ネットの悩み事相談サイトなどではよく母や妻が更年期になって扱いに困っているという相談が寄せられています。
特に多いお悩みは

  • イライラしてちょっとしたことでもヒステリックになって困る
  • ぐったりと疲れていそうで見ていて気の毒
  • 突然汗が噴き出してきて驚いた、何か重大な病気にかかっているのではないか?
  • 何かひどく落ち込んでいるように見える
などになります。
これらはすべて更年期障害を代表するような症状ですが、この病気についての正しい知識がないと周囲の人もどう対処して良いのかわからずに、人間関係にも微妙な影響を及ぼすこともあります。
そこで、今回は身近な人が更年期障害を発症しているかどうかの見分け方や対処の仕方について説明していきます。

スポンサーリンク


更年期障害の見分け方と対応策

困り顔の女性

更年期障害は「更年期に発生する健康被害の総称」ですので、まず年齢が大きな判断基準になります。
ごく一部の例外として若年性更年期障害という病気を発症していて20代でも更年期障害と同様の症状を起こしますが、通常は40代半ば〜50代半ばの事を「更年期」といい、個人差も考慮して一般的には40代・50代のことをこのように呼びます。
医学的な定義としては閉経(12ヶ月以上連続して生理がこなくなること)をはさんだその前後5年ずつのことを更年期としています。
日本人の場合閉経年齢はだいたい50歳〜51歳なので45歳から55歳までが更年期という解釈になります。あとはそこに個人差を考慮してガイドライン上では更年期障害の治療適齢範囲を40歳〜60歳と定めています。
また更年期障害は更年期に達した人全体の60%近くが発症するリスクがあると言われていますが、実際に治療が必要なレベルの重症例が起こる確率は20%程度です。
したがって40代〜50代で何となく体調が悪そうに見える人が「更年期障害を発症している可能性がある人」として見分ける際の一つの目安になります。
さらに更年期障害とは閉経に向かう過程で起こる女性生殖器(卵巣や子宮)の機能劣化からくるホルモンバランスの乱れを原因として起こる自律神経失調状態です。
特にエストロゲンという女性ホルモンは人間にとって重要な物質で、直接自律神経に働きかけて交感神経から副交感神経に切り替える際に消費されていくため、閉経頃にエストロゲンの分泌量が急激に低下すると更年期障害を発症するリスクが最も高い状態であると判断できます。
実際に更年期障害の症状のピークは50歳頃だとされていて、これは閉経年齢とほぼ一致するため、閉経の定義から見ても閉経前の1年間で急激に卵巣機能は低下することが伺えます。
またエストロゲンの刺激を受けて活性化する副交感神経は寝ている間に最も活発に活動し、病気などからの回復を促しストレスや疲れを解消する重要な神経です。
基本的に自律神経失調症というのは色々な症状を起こし得る病気ですが、副交感神経が鈍化する更年期障害では特徴的な症状が幾つかありますのでそれを紹介していきましょう。
肩を抑える女性
・ホットフラッシュ:更年期障害を起こした人の80%が経験するといわれている最も更年期障害を象徴する自覚症状です。
自律神経の乱れで起こる体温調整機能の異常で頭部に血液が集中しのぼせ感や大量の汗をかき、頭が重く集中力が鈍るという特徴があります。上半身に血流が集中するため下半身では逆に冷え性を起こしやすくなります。
一回の発作時間は数十分から1ないし2時間程度ですが、時と場所を選ばず起こるという特徴がありますので冬場でも常にタオルを複数枚携帯するなどの汗痛作が必要です。
そして悪化すると1日に何度も発作を起こし、寝ている間も発作に見舞われるため寝不足になったり、いらいらする不定愁訴(次項参照)を起こしやすくなります。
・不定愁訴:エストロゲン不足から鎮静作用のある副交感神経が鈍ることで興奮や意欲を高める交感神経が優位に立っている時間が長引き、脳が休まらずに神経伝達物質のバランスが狂い、ちょっとしたことでイライラしたり、理由もないのに取り乱すことが頻発します。これも更年期障害を象徴する症状の一つです。
・うつ状態:見るからに意欲が低下し、動くのもだるそうにしている時はうつ状態を発症している可能性があります。うつや不眠は自律神経失調状態の一種なので更年期障害でも発症しやすい精神症状です。

更年期障害と思われる人への対処法

更年期障害は辛い自覚症状を我慢している人が多いので、まずは無理をさせないことです。

家庭では家族の側から家事を休んでもらったり、それとなく婦人科の受診を勧めるなどの配慮がしやすいのですが、問題は職場です。
特にホットフラッシュを発症しているケースではイラつきや火照り感から勝手に空調温度を下げるなどの行為で周囲に迷惑をかけてしまうことも珍しくありません。
もともとは根が真面目で責任感が強い人が突然人格が豹変したような態度をとったりミスを連発するような時は更年期障害を起こしている可能性が高いので上司に相談し、休んでもらうか適切な治療を受けてもらうかを話してもらうようにすると良いでしょう。
ヒステリックな状態が目立つ時は刺激しないことが大切です。このようなケースが目立つ場合も直接上司に相談して対処してもらうのが良いでしょう。

まとめ

現代では「更年期」や「更年期障害」と言った言葉が定着しつつありますが、言葉だけが広がり更年期に対する正確な理解を社会が共有できているとはまだまだ言い難い状態です。

この病気は発症原因や症状が多岐に渡りまた、悪化させると10年以上症状が継続することもある非常に厄介な病気です。
ただし、年齢や自覚症状から更年期障害であることを見分けることは不可能ではないので、本文に記載した見分け方と対処法を読んでもらい、更年期障害が原因で問題行動を起こしている場合は治療を受けてもらうことを促すなどで対処します。
更年期では本人が体調不良を我慢している場合が多いので周囲の理解も症状を悪化させないためにはとても重要視されています。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います