閉経というイベントを迎える前後数年間にやってくる更年期。女性ホルモンの減少に伴って、様々な不快な症状が現れます。

症状の度合いは人それぞれで、非常に軽い方から、中には日常生活を元気に過ごすことが困難に感じるほど「辛い」と感じている方もたくさんいらっしゃいます。
症状が重く、辛いケースでは、いつになったら楽になるのだろうか・・・と不安な気持ちになり、そのことが影響して症状が悪化してしまうという悪循環に陥ることもあります。
そこで、今回は更年期障害が「辛い」という状況を考え、普段の生活にどのような影響を与えるのか、また、改善策などもあわせて考えていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害で起こる辛い症状とは

体育すわりして辛そうにしている女性

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れることで自律神経の働きにも影響を与えることで、多くの症状が心身にあらわれます。
次にご紹介するような症状がくなると、「辛い」と感じ普段の生活にも何らかの影響を与える可能性が高くなります。
●体に現れる症状
ホットフラッシュ、めまい、頭痛、肩こり、吐き気、耳鳴り、倦怠感、胃腸の不調、不眠 など

●心に現れる症状
イライラ、不安感、心配、ヒステリー、怒りっぽい、攻撃的、やる気が出ない など

これらの更年期障害の症状が重くなると、外出や通勤、人と会うことが困難になり引きこもりがちになり、場合によっては仕事を辞めなければならないようなケースになる可能性もあります。
更年期障害の症状の重い、軽いは個人差がありますが、症状を重くしてしまう要因としては次のようなことが関係しているとも言われています。
  • 本来の自分の性格がネガティブ、几帳面、まじめ、神経質、不安を抱きやすい、責任感が強い、などの傾向にある
  • 更年期での子供の独立、夫との関係、親の介護や死別など生活環境の変化が激しく、疲労やストレスと溜めやすい
症状が重く、「辛い」と感じるならば速やかに病院での診察、治療を受けるようにしましょう。

まとめ

更年期障害の症状が軽く、ほとんどなかったという方のほとんどの方が笑顔が多いように感じます。いつも前向きで人と会うことが好き、そしてイキイキとしている印象を受けます。

また、趣味や楽しみを持っていて、体を動かすことが好きな方が多いようにも感じます。
症状を重くしない為にも、性格的に明るく笑顔を忘れず、楽観的でいることが大切ですね。症状を重くしてしまう原因にもなるストレスは、感じたら解消する術を持っておきましょう。
テレビを見る、音楽を聴く、旅に出る、美味しい物を食べる、スポーツをする・・・など自分がリラックスできる方法なら何でもOKです。ただし、お酒やギャンブルなど刺激の強いことは興奮作用も伴うので、出来るだけ避けるようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います