。
更年期障害は40代〜50代の女性の60%〜70%の人に発症リスクがあると言われていますが、その中でも治療が必要な重症レベルは全体のおよそ20%前後になります。
また症状のピークは50歳前後(ちょうど閉経のタイミング)が最も多いとされているので、どうしても日常生活に支障をきたすほど体調が悪い時は無理をせず早めに婦人科を受診して適切な治療を受けた方が良いのですが、まだそこまで悪化していないという人はこの「未病」に該当することが考えられますので、ホームケアを望む人が多いことと思います。
そこでホームケアの主流となるのがスーパーやコンビニでも気軽に買えるサプリメントです。
しかし、近年年齢対策や更年対策用のサプリメントは人気が高く各メーカーとも主力商品の一翼を担っているため、数多くの種類が発売されています。
このためどれを購入して良いか悩む人も多いのではないかと思いますので、ここではこのカテゴリーのサプリメントに主成分として配合されている成分を取り上げ、同時に口コミ情報もお伝えしていきたいと思います。

大豆イソフラボン

女性の更年対策サプリメントとして非常に人気の高い成分です。というのも大豆イソフラボンにはエストロゲン(女性ホルモン)とよく似た働きがあるからです。

体内ではエストロゲン様成分=フィトエストロゲンとして作用するため数多くの女性向けサプリメントに用いられています。
・口コミ情報:50代になって肌が乾燥気味で気分も落ち着かず困っていました。ただ病院に相談するほどではないので、試しに大豆イソフラボンを使用したサプリメントを試したところ、少し肌荒れがおさまってきた様に思います。調子が良いようなのでこのまま継続していきたいと思います。

エクオール

人の腸内でつくられる物質で、原料は大豆イソフラボンと言われています。約50%の人しか産生能力がないことが研究の結果明らかにされ、サプリメントでの摂取が望ましいとされています。

近年発見された新しい成分ですが、大豆イソフラボンよりもよりエストロゲンに近い組成をしているためより更年の悩みをフォローする作用に優れています。
世界で初めてエクオールの人工的な合成に成功したのが大塚製薬から販売されているエクエルです。大豆イソフラボンを乳酸菌で発酵させた製品ですので安全性も高く更年期障害やPMSに悩む女性からの人気急上昇中です。
大豆
・口コミ情報:40歳を過ぎて更年期を意識する様になりました。なんとなく体もだるいし、ふとした拍子に滝の様な汗が出てきて困っていました。ただ病院で治療を受けるのも不安だし、日常に影響が出るほどではないので知人の紹介でエクエル(エクオール)を試してみました。

気のせいかもしれませんが肌つやもよくなり、汗をかく頻度も少なくなったような気がします。外出するのも億劫ではなくなってきたのでこのまま続けてみようかなと考えています。

マカ

男性向けの精力剤成分というイメージがありますが、原産地の南米では女性の不感症や妊活にも用いられているほど女性向けの成分が豊富に含まれています。

特にサポニン成分や必須ミネラル、アルギニンなどのアミノ酸成分を豊富に含んでいるため更年の女性向けサプリメントの原料としても注目されています。
・口コミ情報:50歳を過ぎてやる気が起こらず、家事もおろそかになりがちでした。もうそろそろ自分もそういう年齢に達したのだなとさらに落ち込みがちだったのですが、たまたま南米に旅行した娘からマカのサプリメントをお土産にもらい試したところ少し調子が回復したみたいです。近頃は化粧ノリもよく外出するのが楽しみになっています。

高麗人参

高麗人参

朝鮮半島で主に栽培されている高級和漢成分です。サポニンが豊富で特に独自の成分であるジンセノサイドには巡りを改善してその時々の体調に合わせたサポート力をもたらしてくれるため、長く続けることで更年の悩みを改善してくれます。
また昔から重用されてきたという実績のある成分で7年根を発酵させた紅参の根っこを使ったものが最も優れた働きがあるのでオススメです。
・口コミ情報:母が更年期の悩みがひどく、それを見て育っているので40代を前にして早めの対策を立てるつもりで高麗人参サプリメントを開始してみました。今の所目立った不調もなく、心身ともに健康な状態です。高麗人参を飲んでいるという安心感のせいか、よく休めて疲れが残らないのでこのまま続けていこうと思います。

まとめ

更年期(45歳〜55歳)になると気になり出すのが更年の体調不良です。だるさややる気のなさ、生理の乱れやほてりなどがありますが、まだ病院で治療を受けるほどの重症ではないという場合には早めに更年対策サプリメントを導入してみましょう

ただし、高齢化や健康意識の高まりなどの背景を受けてこのカテゴリーは各メーカーとも力を入れているためいろいろな種類があり選択に悩むことが多いという声も多く、本文では参考となる有用成分を紹介しておきました。商品選びの際の役立ててください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います